ベルベデーレの歴史に学ぶセルフブランディング

こんにちは。

フリープランナーの夏目です。

少しずつではありますが夜は涼しい風が吹くようになりましたね。

冷房に疲れた身体を癒すためにも夜風に当たるのは気持ちがいいです。

さて、来たる8月28日。

Lapple主催のブランディングセミナーが開催されました。

モチベーション高くセミナーにご参加いただき、

セミナー内容とは別に毎度皆様に刺激をもらっている私ですが

今回窓口として、皆様と事前にやりとりさせていただきました。

お集まりいただき、熱心に耳を傾けていただく姿、

主催者側として、とても嬉しくなりました。

そして、今回スピーカーとしてご登壇いただきましたのはベルベデーレ代表の望月様。

ベルベデーレの歴史を辿りながら、ブランディングの必要性、業界の現状、今後の課題など

幅広くお話いただき、それぞれに響く言葉がたくさんあったのではないでしょうか。

何かを立ち上げる、始めることはまず主軸を決めて「決意」すること。

発信することは財産になるということ。

アウトプットのためのインプットであること。

ブライダル業界で生きていくためのお話はもちろん

プライベートを大切にすることで幸せを感じることの大切さも

改めて教えていただき、納得した部分がありました。

幸せを感じることができないと、幸せな時間について追求できないですからね。

私自身、ウェディングプランナーという仕事は

世の中的に「大変」「忙しそう」「プライベートなさそう」と

思われやすく、実際そう言われる機会も多いことはなんとなく気になっていました。

当たり前のことを言うようですが

ウェディングプランナーもひとりの人間。

むしろ人生に対する考えは深いはずです。

たくさんのことを吸収して、インプットとアウトプットで呼吸するかのような

人生を送れたら、きっとそれが人のためになるのだと

心のどこか思っていたことががお話を聞いていて鮮明になりました。

代表の東も私も完全に主催者側の立場を忘れて聞き入ってしまった今回のセミナー。

(いつもより写真が少ないのはその証拠ですね・・・)

Lappleもベルベデーレも二人体制とのこともあり、お招きできて本当によかったです。

ご参加いただいた皆様、望月様、MCを努めていただいた小関さん、

改めてありがとうございました!

夏の終わりはどこか切ない、とおっしゃる方は多いですが、

あっという間にオンシーズンです。

お客様の人生もご自身の人生も大切にできるように、

過ごしていきましょう。

今週末も各地で素敵な1日が訪れますように。

夏目