限られた予算の中で実現させるオリジナル招待状

いざ結婚式の招待状の準備に入る時、こんな事を考えたりしていませんか?

 

「受け取ってくれた方はどんなものだったら受け取った時に喜んでくれるかなぁ」

「自分たちらしさを取り入れたいなぁ」

「こだわればこだわる程、予算が上がっていくなぁ」

「限られた予算の中で素敵なものにしたいなぁ」

 

きっとそれぞれ色々な想いを描きながら、ご準備にとりかかると思います。

 

私たちにとって結婚式の招待状とは、場所や日時の確認だけでなく、一番はじめにお招きしたい方の気持ちを伝える為のウェディングアイテムの一つでもあります。

ただこだわればこだわる程、イコールしてご予算の心配も生まれてくる方も多いはず。

 

そんな花嫁さん達の不安を少しでも和らげれたらと思い、ちょっとした一工夫で自分たちらしさが表現でき、限られた予算の中で実現させていく招待状づくりについてここではご紹介させていただきます!

 

 

想いとワンポイントアドバイス(menu)

 

デザインからこだわる招待状

招待状準備のパターンとしては、

①数多くのサンプルの中からお気に入りのデザインを選ぶ方法

②手作り

③デザイナーの力を借りながら表紙からオリジナルの招待状を製作する

この3パターンが一般的な選択方法になっています。 それぞれコストや手間やクオリティ含め、かかってくるものがあるかと思いますが、どのタイプをお選びになったとしても喜んでもらえるものであってほしいですよね。又、①のサンプルに関してもデザインに対してカラーが選べるものもあったり、アクセントにリボンをつけたりするものも増えてきました。

 

ちなみに私たちがご案内するデザインから選ぶ招待状は、数多くのサンプルからご用意頂くパターンと、グラフィックデザイナーとつくるオーダーメイドデザインと2つの中からお選び頂く事ができます。

写真の花嫁さんが持っている招待状は、DESIGN your  WEDDING でプロデュースさせて頂いたオリジナルデザインの招待状です。コンセプトに合わせてグラフィックデザイナーさんがデザインをしてくれたもので、こういったものって凄く高いというイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、このブランドでプロデュースをさせて頂く方に対しては既製品の招待状と比べてほとんど変わらない価格設定なのです。(デザイナーさんが本当に花嫁さんの気持ちに寄り添ってくれる素敵な方なのです)

手作りの招待状に関してもプロデュースのお客様には用意の仕方や文面のアドバイスさせて頂くのでご安心くださいね。

 

個性を出す封筒やハガキのチョイスについて

一般的には白いシンプルな封筒をお選びする方が多いです。ですが、最近ではコンセプトカラーに合わせてオリジナリティを出す為にお色のついた招待状を見つけてこられるオシャレなものもたくさん増えてきました。ご注文の際に選べる招待状も現代では少しずつ増えてきましたし、手作りでご購入するケースですと身近なところでいくとLOFTだったり、紙屋さんで封筒だけ別で探してご購入する方もいらっしゃいます。

 

オーダーメイドデザインで作られる方は数多くのサンプルカラーからアメリカサイズの可愛い封筒をご提案させて頂く事も可能です。トップ写真のグリーンのカラーの封筒は、私個人としてもとてもお気に入りのセージグリーンをもとにチョイスしたものです。

 

想いを伝える招待状のオリジナル文章とは

文章に関しては一般的には定型文を選びご注文をされるケースが多いのですが、より結婚式に対しての想いを伝える表現方法としてオリジナルの文章を綴られる招待状も素敵です。

なぜ結婚をする事になったのかとか

この日を迎えるに当たっての今の想いとか 

ご招待する皆さまへの感謝の気持ちだとか…  

おふたりならではの言葉を選んで結婚式にご招待したい気持ちを届けてみてはいかがでしょうか。

ちなみに私達の場合は、一からオリジナルで作られる場合の文章もしっかりと確認させていただきますし、想いは綴りたいけど何から書いたら良いのかイメージが湧かない方はエスコートさせて頂くのでご安心してくださいね!

 

手作りの中で一手間加え印象に残す方法

手作り招待状をご準備される場合は、全てを一からご用意されるパターンと、既製品をご購入されて印刷はご自身でされるパターンになってきます。そこから限られた時間の中で、何か喜んでもらえる一工夫をしたいと考える場合、付箋の裏にメッセージを書かれたりするのもおすすめです。

受付の方に、「朝早くからの受付を引き受けてくれて本当にありがとう!いつも力を貸してくれて本当に感謝してる!」みたいなコメントが手書きで一言入っているだけで、想いが伝わるると思いますよ*

 

初めてゲストに気持ちを伝える為のウェディングアイテムになる招待状。

結婚式当日の期待値にも繋がる重要なアイテムだからこそ、ちょっとした一工夫で自分たちらしさを表現し、大切なゲストに喜んでいただける招待状を私たちも常に探し続けていきたいと思います*

 

write by  saeko  higashi