プランナーが寄り添う「前撮り撮影」

結婚が決まり、結婚式をすることが決まると準備や手続きが始まります。

ハネムーンやお引越し、結婚指輪の購入、中にはご入籍のタイミングについても

悩まれる方もいらっしゃいますよね。

派生して考えなければならないこと、決めることがたくさんあって

どこから手をつけたらいいのか・・・と最初は判断に迷われる声を多く聞きます。
そんな中で後回しにしがちなのが「前撮り撮影」です
そんな中で後回しにしがちなのが「前撮り撮影」です。

 

迷った挙句、行うこと自体を諦めてしまう方もいらっしゃいますが

じつはこの先の結婚式などについて目星がつけやすく、お気持ち的な部分でも

後押ししてくれるイベントでもあります。

 

 

メリットはたくさんありますが、

前撮り撮影を行うことでおふたりにしかないコンセプトが見えてくることが

一番ではないかと思います。

 

結婚式について、「どんな結婚式がしたい」と

新郎新婦それぞれが想像しているものってあるかと思います。

実際に打ち合わせをしていて「え、そんなことを思っていたんだね」と

目の前でお互いにお話しされている方もいらっしゃいます。

 

前撮りで決めることは


  • 日程
  • ロケーション
  • 衣装
  • ヘアメイク

大きく分けてこちらになりますが

前撮りを行うことで「こんなことを思っていたんだ」という発見が

この時点でお互いに知れると、相手の好みや「実はこうしたいんじゃないかな」、

「これがあったら喜ぶかも」なんて考えが浮かぶのかもしれませんね。

 

結婚式準備に本格的に取り組む前のタイミングで

お互いの想像していることがわかると

ふたりにしかできない結婚式のカタチが

より深く追求できる可能性が広がることでしょう。

 

 

そして、もう一つ大切なこと。

その前撮り撮影にもしもプランナーがそばにいたら、心強いですよね。

おふたりのことを理解した上で、

ロケーション、衣装、もっと言ってしまうと価格帯についても

寄り添ったご提案をしてくれたらただの前撮り撮影ではなく

おふたりの歩幅のすり合わせとして結婚式準備の一つになります。

 

例え前撮り撮影を行ったときに「もっとこうすればよかった」という

お気持ちが生まれたとしても大本命の結婚式はこれからですから

何らかの形で反映していくことができますよね。

 

その一部始終をプランナーとして知っていたら、

よりおふたりの想像する結婚式に近いご提案ができるのも

メリットのひとつです。

 

 

衣装を着てヘアメイクを施して撮影をすることは

何よりも予行練習になります。

勝手が分かると当日への安心感にも繋がりますよ。

 

結婚式準備はほとんどの方がお仕事をしながら進めていきます。

限られたお時間の中で自分たちらしい結婚式に辿り着けるためにも

プランナーと創る「前撮り撮影」のお時間はきっと

おふたりの背中をそっと押してくれるような

大切なイベントのひとつになります。

Title

もし、悩まれている方はこちらを踏まえた上で

ご準備を進めてみてくださいね^^