名古屋の素敵ドレスブランドがイチオシする自然に囲まれたあの会場に合うウェディングドレスをご紹介

愛知県の中でも、オーダードレスからレンタルドレスまで、1点1点オリジナルブランドだけを店頭に並べられているこだわりのドレスショップQazariさんをご存知ですか?

 

”人生の素晴らしい時間にふさわしいドレスを”

をコンセプトに掲げられているこちらのドレスショップは、フランスの繊細なリバーレースや国産の上質な素材を使用し、愛知県にあるアトリエで丁寧に作り上げられています。

安価で手軽なドレスが増え続けている現代に逆行し、熟練の縫製職人が仕立てあげる事に強くこだわりをもっているQazariさんの衣裳を着られる花嫁姿は価格以上のこだわりと想いがあり、どのお写真を拝見しても美しくため息が出てしまう程のもの。

 

今回はそんなQazariさんを、Lappleが自信をもってご紹介させて頂くドレスショップの一つとして、名古屋近郊で叶うワイナリーウェディングの会場に合いそうなドレスのラインナップと共にご紹介させて頂こうと思います*

 

1.ドレスショップについて

○ショップについて

Qazari さんは、名古屋市の中心部、栄にほど近い久屋大通りに2014年に路面店をオープンしました。最高級のフランスレースや、上質な生地を使用して日本国内で作られています。素材を生かしたシンプルで花嫁様をキレイに見せるシルエットを一番にデザインされています。

 

○サービスについて

花嫁様だけのフルオーダーメード。お店のドレスからサイズオーダーするセミオーダー。お店のドレスをレンタルするレンタルサービスがあります。

 

○製作について

Qazari さんのドレスやボレロは、デザイナー、パタンナー、縫製と経験豊かなメンバーがチームで製作にあたっています。
製作チームは家族同然の信頼できるメンバーでお互いにフォローしながら連携してドレスをつくりあげているそうです。

 

2.ドレス作りへのこだわり

○ クリエイション について

Qazariさんのデザイナーが大切にされている事は花嫁様のウェディングドレスを素敵なフランスのリバーレースや上質な素材を使って国内で自分達の手でつくりあげることです。
製作チームのスタッフは豊富な経験を持った方ばかりで、特に縫製のリーダーは本当に素晴らしいオートクチュールの技術を持っています。

 

○素材 について

フランスのリバーレースなどは繊細で複雑な作りのためとても高価ですが、安価なレースと違って非常に繊細で、上質な綿を使用しているので肌あたりも心地よく人生の大切な日にふさわしい素材です。お店にはサンプルもあるので是非着て頂いて、その良さのとりこになって頂きたいです。

 

○デザインについて

Qazariさん のドレスはいたってシンプル。
ギャザーのボリュームのあるディティールがあれば、あとはなるべく装飾をなくし、デザインが生きるように考えられています。
一番大事なのは花嫁様の体が綺麗に見えるシルエットを作ることなので、Qazari さんのオーダーメイドドレスは体にフィットする以上にスタイルを美しくするカッティングで、自信を持って当日を迎えられるように製作いたします。
シルエットが綺麗でシンプルなデザインのドレスは、より洗練された花嫁様のウェディングスタイルになります。

 

3.どんなお客様がご来館されるのか

”すべてのドレス迷子にスマイルを”

なかなか運命のドレスに出会えない…と、刻一刻とせまってくる、結婚式までのカウントダウンに入られている花嫁さんも多いようです。

時には曇り空のような顔で来店された花嫁様が、

「初めてドレス選びが楽しくなりました」

とおっしゃってくださった事もあるそうです。

スタッフの方々は、オーダードレスか、オリジナルドレスか…鏡に映る花嫁様の嬉しそうに迷う笑顔に、私たちも幸せな気持ちが溢れてしまうとおっしゃっています。

「ドレス選びは思い切り楽しむもの」

繊細なレースや刺繍が、花嫁様らしさをひきたてるように、あるいはより身体のラインを綺麗に見えるように、そんな思いを込めて作られたドレス達です。きっと式場で紹介されるドレスショップではなかなか見受けられない、繊細なデザインだからこそ、ドレス迷子の方がお店を見つけた時は運命を感じてしまうのでしょうね。

 

4.ワイナリーウェディングに合わせてセレクトされた衣裳

そんな素敵なドレスショップQazariさんが、今回はLappleがオススメしているご紹介会場の一つでもある、名古屋市近郊に位置するワイナリーウェディングが叶うスペースだったらどんなドレスが合いそうか、今回は特別にセレクトしてくださった衣装の数々をご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

