結婚式を挙げたいカップルの気持ちを大切にしたい〜LAPPLEウェディングPLAN登場〜

コロナ禍の中で、結婚を決めたカップルさん。新しい生活様式を見て結婚式に対してネガティブになったり、結婚式を遠慮している方をSNSでたくさん見かけるようになりました。

でも私達は、それと同時に「今」挙げる事の大切さも改めて見つかりました。

 

その理由は…

・夫婦のライフプランが変わってくる(延期をしている間に子供を授かって、更に先延ばしになる)

・コロナ以上に大変な事が起きる可能性は0%ではない

・カップルモードのまま入籍をして、ケジメがないまま新婚生活がスタートする事で価値観のくい違いが起きた時に揉めてしまう可能性がある

・タイミングを決める事で、そこに向けて夫婦仲を育む事ができる

などがあげられます。

 

仮に当時の私が結婚式をする時代にコロナのような事が起こり、結婚式を挙げていなかったらどうなっていたのか…

想像してみると、夫婦になった大きな実感はなく、日常を重ねていく中でゆっくりと芽生えていったかもしれません。

それに、永遠に語り合いたくなるくらい心に活力を与えるような思い出はふたりの中でもしかしたらなかったかもしれません。(もちろん、幸せな思い出はたくさんありますが、あの日以上に心が震えるような思い出はないような気がしています)

 

だから、どんなに小さくてもいいので「夫婦になった実感」を感じながら、結婚生活を送る幸せを味わって欲しいと思ったのです。

 

もちろん、この状況なので感染のリスクが高い従来通りの結婚式は難しいのは確かです。

その状況を受け止め、スタイルや考え方を変えながら、私たちフリープランナーだからこそ柔軟に提案をさせて頂きます。

「今やらなくてもいいんじゃない?」という周りの声に、戸惑いを隠せない事もあるかもしれませんが、LAPPLEはあなたの素直な気持ちを応える為の選択肢をたくさんもっています!

 

 

例えばその為に考えた内容はこちらです。

 

1.家族挙式+感謝を伝えるウェディングPLAN

これまで育ててくれた家族に、感謝の気持ちを伝えたい

そんな想いを詰め込んだ小さなアットホームウェディング。

家族だけだから、結婚式場じゃなくてもOK。

少人数の挙式セットを揃えているLAPPLEなので、地元の思い出の公園だったり、浜辺だったり、ご自宅のお庭をセレモニースペースにしてしまったり、どんな場所でも誓いの場所をつくります!

その後は、お気に入りの小さなフレンチレストランで余韻に浸りながら感謝を伝えたりしてもいいし、

会食をしなくても挙式の中に花束贈呈のような感謝のお手紙を進行に取り入れたり。

感謝を伝える時間作りの可能性は、披露宴の形にこだわらなくってもいいのです。

 

 

2.二部制ウェディングPLAN

結婚式って、挙式+披露宴が一つのセットになっている事が一般的ですが、

メリット・デメリットをこの機会に一度見つめ直してみませんか?

○セットにするメリット

・大切な方が一度に集まる時間はこんな機会しかなく、

ふたりがそれぞれ関わってきた方達をリアルに知る事ができる(親から挨拶もできる)

・人が集まるからこその、お祝いの雰囲気の臨場感を味わう事ができる

○セットにするデメリット

・大切な人たちが集まっているはずなのに、会話がゆっくりできず終わってしまう事が多い

(とてもプランの組み立て方の工夫が重要)

・ふたりと関わる時間が短いからこそ、”おもてなし“の質が重要になってくる

・様々なゲストの目線を配慮しながら、一つの時間にまとめあげていく必要がある

(あの人はこういうの楽しんでもらえそうだけど、この人は気を遣うなど、

時には選択肢の中でやりたい事を妥協していく必要もある)

 

○ご提案したい二部制ウェディングの方法

・挙式→会食→友人パーティー→クライマックス といった流れにまとめ

1日を通して一貫性のあるウェディングとして意味をもたらせた進行作りを行い、

後日ダイジェストmovieを感謝の気持ちと共に配信しませんか?

