古民家を貸し切ってゲストと距離感の近い結婚式を叶える秘訣

近年で少しずつブームになっている、古民家施設を利用しての結婚式。

 

何だかちょっと変わった結婚式のように感じられるかもしれませんが、この古民家結婚式とは実はとてもシンプルなスタイルのです。

本当に大切な”人と物”しか用意しないので、無駄がなく結婚式費用も抑えやすいのと、自分の自宅に招いたような雰囲気が演出できるのでとってもアットホームな時間を過ごすことができる事が特徴。

 

「絆を結ぶ結婚式」をコンセプトにしている、Wedding Lappleの姉妹ブランド「三河Lapple」が推奨してご提案していくこの古民家ウェディング。

実際にどのような結婚式を行う事が可能なのか、ご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

1.貸切可能な愛知県にある古民家施設について

*愛知県豊田市に位置する古民家の基本情報

写真をご覧になると青空が広がり、自然に囲まれているのが一目瞭然となるこの場所。

施設名はニンジャマンションと呼び、普段は宿泊施設としてご利用頂くスペースとなっています。外国の方もよく利用される理由が分かるくらい、初めてこの場所に訪れた時、日本人がまだ気付いていない穴場スポットを見つけたような気持ちになりました。

そんなニンジャマンションですが、豊田市下佐切日カゲという足助よりも手前に位置する所に存在します。山中をイメージすると遠いイメージを持たれるかもしれませんが、岡崎からでも約30分程となり、信号も渋滞もあまりかからない道を通っていく為、ドライブ感覚で車で走っていたら到着してしまいます。街中の道路を走るよりも、観光気分を味わえて全く苦になりませんでした。

 

こちらは上から見た様子。

建物を貸しきるだけでなく、隣の広大な芝生広場も貸しきりとなるのも、この場所の特徴です。日常ではなかなか体感できない自然や景色を、結婚式というハレの日のステージとして自由に使えるなんて、本当の特別感で満ち溢れてきます。

 

*施設の雰囲気とは

大きな門をくぐって、施設の中に入りますと、どこか懐かしさを感じるような光景が広がります。

 

お履物を脱いでお過ごし頂けるので、ゲストの皆さんにはくつろいでお過ごし頂ける館内。

 

更には縁側と中庭が一体となり、心地よい風を感じながらお過ごし頂けます。

 

館内の裏にも小さなお庭があり、自由に使えるこの施設だからこそ様々な過ごし方ができそうな予感で、結婚式の進行作りもシンプルな中に心地よい過ごし方を一緒に考えていけそうです。

 

*結婚式のお勧め人数(ペットもOK)

結婚式の人数は、10名〜40名くらいのご利用までが丁度良いです。

施設の大きさ的にもそうですし、ゲストひとりひとりとの会話を大切にされたいと考える方には、このくらいの規模感のが直接気持ちを届ける事ができるのです。

 

又、愛犬がいる場合も一緒に参加する事が可能です。同じ家族としてご招待しましょう!

 

*結婚式の宿泊利用特典について

ちなみに、施設管理人からの純な計らいで結婚式を挙げてくださる新郎新婦さまは何と当日そのまま宿泊する事ができるのです。

更に、出席者の方もかなりお値打ちに宿泊する事が可能です。これは遠方のご家族様がいらっしゃる場合は特に有り難い特典ですよね。

 

2.この場所を利用する結婚式の特徴

1日1組限定の24時間貸切施設

本来結婚式場では、貸切の場合でも1日2組のご利用だったり、1組でも結婚式そのものの時間が貸切とされているかと思います。

でもここは違います。お支度、挙式、披露宴、打ち上げ・宿泊だったり…様々な使い方ができるのです。

 

又、外なのか中なのか、どんな時間を過ごしたいか目的によってスペースのご提案をしていきます。

 

 

 

*自由なタイムスケジュール

 

例えば、こんなタイムスケジュールがご提案できます。

 

9:00〜11:00

花嫁支度のスタート(約2時間程、お時間をかけ、腕のあるヘアメイクさんが丁寧にお支度を整えていきます。その間に新郎さまのお支度を整えていきます)

11:00〜11:10

花嫁姿の総仕上げ(お母様やお祖母様・お姉様・お世話になった方をお支度部屋にお招きし、紅刺しをお願いしお支度を整えてはいかがでしょうか?)

