結婚式は生まれ育った「ふるさと」で

 

こんにちは。フリープランナーの夏目です。

皆様、台風は大丈夫でしたでしょうか・・・?

東海地方はいままでなんだかんだで台風に関して

無傷で終わることが多かったこれまで。

今回は停電になった方や雨漏りしてしまったご家庭もあるとか。

私も油断して朝から出かけてしまったのですが

帰りは外を歩けないほどの強風で、命の危険を感じました・・・

北海道の地震も心配です。

自然の猛威はあなどれません。

どうかご無事で、安全にお過ごしください。

さて、本日はただいま始動中の「三河Wedding」について

少しだけお話できればと思います。

なぜ、三河にフォーカスしてプロジェクトが始動したのか。

私自身、フリーで活動するなら愛知!と踏み切った理由とも重なるのですが

人が集まる都会ものどかな田舎も兼ね備えている愛知は

様々な可能性を秘めています。

その地域で生まれ、育ち、家庭を持って暮らす。

よく見られる光景ですが、それってとても幸せなことです。

生まれ育った地域が自身とマッチしている、と思い立った時から

居心地の良さを実感し、生まれた場所で人生を歩んでいく。

田舎でも都会でも、その良さは共通なのに

なぜ、結婚式となると都会にのみ集結しやすいのでしょうか?

交通の利便性・・・?

人が多くどこか最前線をいく安心感・・・?

「生まれ育った三河で結婚式をしたいけど、なかなかイメージが形になる場所がない」

「もっとふるさとである三河を感じて、自分たちらしい結婚式がしたい」

きっとそんな思いがありながら、それを叶えられずにいる

ふたりがいるのでは?と思い立ったのです。

フリープランナーの「会場を持たない」プロデュースのノウハウを活かして

生まれ育った三河、思い出のふるさと三河で結婚式を行う

ひとつの選択肢を作りたい!と立ち上がり、始動に至りました。

そして何と言っても東と私は三河の出身です^^

三河で結ばれたふたりなら、その地で、思い出の場所で、

結婚式を挙げてほしい。

フリープランナーが作る「オーダーメイド」の結婚式が

まだまだ浸透していない三河地区に

Lappleは想いを伝えていきます。

今後の活動状況についてはインスタの三河Weddingアカウントや

こちらのブログでも発信していきますので、ご期待ください!

今週末も各地で素敵な1日が訪れますように。

夏目