5.デザイナーについて(HPより抜粋)

Designer

ヤング 絵梨 Eri Young
2003 年 名古屋ファッション専門学校スペシャリスト科卒
2003 年~2014 年 名古屋市内でアパレルメーカーのデザイナーを務める
2005 年よりジュエリーブランド Qazari を始める。 新宿ルミネ、梅田阪急等に出品。
2014 年 11 月
ウェディングドレスとアクセサリーのお店「Qazari」をオープン。 英国人の夫と娘の三人暮らし。

 

 

”全てのドレス迷子のスマイルを”

というキャッチフレーズが心に響き、私たちもそんなブランド作りをしていきたいなぁとドレスのクオリティだけでなく、想いの部分も共感できるところがたくさんある本当に素敵なブランドです。

私たちはこんな素敵なウェディングドレスを身にまとった花嫁さん達が、当日素敵に着こなし、心からの笑顔でお過ごし頂けるような現場を作っていきたいと、スタッフの皆さんの想いを聞いていると改めて背筋が伸びるような気持ちになってきます。

 

ドレスショップQazariさんの詳しい情報はこちらのサイトよりチェックして頂きたいと思います◎

Wedding Lappleからもご紹介できますので、気になる花嫁さんはお気軽にご連絡くださいね。

 

 

 

 

結婚式に向けて司会者との打ち合わせを有意義な時間にする為に|結婚準備の豆知識

数ヶ月〜1年かけて準備してきた事がだんだんとまとまってきたタイミングで行う司会者打ち合わせ。

一般的なタイミングとしては、1週間前〜1ヶ月前くらいに設定される事が多い、結婚準備の最終段階となるクリエイターとのお打ち合わせ内容となってきます。いよいよここまでくると、イメージが湧いてきて楽しみやソワソワ感が増してくるかと思います。

 

そんな時期に初めましてとなる司会者と、たった一回のお打ち合わせを行い迎える結婚式。司会者の良し悪しで結婚式の雰囲気が決まってくるといっても、過言ではありません。

ここでは、当日のキーマンとなる司会者とのお打ち合わせが唯意義な時間となるよう、おふたりが事前にどんな準備をしておくと良いのか、私なりのお勧め内容をご紹介させて頂きたいと思います。

 

1.プロフィールの準備

多くの結婚式場でお配りされるウェディングブックや結婚準備資料の中に入っている「プロフィール」。

自分の事を改めて言語化してみるのって難しく、新郎さまのプロフィールは短文や空欄が多いものを提出されている様子もよく耳にします。

 

ちなみにこのプロフィールは、何の為に提出するかと言いますと、おふたりの生い立ち・馴れ初めのご紹介の参考にさせて頂くだけでなく、結婚式の進行中にシーンとシーンを言葉で繋ぐ為のコメントとして取り入れていく事もたくさんあるのです。

他にも、ゲストにインタビューを行うシーンでも重要になってきます。

例えば…

①おふたりのプロフィール紹介で、キューピットを紹介したり

②中座相手をご指名された時に、ご関係性を紹介したり

③ゲストインタビューを行ったり

インタビューの内容やタイミングに合わせて進行の進め方も変わってくる為、おふたりとのご関係性や思い出エピソードなど事前に色々とお聞かせ頂けるとそのシーンが素晴らしいものとなるような繋ぎ方をしてくださります。

 

ふたりとゲストの関係性がそこにいる皆さまに伝わるようにマイクで表現していく為に、どれだけ事前に司会者に情報が入っているかで変わってくるからこそ、ぜひプロフィール表は頑張って書けれるだけ情報を埋めていただき、更に想いを積極的に補足いただけたら良いと思います◎

 

2.席次表(ゲストリストアップ)の準備

お席の配置は事前に決め、プランナーとも確認をして席次表を仕上げていくかと思いますが、ただ配置をするだけでなくまず絶対に明確にしておくべき情報が「ゲストのフルネーム」です。あだ名で呼んでいたり、旧姓だったり、親戚の事だったり…仲が良くてもフルネームを知らなかったというケースが実はあるのです。

事前にお間違いがないように調べて、司会者に聞かれたらその場ですぐに答えられるようにしておいてくださいね*

 

あとはプロフィールには出てこない方の情報も、司会者が詳しく知っておいたほうが良い場合もあります。演出で登場したりする方の事は、関係性が語れるように想いを温めてて臨んでくださいね。