もしくはお支度直後に、人前では恥かしい感謝の気持ちを、ゲストがお見える前にまず親御様に伝えてみるのも素敵です。

写真のように、幼い頃のアルバムを一緒に振り返るのもお勧めです。

11:10〜11:30

夫婦の写真撮影(ふたり揃っての花嫁・花婿姿のお写真をお庭で撮影しましょう)

11:30〜12:00

ゲストご来館(受付を行い、だんだん人で賑わってくるお時間となります)

12:00〜12:30

挙式(隣接されたお庭でのアットホームな人前式はいかがでしょうか?寒い季節も館内で執り行う事も可能です)

12:30〜15:00

披露宴(お食事や会話、写真を撮ったり自由にタイムスケジュールを考えていきます)

15:00〜15:30

お見送り(退室時間を気にしながらせかせかと見送るのではなく、お帰りになられる方にありがとうを是非しっかりとお伝えください)

15:30〜17:00

お着替え&休憩

17:00〜19:30

打ち上げ(友人をお招きしての二次会も可。宿泊者との打ち上げでしたら、私服に着替えてお酒を交わしながら語り合いましょう◎)

19:30〜20:00

お見送り

20:00〜23:00

お風呂に入ったり、眠くなった人はお布団で横になったり(ここで横になったら、きっとそのまま朝まで寝てしまうでしょうが、そんなのもOK)、三次会で更にお酒を交わして語り合ったり。

大切な方との関係性をこの時間がある事で更に深められるかもしれません。

23:00〜8:00

笑ったり、泣いたりお疲れ様でした。ゆっくりお休みください。

8:00〜10:00

マイナスイオンの空気を感じながら朝食をとって、チェックアウトまでゆっくり余韻に浸ってください。

 

 

貸切の会場をフルで贅沢に使われるのであれば上記のような一つのご提案が可能となります。

 

結婚式が終わってからも、せかせかせず、その余韻を楽しんで頂きたいという管理人のお気持ちから、24時間貸切の利用方法の一つとしてここならではの過ごし方をご提案させて頂けるので、大切な方との絆も深まる事でしょう。

 

*出張シェフを呼んでアットホームに食事を楽しめる

この施設でご紹介させて頂けるウェディングプランの一つとして、おもてなしとなるお料理の提供も大切にしています。

ご依頼先は、your chefという出張シェフです。

フレンチ・和食・寿司・中華など、様々なオリジナルメニューをつくって下さる会社で、フルコース・ビュッフェ共に対応が可能となっております。

 

披露宴の場合ですと、例えばお食事の前菜等は着席して振舞って頂き、

 

 

この会場の場合、メイン料理はバーベキュースタイルにしてゲストとワイワイと楽しむのも楽しそうです。

 

 

 

オーナーシェフは、石原シェフ。

もともとは石原海苔店から始まった出張料理部門なのですが、お互い独立する前の前職が同じ結婚式場だった事もあり、料理の味はもちろん、ハレの日に振る舞う料理のこだわりについても安心してご紹介できる会社です。

(海苔のプチギフトが美味しそうで、個人的に結婚式のギフトとしてもご提案したいな〜と考えています◎)

 

3.ゲストとの距離感が近い結婚式が叶う理由

スケジュールも自由で、料理も美味しいものが提供できる古民家での結婚式。

ゲストとの距離感が近い結婚式が叶う理由としては、以下の3つの特徴がポイントだと思っています。

 

・少人数に合った広さなので一体感が生まれやすい

人数が多すぎると、通常は一体感を生み出すのに演出や工夫が必要となってきます。

ですがこの施設の場合は、収容人数がそもそも40名規模という事もあり、一つの畳の部屋で過ごす時間は特別何もしなくてもお祝いムードが流れ一体感が生まれやすくなっていきます。お酌周りもしやすい空間もポイントの一つです。

 