 

・web案内状を取り入れ、ふたりの馴れ初め・コンセプト・結婚式を挙げる意味などを配信

・席次表はゲスト紹介風にして、大切な方達の事が分かるように二部ともウェディングブックにまとめて掲載

 

一言も声をかけられずお祝いの気持ちを不完全燃焼にするようなウェディングではなく、

「ふたりの人生背景を知り、おめでとうのお祝いの気持ちが直接届けられるスタイル」

これが私たちの考える、二部制ウェディングの価値だと思っています

 

  • 事前にふたりを応援したくなる感情のスイッチを仕掛ける
  • 直接「おめでとう」を一人一人から言葉にできる時間のきっかけを提供する
  • 「楽しかった」という単なる表面上の思い出ではなく、

これからも繋がり続けたい、そんな想いが込み上げてくる余韻に浸れる時間を仕掛ける

 

Q何を叶えたい結婚式にしたいのか、本質の棚卸しをしてみよう

*もしも家族に、どんな友人や会社の人たちがいるのか知ってほしいと思っている方は、二部ともに家族が出席してしまおう。

 

 

3.フォトウェディング+ふたりだけの心誓式PLAN

結婚式を時期未定で考えているおふたりは、

先にフォトウェディングとふたりだけの結婚のセレモニーを行いませんか?

心誓式とは、ふたりだけで夫婦になる約束を交わすオリジナルのセレモニー。

大切な方達を一斉に集めての理想のウェディングは、もう少し先延ばしにされていても、

互いが結婚の実感を味わう事ができていたら、

これから始まる夫婦生活がより深みのある日々へと変わっていくはずです。

大きな楽しみは少し先まで温めつつ、

結婚を決めた「今」のタイミングで夫婦の特別な思い出作りをお届けします。

 

○今LAPPLEとして向き合っている事とは

 

今、コロナ禍の中でも結婚式をなるべくリスクを避けて挙げたい方に向けて、

・一般的な結婚式にしか出席した事がなく、イメージが湧かない

・限られた予算の中でも心に残る結婚式にしたい

 

そんな悩みを解決する為に、

・理想の結婚式を丁寧にヒアリングし、パッケージ化されていない提案力と情報量を駆使して、価値観に寄り添った結婚式プランを提供していく

・約束を交わす時間を大切に扱う事によって、婚姻届の提出時では感じられないような夫婦になった実感を沸かす事ができ、限られた予算の中でも心に残る思い出を提供していく

オリジナルのウェディングサービスを展開したいと、日々時代の流れに合わせながら活動をしています。

 

 

○結婚式でLAPPLEが選ばれている理由とは

 

  • 会場に所属ではないフリープランナーチームの為、会場選びからご希望に寄り添った提案ができる

例えば、一般的には雑誌や相談カウンターにて、漠然としたイメージを伝えて、その中から合いそうな雰囲気や条件のものをピックアップしてお客様にお選び頂く事が一般的。でもフリープランナーの場合は、理想の結婚式の当日のリアルを想像しながら、一緒になって探すことができ、当日に向けてそのままサポートさせて頂く事ができるの一貫性のあるプロセスが強みである。

 

  • 一番最初に行うヒアリングで価値観の棚卸をする為、目的や意味を大切に形にできる

「何のために行う結婚式なのか」一番はじめに新郎新婦とこの意味と向き合います。そうする事で、ふたりにとってどんな時間の提供が必要なのか、どんな会場を選択するべきか、誰とチームを組んで結婚式を挙げるのか、価値観の整理をした上で結婚式準備がスタートできるので、納得感のある結婚式をつくる事ができる。

 

  • お金の価値観も一番はじめに受け止めた上で結婚式準備を進めていく為、後から大きく見積もりが増えたりという心配がない

結婚式場で出されるお見積もりから、大幅にアップしてしまうという事がよく起こっている実情。私たちは、価値のあるものは提案させて頂きますが、「これは絶対に売りましょう!」といった販売目標を決めているわけではないので、お客様の価値観で「会場」も「人」も「物」もセレクトしていきます。ヒアリング後に理想を実現した場合のお見積もりと、おふたりの現実的なご予算を早い段階ですり合わせをしながら準備を進めていくので、想定外の見積もりアップの心配がないように丁寧に進めていきます。

 

  • 挙式装飾セットを一式抱えているので、どんな場所でも挙式を執り行う事ができる

セレモニー用の装飾アーチやバージンロードを私たちプランナーで設置し、約束を交わすための空間をどこでもコーディネートする事が可能です。

挙式=チャペルにこだわらず、思い出の場所やご自宅のお庭など、固定概念に囚われないふたりだけのオリジナルの挙式を叶える事ができます。

 

  • 「約束を交わす」vow noteに誓いを残す事で、未来の夫婦生活に影響ある結婚式をつくる

毎年結婚記念日は、原点に立ち返るきっかけになるよう、誓いの言葉と10年分の署名ができるLAPPLEオリジナルの結婚証明書の贈り物。

「約束を交わす時間」を大切にする為に、結婚準備期間ではおふたりがどんな結婚の未来を歩みたいのか、ふたりが感じる本物の「誓いのメッセージ」を一緒に探していきます。

 