3.どんな雰囲気の時間にしたいのか、どんな空気感にしたいのか

「アットホームな雰囲気」

「かしこまった感じではない式」

「ゲストとの距離感を大切にしたい」

「一体感がほしい」

「メリハリがほしい」

それぞれの新郎新婦によって、描いている空気感が少しずつ違います。そんな理想を事前に共有しておく事で、司会者の雰囲気のつくり方の意識が大きく変わってきます。

 

私たちウェディングプランナーは新郎新婦の近くでたくさんの打ち合わせを進めて当日を迎えますが、結婚式の現場ではゲストから見たら完全に黒子の位置となり進行を動かしていきます。逆に一番ゲストから見える存在なのが司会者。だからこそ、ふたりが描いている空気感を私たちプランナーの相方的存在として想像を共有し、表に立ってかたちに仕上げて頂く重要なポジションとなってきます。

初めましての方に色々とお話を打ち明けていくのには緊張される方もいらっしゃるかもしれませんが、伝えやすいようにプランナーが空気をつくってバトンタッチしていきますので、遠慮なく色々と打ち明けてみてくださいね。

それが結婚式当日を大成功とさせる、大きな鍵となってきます◎

リングガールを頼みたい!結婚式で子どもが付けれるお召かしアイテムのご紹介

結婚式やパーティーに子連れで参加する事になり、どんな格好で参加したら良いのかいつも悩んでしまう方にオススメのアイテムのご紹介

 

子どもの衣装って可愛くしてあげたいけど、なかなかどこで購入したら良いか分からない。

高価なフォーマルな衣装を買っても、すぐにサイズが変わってしまうから1回だけの為に購入するのは悩んでしまう。

 

そんなお悩みをもったお母さん・お父さんのお助けアイテムとして、今プレ花嫁でも噂になっている人気ウェディングアクセサリー作家porte de vanesが展開スタートした新ブランド「Porte de Vanves bebe」について、ここではご紹介させていただきます*

 

 

Porte de vanvesについて

パリのヴァンヴという街の駅の名前が由来となっているこのブランドのオーナーは、パリのマルシェからインスピレーションを受け、幸せな花嫁の姿を日々想像しながら製作をされているそうです。

 

女性が持つピュアな透明感

ふんわりナチュラルな柔らかさ

思わずほっぺが上気しちゃう幸福感

女性であることを楽しむ心

 

そんなそれぞれの「花嫁らしさ」を大切にしながら多くの花嫁ヘッドアクセサリーを中心に手掛けられてきたNannaさんは、何と元ウェディングプランナー。

ブライダルの小物はキラキラと同じようなものばかり。

もっと自由で優しい雰囲気のものがあればいいのにと、当時たくさんの新郎新婦にリアルに寄り添ってきた経験を活かし立ち上げたブランドです。

 

 

そして、現在は1歳の女の子の育児をしながらの作家活動。その子育てのインスピレーションから次は新たに「Porte de Vanves baby」もスタート。ウェディングラインの世界観のまま、小さいお子さま達のお祝いやイベント・リングガールなどウェディング列席にもお使い頂けるヘッドアクセサリーを中心に販売されているブランドです。

 

Nannaさんの可愛い娘さんです

 

基本的には店頭販売はしておらず、お問い合わせ頂いたお客様にご案内している数々のアイテム。

可愛いアイテムを特別に一部ご紹介させて頂きたいと思います*

女の子のグッズの紹介

まずこちらは定番アイテム、プリザーブドフラワーの花冠。

フリーサイズでbabyはもちろん、キッズになっても使えるタイプもあるそうです◎

パーティーやバースデーイベントの時につけられても素敵ですね。

 

そしてレースリボンのカチューシャ。こちらもbabyからkidsまで使えるタイプ。

毎度ハンドメイドでブライダルラインのレースを使用している為、売り切れるとまた新たなレースで作られるので時期によって異なったものが販売されています◎

ワンピースでレストランに行ったりしても可愛いですね!

 

こちらはフランスで買い付けたレース生地で作られたボンネット。涼しいボンネットは珍しく、今からの時期にもピッタリの子どもに優しいアイテムですね◎

小さな赤ちゃんや退院時のベビードレスで使っても良さそうです。

男の子のグッズのご紹介

続いては男の子用のアイテム。

 

小さな蝶ネクタイ。

こちら、後ろはクリップタイプなのでシャツに簡単に止めて頂ける為付け外しが簡単です◎

 

そしてこちらは蝶ネクタイ付きのスタイです。

ちょっとお出かけする時に、いつものスタイと付け替えてしまえば一気にオシャレ度が上がりますね◎

こちらでのご紹介はほんの一部になりまして他にもリクエストがあれば、持ち前の発想力で新たに展開してくれるかもしれませんね!