・大自然に囲まれているのでそれだけで温かい雰囲気になる

開放感があるのも大きな特徴です。

大人も子供も自由に外と中を行き来できる空間。畳の部屋は全て扉を外してしまえば、お庭とも一体の空間が演出できます。

みんなが自由に思い思いの過ごし方ができるのは、この大自然の効果も大きいはずです。

 

・Wedding Lappleが専属で当日までプロデュースできる

シンプルな結婚式の中に、意味をもたらす時間創りを提案していきます。

何千組もの結婚式を見てきた中で、この場所だからできる可能性と、結婚式の本質を組み合わせて、おふたりが自然体に過ごせる結婚式となるようプランニングさせて頂きます。

お持ち込みしたい美容師さん、司会者さんなど…イメージがありましたら、この規模感だからこそ柔軟にお伺いしコーディネートをしていきます。

 

4.この施設で結婚式を挙げた方の実際の声

実際に施設関係者の方を含め、何組か過去に結婚式を行なった経験のあるこの施設。

その時、こんな声が上がったそうです。

 

*娘の結婚式で終わりではなく「親族が一つになったと心から感じられる式だった」

これはお父様の声です。

結婚式って、ふたりの結婚を祝うものだけだとずっと思っていた。でもこの結婚式を通して、親族同士でゆっくりお酒を交わし語り合える時間がとれた事により、互いの事が理解でき親族が一つになれたと心から思えた。

 

*「本当の意味で絆が結ばれる結婚式」

この先、お付き合いを大切にしたい方達だけをお招きする事によって、その方達と絆が結ばれるような時間だった。

 

*「こんな温かい結婚式は初めてだった」

結婚式の固定概念がなく、とにかく必要な想いだけが通い合う温かい時間が流れていた。

 

など、結婚式の本質を考えた時に、本当に大切な事に気付ける時間を過ごせるのが、このニンジャマンションの結婚式の魅力だと感じています。

 

5.実際の施設ムービー

実際の会場で過ごす様子をどうぞご覧ください。

<イメージMovie協力者>

Hair make カーエム

衣装 フェアリーブライダル豊田店

 

6.この結婚式の8つのPLANについて

①2019年オープニングPLAN(組数限定)

2019年内に、2020年挙式のご予約をされたお客様に会場費を全額プレゼント!

 

②2020年スプリングPLAN

2020年6月までに結婚式のご予約をされたお客様に会場費+衣装10%オフをさせて頂きます!

 

③3ヶ月以内でも安心!PLAN

お急ぎ婚、マタニティウェディング、遠方の方でも準備に負担がかからないように、しっかりとエスコートさせて頂きます。

打ち合わせは対面だけでなく、Skypeやチャットでのご対応で臨機応変に進めて参ります。

 

④家族挙式PLAN

10名だけの小さな結婚式も対応可能です。ご家族に囲まれて、日頃の感謝を伝える方法を探していきましょう。

 

⑤国際結婚サポートPLAN

国境を超えて結ばれたおふたりの結婚だからこそ、距離感の近い時間をこの場所で過ごしませんか?海外の方にも人気となる施設の造りだからこそ、お招きされる方はダブルで嬉しいはずです。

又、英語等が対応できるカメラマンやバイリンガル司会者さんとも提携をしております。言語に不安な方も、安心して当日はお任せ下さいませ。

 

⑥愛犬と挙げる結婚式PLAN

犬と参加がOKなので、リングドッグなど何か参加できる演出を一緒に考えましょう。

 

⑦再婚向けシンプルPLAN

派手にはしたくないけど、しっかりと大切な方を紹介できる場を設けたいと考える再婚のあなたの想いをしっかりと汲み取り形にしていきます。

⑧フォトPLAN

写真撮影&そのまま宿泊ができるプランです。

 

7.この場所での結婚式をお勧めしたい方

*親族だけで顔合わせも兼ねて結婚式をしたい方

*セルフプロデュースで結婚式をしたい方

*アットホームな結婚式をしたい方

*絆を深める結婚式をしたい方

*予算を抑えながらも安っぽい結婚式にみせたくない方

*おばあちゃんが喜んでくれる結婚式を挙げたい方

*従来の結婚式に飽きてしまっている方

*家族同士が遠方に住んでいる方

*国際結婚をされる方

 

8.まとめ

愛知県豊田市にある古民家ニンジャマンションでの結婚式はいかがでしたでしょうか?