  • 結婚式場でのキャリアを積み独立をしている為、式場で叶えてきたスキルのベースを持った中、更に柔軟な発想でプランニングをしている。

結婚式場の所属プランナーとして、たくさんの新郎新婦の結婚式を手掛けてきた中で、場所や提携先や式場で決められた販売物や施設に囚われず、お客様が本当に必要と思う「人」「物」を組み合わせ、それぞれの新郎新婦のパーソナルを大切に表現した結婚式を目標としプロデュースしています。

 

⑦フリープランナーの中でも事業としてチーム化されている事によって、当日に向けてのリスクヘッジ対応も整っている事が、オリジナルウェディング事業の中でも選ばれる理由。

どれだけ担当者が二人三脚となって結婚式当日を迎えるかはとても大切であり、一貫性となるフリープランナーの存在は心強いはず。でも、もしもそのプランナーに当日何か起こったら、おふたりの結婚式はどうなるのか。

私たちはフリープランナーとしてのスタイルは活かしつつ、安心して結婚式をお任せ頂けるようにチームでおふたりのサポートを行っていきます。

 

⑧1ヶ月に抱える担当数を2組までにし、相談方法は対面、営業時間内の電話、メールだけでなく、オンラインや独自のチャットツールを使って気軽に相談ができるようになっている

一般的には式場では多くのお客様が結婚式を挙げてもらえるようなシステムの為、相談のできる範囲が限られてくる。でも、私たちはもっと近い距離感で、ふとモヤモヤした事や、問題が浮かんだ時に気軽に相談できる関係性を築きたいと考え、相談システムの幅を広げ、尚且つ担当への相談だけでなく、担当外のプランナーにも相談しやすい環境が整っている。(例:男性プランナーでヘアメイクの相談をしたい場合は、チームの女性プランナーにも気軽に相談できるような環境づくり等)

 

⑨様々な雑誌やweb、プランニングのコンテストで受賞をしTVで紹介されたりと、価値のある結婚式のプランニングとしてメディアにも取り上げられている

 

など9つのポイントが上げられます。

 

結婚式は「式場選び」からという概念が強かった今までですが、LAPPLEはカップルさんが叶えたい結婚式の意味を理解してから、スタイルや式場探しのお手伝いをさせて頂いています。

 

見返した時に笑って会話ができるような、大切な方達にとって本当に心に残り、「今」を生きた証となるようなウェディングをぜひ私たちにご相談いただけたら嬉しいです*

Zoomを使った結婚式の可能性とは

新型コロナウイルスの影響で、結婚式の延期、キャンセル、実施で多くの方が悩まれています。

どうしても今の時期を逃すと、結婚式を挙げることが難しいという方もいるのが事実です。

そんな方へ、動画アプリZoomを使った結婚式をご紹介します。

今までの発想を少し変えて、今だからできる結婚式のあり方を考えてみませんか。

 

1、なぜZoomを使ってまで挙げる意味があるのか

最初にこのような疑問を感じる方もいるのではないでしょうか。

私も当初は、やはり結婚式は人と人が会わないと意味がないものと考えていました。

しかし、このような状況が続く中で、今しかできないこと、今だからできることがあるということにも気づいたのです。

大事なのは、誰に何を伝える時間にするのかということ。

結婚式をする機会がなくなることが一番悲しいことだと思うので、その代わりにできることではないでしょうか。

 

◇このような方にオススメ

・仕事の関係で今の時期を逃すと次に挙げれる機会があるかわからない

・妊娠により生まれてから挙げれるかがわかならい

・持病を抱えているなどの親族がいる

・仕事の関係で結婚式後にしばらく離れて暮らすことが決まっていた

・夫婦としてのけじめをつけたいと思っている

・コロナが落ち着いた時に改めて結婚式を挙げたいと思っている

挙げる理由は様々ですが、このZoom結婚式が未来につながる時間になればいいなと思います。

 

2、準備するもの

実際に行う場合はどのような準備が必要なのか考えてみましょう。

 

◇内容を考える相談する

もっとも重要なのは、どのような内容にするのかということです。

ただの飲み会であれば、オンライン飲み会という進行も考えずにみんなでおしゃべりするだけでいいのですが、結婚式となると少し工夫が必要です。

まずは、この会を開催しようと思った気持ちから整理していくと、誰に何を伝えるためにやるのかが考えやすくなります。

ふたりだけで考えずに、相談に乗ってくれるプロのウェディングプランナーに依頼するというもの方法の1つです。

 

◇Zoomをダウンロードする

使用するのは、動画アプリのZoomです。

Zoomはもともと、パソコンやスマートフォンを使って、セミナーやミーティングをオンラインで開催するために開発されたアプリなのです。

無料版では、1対1は時間無制限で、3人以上は40分以内となっています。

有料会員になれば、3人以上でも時間無制限で利用できるようになります。

その他にも動画アプリは存在ますが、録画機能もついているZoomが現時点ではオススメです。

 