アイテムを使われるおめかし場面について

そんなPorte de Vanvesのアイテムを使っておめかししたくなる場面やご利用方法について。

 

□子連れで結婚式を見に行きたいけど、こどものおめかしに悩んでいる方

□子連れゲストが身近にいらっしゃる新郎新婦さんからの贈り物

□高価なこども服を購入しても1回しか着る機会がなさそうでもったいないけどよそ行きが必要な方

□リングガールを任され、髪型をちょっと華やかにされたいお子さま

□お誕生日やイベントを控えているおこさま

□出産祝いを贈りたいと考えている方

etc…

 

色々なご利用方法や贈り方がございますが、先日 LAPPLEの東の息子となるHくんも蝶ネクタイをつけて挙式に参列してきました*(シャツは無印用品で私服でも使いやすいものです◎)

身近なお洋服に足していただくだけで、一気におめかし使用になるので、オシャレに困った時は是非一度Porte de VanvesグッズをLAPPlEでもご紹介させて頂く事が可能ですので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

 

余談ですが、LAPPLEでは家族写真の撮影も承っております。

「家族の風景」というコンセプトで、飾らず自然体な家族の「今」を記録に残すそんなサービスです。先日、お食い初めの様子の撮影とセットで、Porte de Vanvesのアイテムを使って白のお洋服に合わせて近場の公園でも撮影しました*

とっても可愛かったです。

 

是非、家族写真とセットでもご利用してみてください◎

日常の中に寄り添うような豊川市にあるオーダーメイドリングショップのご紹介

夫婦に生涯寄り添うアイテム結婚指輪

自分達の想いを「リング」というカタチにする方法をご存知ですか?

 

愛知県東三河エリアに位置する、豊川稲荷のすぐ近くにある指輪屋さん。

フルオーダーといったら名古屋までいかないといけないイメージでしたが、こんなにも穏やかな時間が流れる場所でカウンセリングを大切に一から作り上げる事ができるジュエリーショップとLAPPLEは巡り合う事ができました。

 

打ち合わせ・デザイン・制作まで一貫して携わり、経験を活かしながらこだわって作るオーダーリングは、素晴らしく繊細で完成度が高いと評判だそうです。

ここではオーダーメイドリングの魅力から、このショップの想いなどを含めレポートをさせて頂きたいと思います。

 

|ブランドコンセプト

輪のご縁を大切にしたいと名付けた「ainowa(アイノワ)」とは、指輪=愛の輪・人と地域=愛する輪のこと。

お客様の気持ちに寄り添い”幸せ”を感じていただけるジュエリーをお作りする事を考えていらっしゃいます。お客様の心に寄り添い「大切な想い」に触れる事で、一人ひとりの人生に寄り添うたった一つのジュエリーを作り上げることが出来ます。

手から生み出されるデザインとサービスによって、人から人へと想いが繋がり、愛の輪が広がり続けることで、今より少しだけ世界が幸せになる事が願いだと語られています。

 

結婚指輪は左手の薬指に付けるものだとは知っていましたが、お店に入るとこんなモノが飾られていて、指輪の種類のよって意味が変わり、どんな目的で選ばれる指輪なのか、それによって似合うデザインも変わってくるので指輪とは奥が深いモノです。その分、オリジナルで考える事ができるとなると、真剣に悩みたくなるアイテムになりますね。

|デザイナーの紹介

そんなainowaさんですが、ご夫婦で営まれています。

代表でもありデザイナーの佐藤勝亮さんは、11年間尊敬するジュエリー職人に師事し、その後独立された方です。

 

全てはヒアリングから始まり、プロポーズの仕方まで一緒に考えてしまう程、職人ではありながらも人情深い佐藤さん。ダイヤモンドの石だけを贈り、その後デザインの相談ができるというダイヤモンドプロポーズも好評みたいです。確かに「プロポーズの気持ち」を受け取りながらも、「デザインは一緒に」相談できると、好みのものに仕上がり日常ずっと眺めていたくなりますよね!