決して立地が良いわけではないですが、だからこその結婚式の本質をたっぷり詰め込んだ時間が提供できる場所です。

 

ゲストと距離感の近い結婚式をイメージされているおふたりは、豊田市民の方でなくても思いきってご見学に行ってみると、その価値が分かるはずです。

 

このニンジャマンションを利用しての結婚式をもっと知りたい方は、

Wedding Lapple  LINGアカウント

もしくは info@wedding-lapaple.com

よりお気軽にお問い合わせくださいませ◎

オススメ会場!両家の絆を結ぶ結婚式が叶う愛知県の古民家ウェディング

結婚式は立地の良いところで挙げたいと考える方が半数以上の声としてあがっていますが、あえて立地を少し外してプライベート空間だったり、自然を楽しんで頂くような穏やかな時間を過ごせるような在り方も素敵だなと。

そう感じながら、結婚式場はもちろん結婚式場ではないところも含め、会場選びからアドバイスさせて頂いている私たちなので、色々な情報に目を向けながら場所探しのアンテナを張っている毎日です。

 

そんな中でも、今まで探してきた会場の中でも、少人数で親族同士の絆を結びつける時間を過ごしたい方にとってもオススメの場所となる古民家を見つける事ができ、詳細についてご紹介させて頂きたいと想います。

 

 

1.愛知で完全貸切古民家ウェディングが叶う場所とは

今からご紹介させて頂く古民家は、”THE NINJA MANSIONといって愛知県豊田市の松平ICから近くとなる、大自然に囲まれてた民泊施設となっております。

岡崎市の東岡崎駅からも下道で45分くらいですが、何といっても途中から信号がほとんどないので、車で走っていてもとても気持ちよく、あっという間に到着してしまう感覚です。

施設内には駐車場もありますし、駅から送迎バスを手配するのみ一つの手段として検討されるのも良いと思います。

 

築150年となる豊田市の重要建築物として認定されている建物なのですが、茶室や畳や縁側、日本庭園などが施設に整っているだけでなく、大自然に囲まれたガーデンも整地しバーベキューやドッグランなども行えてしまうくらい、施設の外での過ごし方も充実している建物となっております。

 

日本人にはまだまだ穴場スポットとしての認知のようですが、海外の方からはかなり着目されていまして、私がお打ち合わせに行くたびに、外国の方がこの古民家に宿泊で訪れている光景を目にします。そして近頃では、テレビ局の取材も増えてきているそうです。

 

こちらは一般的には民宿としてのご利用がメインとなっておりますが、スペースマーケットでのレンタルサービスも行ったところ、撮影での利用やセルフプロデュースで会場を使用したいと結婚式を行った事もあり、今後も多くの方に色んな方に使って頂ける施設にしたいと考え、Wedding Lappleでもプロデュースをさせて頂く事になりました。

 

2.会場の様子

こちらは外観となります。

大きな正門をくぐって、会場内に入って頂きます。

 

正門から歩いて頂きますとこちらの縁側が見える入り口に到着をします。この障子を開けた全体が、畳の広がる宴会場としてご利用頂く事ができます。

 

3.どんな方にここでの結婚式はオススメなのか

◯少人数の結婚式にオススメ

着席は約30名程の規模の結婚式となる会場。

お食事に関しては、出張シェフを呼んでフルコースを振る舞ったり、デザートだけビュッフェスタイルにしたり。又、ガーデンでバーベキュースタイルのカジュアルウェディングをご希望のお客様は、ケータリングを取り入れたりとご希望のお食事スタイルに合わせて、ご提案をさせて頂けるオリジナル感がまず一つの魅力だと考えています。

 

◯オススメの結婚式のスタイル

そんな古民家ウェディングは、下記のようなお客様には特にオススメだと感じています。

 

・親族だけの結婚式

・二部制ウェディング

・絆を結びつける結婚式

・会話と食事を存分に楽しむ結婚式

・必要なモノやコトだけに囲まれて挙げる時間

・国際結婚

・3時間という枠にとらわれた結婚式のプログラムではなく、1日を通してゆっくり過ごしたい

・再婚の方にも個人的にはオススメ

 

もちろん理由は様々なので、ここには記載されていないスタイルやキーワードなどでご興味頂けるお客様も大歓迎です◎

 

◯オススメの衣裳の組み合わせ

衣裳ももちろん自由ではありますが、下記のような組み合わせが多くみえるのではないかとイメージしております。

・白無垢(色打掛)×紋付袴

・アンティークドレス×タキシード

・カジュアルドレス×スーツ

・引振袖×黒タキシード

 

ちなみに親御様の衣裳に関しては下記の写真のように、一般的にはお母様が留袖を着られるのはスタンダードかと思いますが、お父様がモーニングではなく紋付袴をお召しになるのも素敵ですよね◎

 

4.結婚式の様子

こちらは一番はじめに結婚式でご利用された、この古民家の社長の息子さんのお式の様子。

この時は、会場内にて挙式と披露宴と同じ場所で行われたそうです。

 

障子も全開に開けて、外の空気を感じながらも挙げる空間はとても開放感が生まれて素敵ですよね。

 

5.結婚式の形態の種類

そんな古民家で叶える結婚式の可能性としては、挙式と披露宴と下記のような項目としてご利用頂くのが主流になると考えています。

 

◯挙式スタイル

・ガーデン人前式

・室内人前式

・猿投神社で神前式

・出張神前式

 

 

◯披露宴

・室内で着席フルコース

・中盤までは室内で着席してお食事をし、お肉料理は外でバーベキューをしたり、デザートビュッフェを行ったり

 

又、例えばご親族の方をお昼間に室内にて挙式と披露宴を行い、夕方からは1.5次会としてご友人をお招きしガーデンパーティーを行うようなスケジュールも有りかと思います。

 

6.この会場を使って叶える結婚式の可能性

「日本むかしばなしに出てくるような結婚式」と海外の方からコメントを頂いたこの古民家での結婚式。

基本的には会場選びからサポートするオーダーメイドウェディングを手掛ける私たちが、なぜこの場所を一つの結婚式の在り方として推奨していこうと考えたのか。

その理由としては、新郎新婦とゲストが本当に心が通う距離感で過ごす事ができ、絆を深める時間が提供できると感じたのでこの場所を一つのこれからの結婚式の在り方として提案していく事になったのです。それは実際にこの場所で参列されたご親族の方からのあるコメントを聞いた事がきっかけでした。

「娘の結婚式として参加して終わりではなく、親族が一つになったと心から感じられる式だった」という事をおっしゃられた方がいたのです。

このコメントの経緯としては、少し前でも触れさせていただきましたが通常は約3時間の中で収めていくプランニングがスタンダードであるという事。もちろん普通のパーティーで長々と行っても、ダラダラしてしまって飽きてきてしまう方もでてくるかと思うので、無意味に長いパーティーはオススメできません。ただ、パーティーの中で互いの親族同士が打ち解けるには、もしかしたらテーブル席ではなく座卓で小さな空間で、しかも3時間の結婚式では顔合わせとしての時間で、それからの時間(いわゆる親族同士の二次会?!)を行ったりする事から生まれるのかもしれない。

そんな風に絆を結びつける結婚式の本質を考えていった先に、この空間で1日自由に使えて、必要な人はそのまま寝泊まりまでできてしまう、そんな様々な時間創りが仕掛けられる事に、ものすごく結婚式の意味や価値を感じる事ができ、この古民家ウェディングを一つの在り方として推奨していきたいと心から思えたのでした。

 

という事で2019年の秋の結婚式から、ご予約を受付スタートしていきます*

 

7.自家製の美味しい柚子ジャム

ちなみにこちらの施設の社長さんは、なんと75歳になる女性です。

とてもお若く綺麗な方で、その秘訣はこの自家製の柚子をいつも口にしているからではないかと従業員の方にお話頂きました。

 

私もこちらのかき氷を実際にいただいたのですが、ソースとなるこの自家製のジャムが本当に美味しいのです!!