そんな指輪に対しての熱い想いだけでなく、未来を想像しながら作り上げてしまう提案力…。私たちLAPPLEも負けていられませんね!(笑)

|フルオーダーについて

今回、特別に作業スペースまでお写真を撮らせて頂きました。一つ一つ心を込めて制作している場所です。

その中でも特に想入れ強く作っていくフルオーダーメイドについては、3つのこだわりポイントがありました。

①Planning

冒頭でもご紹介したように、カウンセリングを最も大事に、おふたりのお好みや普段のファッションなど様々なシーンを想定した上で、リングデザインをご提案し、お客様と一緒に世界でたった一つの想いを形にしていく事にこだわられています。

 

②Quality

お客様のイメージ通りに満足できるリングを制作するには、センスと器量が必要になってくるもの。1級金属装身具制作技能士の資格と熟練となる経験を活かし、一つ一つ丁寧に喜んで頂ける仕上がりとなるよう作り上げていきます。

 

③Service

ご購入後のアフターメンテナンスとして、指輪のクリーニング、サイズ直しも可能です。いつまでも安心してつけていただけるように、どんな時でも帰ってきたくなるお店の空気感だからこそ、想いれ深いアイテムになっていくのだと思います。

 

ちなみにオーダーの制作の流れとしましては、

打ち合わせ(オリジナルの結婚指輪が欲しい、主人にもらった大切な婚約指輪を作り替えたい、祖母から譲ってもらったジュエリーを活かしたいなどヒアリングをしていきます)

提案・見積もり(過去の作品を参考にしたり、サンプルを見ながら簡単なデッサン画を描いてくださります)

制作(出来上がるまでの過程をご覧頂く事も可能だそう。私だったら是非拝見したいです)

お渡し(ピカピカ仕上げやクリーニング等、ご相談可)

余談ですが、ご挨拶中に一本のお客様からのお電話が。内容としては、「指輪が抜けなくなってしまった」との事。

私だったら指輪が抜けないなんて事が起きたら誰を頼るんだろう。。。と考えてしまう程、このainowaさんだからお電話で相談されたのではないかと感じてしまいます。

|セミオーダーについて

ainowaさんの様々なデザインをベースに、細かい部分をカスタマイズして作り上げるセミオーダー。

 

お選び頂く為のパターンは6種類あります。

 

①デザイン(約2万種類)

②サイズ(1〜30号)

③刻印(書体&お好きなコメント)

④ダイヤモンド(色・プロポーション・透明度・カラット)

⑤リング材(プラチナ・ホワイトゴールド・ピンクゴールド・イエローゴールド)

⑥インサイドストーン(ダイヤモンド・ルビー・エメラルド・サファイアなど…)

セミオーダーの中でも、「マリッジリング」「エンゲージリング」「セミオーダージュエリー」とご提案が可能だそうです。

ジュエリーに関しては、3万〜なので贈り物としてや結婚前のカップルにもオリジナルデザインを楽しんで頂きやすいですね。

|人生に寄り添うその他のリングのご提案

10年記念(スイートテン)にもう一度贈ってほしいと熱く語られる佐藤さん。結婚式だけでなく、人生の様々な節目で関わる事ができるなんて素敵なお店づくりだなと益々魅力的に感じます。バウリニューアルもプランニングができるLAPPlEとしても、是非そんな提案もしてみたいです。

 

その中で、一番目にとまったのが「ベビーリング」です。赤ちゃんデパートでベビーリングのご紹介のチラシが貼られていたのは覚えていますが、実際に生でベビーリングを見た事がありません。

女性にとって妊娠・出産は体力も精神力も必要だからこそ、幸せな気持ちだけでなく不安な気持ちになる妊娠生活を送っている方もたくさん見てきています。

そんな時に、旦那さまから「ありがとう」と「がんばろう」の気持ちを込めてベビーリングの贈り物をいただいたら、とっても感動してしまいますね。

多くの男性に私も提案したくなってきました。

 

又、お手軽にainowaリングを身に付けたい方にはこんなファッションリングもございました。生で見ると、主張しすぎない繊細なラインと色がとっても素敵でどんなファッションにも似合いそうなデザインが入り口でご紹介されています。

 

こんな風に、様々な視点から指輪の価値をご提案しているainowaさん。指輪に対しての熱い想いはもちろんの事、ブランディングとしてのこだわりが同じウェディングの世界で働く者としてとても刺激を受けてしまいました。

 

 

最後に余談ですが、年に2回愛知県の豊川稲荷にて、「縁」という大きなイベントを主催として開催されています。

次の日程は2019年4月29日。

今回のテーマは「はじまりのご縁を、豊川稲荷で」。

平成最後の縁だからこそ、今までの感謝の想いと共に、新たな幕開けに期待を込めながらお越しいただく皆さまに"はじまりのご縁"を体験してもらえたらと願って企画をされています。もちろんainowaさんブースもございますので、お店に入るのはちょっと緊張するけど何だかちょっと気になると思って下さった方は、是非豊川稲荷のイベントにご参加してみてくださいね!