結婚式としての利用はもちろんですが、ちょっと日常離れをした方にとってカフェとしてのご利用も魅力です◎

 

建物や自然が魅力なのはもちろん、人の温かさの溢れるこちらの古民家。

これから幸せな結婚式を一組一組、心を込めてお手伝いさせて頂きたいと思います。

 

ご見学をご希望のお客様は、お気軽にお問い合わせくださいませ◎

 

(他にも、少人数結婚式の創り方についてはこちらの記事も参考にしてみてください◎)

温泉ウェディングって何?〜三河湾が目の前に広がる西浦温泉編〜

今、ジワジワと全国的にも認知されてきている温泉ウェディング(旅館結婚式)

 

もともと九州の湯布院でのプロデュースでの需要が増えているとフリーウェディングプランナー仲間から伺っていて、愛知県でも叶えたいなとずっと温めていたスタイルがこの温泉ウェディング。

三河エリアのプロデュースとしてご紹介ができる会場さんの一つとして、三河湾が一望できる「銀波荘」という場所を例に挙げて、ここではどんな風にお過ごし頂く結婚式のスタイルなのかをご紹介させて頂きたいと思います。

 

そもそも温泉ウェディングって?

分かりやすくこのようなネーミングが世の中に広がっていますが、要は結婚式としてお招きする皆さまに対して「美味しい料理やお酒」や「くつろぎ」の時間を感謝の表現方法として贈りたい。結婚式で祝い酒をたっぷり楽しんだ後は何も気にせずお風呂につかってお休みして頂こう、そんなスタイルの在り方を温泉ウェディングと呼ばれるようになっています。

 

 

この銀波荘さんは温泉ウェディングとしてご利用されるお客様が以前から多いのですが、時間帯によって過ごし方が変わってきます。

①昼食の時間帯に行う祝宴スタイル(日帰り温泉スタイル)

 

②夕食の時間帯に行う祝宴スタイル(宿泊型温泉スタイル)

 

 

まずどのスタイルにされるかでも金額が大きく変わってきますので、ゲストの皆様と過ごしたいスケジュールに合わせてご選択されるのをお勧め致します。

 

どんな会場で行うパーティーなのか?

 

ちなみにここでは宴会場が3部屋もご用意があるそうです。

 

まずこちらのお部屋は、一般的な披露宴に近いイメージにされたい方にお勧めの着席フルコーススタイル。

テーブルコーディネートも行って、温泉というイレギュラーなスタイルにはしたいけど、披露宴はしっかり行いたい、そんなお客様に向けた会場です。

 

そして、こちらはご親族のみのお客様だったり、数十名のゲストの方の場合にてご利用頂けるような畳の宴会スペースです。

窓ガラスから海辺の光が綺麗に差し込んでくる為、穏やかにお料理と食事を楽しみたいと考えるお昼の時間帯のご利用にとってもお勧めしたい場所です。

 

一番大きなお部屋はこちらです。収容人数は、100名以上の宴会スタイル。お料理はもちろん、祝い酒をみんなで存分に楽めるような楽しい雰囲気をご希望のお客様にお勧めのスペースです。

壇上の上で余興も行えるので、みんなでワイワイ騒ぎつつもクライマックスではしっかりと大切な方に感謝の気持ちを伝えられると良いですよね。

 

 

そして、宴会後は三河湾を贅沢に眺めながらゆっくり温泉に浸かって。。。

 

 

客室に集まったら二次会を行うも良し。

お部屋でゆっくり語り合うのも良し。

久々に集まるご親族やご友人とこんなにゆっくりお過ごし頂く事なんて、修学旅行や会社の慰安旅行でもない限り、団体でお過ごし頂く機会なんてなかなかないですよね。

 

ちなみに挙式はどうされるかと言いますと、神社でお式を挙げてこられたり、三河湾をバックにアウトドア人前セレモニーをされたお客様が過去にいらっしゃるそうです。

又、家族でリゾート挙式をされたお客様が、1.5次会感覚で会費制の宴会スタイルにされるのも一つの選択肢にできるかと思っています。

 

一般的な結婚式の流れと違う為、大切な方と何の為にどんな時間を過ごしたいのか、その目的を明確にしスタイルの方向性と一致するお客様には是非お勧めしたい選択肢の一つです*

 

ご希望の時期によってもお見積もりや条件が異なってくる為、ご興味が湧いてきたお客様はぜひ一度お気軽にお問い合わせくださいませ。

もう少し情報を見てみたい方は、こちらも是非クリックしてみてください!

三河の海が一望できる会場で叶えるオリジナルウェディング

名古屋ではジワジワと需要が増えているオリジナルウェディング

実は愛知県三河エリアでもオリジナルの結婚式は可能なのです!

 

ただ、オリジナルと言っても白紙の状態からオーダーメイドで創りあげる結婚式は馴染みがないし、何だか敷居が高く感じる。

そんな方には、結婚式を叶えたい雰囲気の「スタイル」で選ぶ事を視野に入れてみるのはいかがでしょうか?

 

このblogで紹介させて頂く「スタイル」は、愛知県三河エリアだからこその海が見えるロケーションでオリジナリティを出すことができる、シーサイドウェディングについてご紹介させて頂きたいと思います。

 

海が見える結婚式で挙げる季節とは

海ってキラキラと反射されている波を眺めていると癒されますし、心が穏やかになってきますよね。海が大好きで、本当は沖縄で結婚式を挙げるのが夢だけど、多くの人をご招待できないからと諦めて地元で結婚式を挙げられる愛知県が地元の方やお住まいの方に、本記事は是非参考にして頂きたいです。

海をバックにして挙げる結婚式の季節としては、まずビーチ沿いのアウトドアウェディングに関しては、春・秋がお受けして頂ける場合が多いです。7.8月はイベントが多かったり、海開きをしていると泳いでいる一般客が見えたりするのと暑いので、結婚式としては昼間はあまりオススメできません。(夕方の場合は相談によっては受けて頂ける場合がございます)

テントを張ったりする場合は、海の近くは風の心配も配慮して季節を選ばれるのが良いでしょう。

 

年中ロケーションだけ楽しんで頂ける室内のレストランを選ばれる場合は、いつでも良いので、海といっても雰囲気を楽しむだけもオススメです。

 

 

愛知県西尾市吉良町にある会場

吉良ワイキキビーチとも言われるこの場所。三河の「海」が見える施設の中でも、実はこのエリアが一番密着してウェディングが叶うスペースが密集しているのです。

 

 

例えば、cafe goofyさん。

アウトドアウェディングが叶う代表スペースです。

海をバックにステージがあるこの会場は、下記の写真のスペースを高砂代わりにしてセレモニーを行ったり、フェス好きな方はバンド演奏をここで行ったりする事ができます。

食事はバーベキューを楽む事も可能ですし、お昼の明るいウェディングだけでなくナイトウェディングも魅力的。

店長さんが気さくな方で、ウェディングをご希望のお客様に対しても色々とご相談にのっていただけます!

 

余談ですが、こちらのカフェですが犬連れのお客様も大変多いようです。ペットも自由に参加させたいお客様には、更にそういった視点でもオススメの会場です◎

 

 

こちらは、ルナロッサさん。

海が一望できるだけでなく、空間がとても緑豊かで、普段は宿泊施設やリトリートとしてご利用いただくスペースです。

まだ2019年にオープンしたばかりの、エントランスから入る雰囲気も素敵で、三河エリアの中でも異空間を感じてしまうとても魅力的な場所なのです。

ガーデンウェディングがご希望で、お子様がたくさんいらっしゃって、芝生の上でゲスト皆さんが思い思いにお過ごし頂けるようなウェディングパーティーにお勧めの場所。

姉妹店では大人気のカフェ「cafe ocan」も行っている為、まずは系列店でのどかな時間を気軽にお過ごししてみてはいかがでしょうか。

 

こちらは、リゾートリンクスさん。

ホテルだからこその施設の充実さと、隣接された海が一望できるガーデンがあるゲストハウス風のホテルウェディング。

沖縄や海外までは行けないけど、リゾート感を楽しんで頂きたいと考えるお客様がよく選ばれます。

施設がしっかりと整っているので、フォーマルさも演出できますし、アットホーム感も出しやすいのがこちらの会場です。

 

お色直しも行いやすく、ご親族がいらっしゃったり、祝儀制の結婚式をご希望のお客様にはピッタリです。

 

 

<愛知県蒲郡市にある会場>

三河湾の近くには、吉良だけでなく結婚式ができる会場がまだまだあるのです。

 

 

ラグーナ蒲郡のテーマパークからすぐ近くにあるcasaさん。

お昼のウェディングも素敵ですが、何と…季節によっては夜打ち上げ花火がご覧頂けるそうです!

(ラグーナさんのイベントと重なると、ちょうどパーティーのクライマックスくらいの時間に揚がるそうです。)

テラスでの人前式も魅力ですし、レストランスペースも80人近くまで入りガラス張りの自然光がたっぷり入る明るい会場です。

 

 

又、こちらは銀波荘さん。

宿泊型ウェディングとして、存分にお料理とお食事を宴会として楽しみたい方にお勧めの斬新なスタイル。

施設の中には、椅子に座って行う通常のパーティースタイルと、座敷で行う宴会スタイルの2パターンか可能です。

 

パーティー後は温泉にゆっくり浸かって、余韻に浸れるのも最大の魅力のスタイルです。

宿泊型ウェディングとして更に詳しく綴られている温泉ウェディングについてはの記事はこちらより

 

こちらは、大塚海兵緑地さん。

完全アウトドアウェディングになりますが、敷地も広く大人数で行うのにとっても魅力的な場所です。あの有名な「森道市場」のスペースの一部としても使われていました。

会場に設営されているのはタープになってくるので、別でテントを張る必要も出てきますが、この場所で創る結婚式はカジュアルフォーマルにもできる為、少し大人っぽいアウトドアウェディングをご希望される方にオススメします。

昼間も魅力的ですが、夕暮れからのパーティーもとても素敵にできそうなのが想像できますね。

食事に関しては、バーベキューを取り入れたビュッフェスタイルが行えるスペースです。あとは空間の創り方や進行次第で、色んなパターンのアイデアが出しやすく個人的にも手掛けてみたいスポットの一つです。

<丸秘絶景スペース>

余談ですが、こちらはフォトウェディングや前撮りにとってもお勧めのスポットです。

西三河エリアから数時間程かかる穴場スポットではありますが、海をバックに撮影されたい方にはとってもお勧めです。観光スポットとしても有名な場所でもありますが、Wedding Lappleの前撮りプランでも何度か利用している素敵なロケーションでの撮影は、明るい時間帯の撮影はもちろん、夕暮れから日没にかけての撮影はとてもロマンティックで、結婚式当日の撮影では残せない結婚写真を残して頂けるはずです。。

 

 

 

今ご紹介させて頂いた東三河エリアに関してですが、愛知県岡崎市から下道で1時間程で着いてしまう海が見える場所。名古屋にわざわざ出なくても、この街だからこそできるオリジナルウェディングが実現できるシーサイドウェディングのスポットは、まだまだ他にもございます!

 

ちなみに私たちのプロデュースの特徴としましては、海がご希望のお客様に対しても色んなパターンのスタイルをご紹介させて頂き、ふたりにフィットする会場探しからスタートしていきます。そしておふたりの価値観に合わせたクリエイターと共にかたちにしていく。そんなプロデュース方法になってきます。

白紙の中から創り上げていくオーダーメイドよりも少し敷居が低く、且つ自分たちにとって意味のあるものだけを選んでいくので、自分たちらしくイメージをしながら結婚式を創っていく事が可能です!東海エリアを拠点に、様々なスタイルの結婚式に携わってきたWedding Lappleだからこその目線で、この三河の街だからこそ叶う「心を繋ぐ」結婚式の在り方を一緒に見つけていきましょう。