◇ネット環境の整備

開催日の前には、自宅のWi-Fi環境を整えましょう。

配信中に動画が見れなくというトラブルを防ぐためにも重要なポイントです。

今の時期は、自宅で過ごす方がネットを利用することが多く、今までよりもネットが混雑することが予想されています。

古くなっているルーターの場合は買い換えることも検討してもいいかもしれません。

 

◇座る席の飾りつけ

新郎新婦は自宅にあるソファーやイスに座って進めていくことになります。

その場合、少し装飾があるといいですね。

結婚式のように華やかな空間を作り込む必要はないと思いますが、おふたりの背景が真っ白な壁だけでは寂しいかもしれませんね。

目の前や、両サイドに花を飾ったり、自宅にある観葉植物やフォトフレームで背景をデコレーションする方法も簡易的で費用も抑えられます。

 

◇飲み物の用意

ゲストもそれぞれの場所で動画をみていただくので、飲み物と料理はそれぞれが自由に用意します。

おふたりの場合は、飲み物だけでいいのかと思います。

通常の披露宴ほど長時間になるわけではないので、料理を食べるのは終わってからが望ましいです。

飲み物は、全員で乾杯もすることができるので好きなものを用意しておきましょう。

 

今まで準備してきた結婚式の準備からすると、これだけでいいの?と不安になるかもしれません。

ただ、今回はあくまでも予定していた結婚式の日にZoomを使って行うということです。

予定していた内容を同じようにゲストに届けるのは難しいので、できる範囲の準備でも気持ちが届けられるようにしましょう。

 

3、誰を招待してどれくらいの時間になるの?

続いては招待する方を決めていきます。誰を招待するのかと、人数によって内容が変わってきますね。

大きく分けると、家族と友人のパターンになりそうです。

 

◇家族を中心としたお披露目会

結婚式をする理由が、仕事の関係であったり、持病を抱えている親族がいる場合には、友人を招待せずに行う方がいいかもしれません。

寝たきりのおじいちゃんがいるなどの場合であれば、花嫁姿を見せれる機会になります。

一番の目的はドレスのお披露目ではなく、夫婦として歩み始めるおふたりの想いを届けることです。

その場合は、出張可能なヘアメイクを手配してもいいかもしれません。

しっかりとヘアメイクはしたいと思えば、すべてを自分たちだけで用意せずに、プロに任せるところを分けるという考えですね。

ドレスは当日着るものが自宅で使用するのが難しければ、代用でも問題はありません。

時間は、30分〜1時間ほどの内容でもまとめることができると思います。

 

◇友人との会話メインの時間

友人のみで行う場合、人数をどれくらい招待するかによって過ごす時間も変わってきます。

Zoomの場合、一度に会話ができる人数は6人までくらいでしょうか。

それ以上になると、会話が重なり誰が話しているのかわからない事態になることも。

オンライン飲み会などを経験された方ならイメージしやすいと思います。

そこで、少人数であれば飲み会のように進行を決めすぎなくてもその場のノリでも進めていけますし、10名以上になってくると進行役を自分たちか誰かに依頼して進めていくのがいいでしょう。

 

4、進行の例

実際にZoom結婚式を挙げる場合の進行の一例をご紹介いたします。

 

◇新郎新婦からの挨拶

まずは招待された方が全員入室できたら、おふたりから今回の結婚式の趣旨を説明するのがいいでしょう。

なぜこのような会を開こうと思ったのか、コロナが落ち着いたら結婚式を挙げようと思っているのかなど、ゲストにも今のおふたりの心境を素直に伝えることが大事です。

 

◇夫婦になる誓いの言葉

特に家族へのお披露目の場合には必要な内容かもしれません。

これからも会う機会がなかなか取れない場合、どのような方と夫婦生活を始めていくのかは親族であれば心配もあると思います。

これからこのような夫婦になっていきますという誓いを立てることで、ゲストからも応援していただくことになり、何よりもおふたりの中でも決意が固まることになるでしょう。

 

◇指輪の交換

例えば、指輪も用意しているのであれば交換のシーンを創ってもいいでしょう。

指輪に対して思い入れがある場合は、そのこだわりなども話してから贈り合うのもいいですね。

誓いを目に見えるかたちとして贈り合うことで、実感も湧いてきますよ。

 

◇プロフィール動画上映

もし結婚式のために用意されていたプロフィールムービーなどがあれば、この機会にゲストと見ませんか。

特に手作りされたものであれば、お披露目したいですよね。

それぞれの場所にいても、同じ動画を見ることで気持ちも一つになってきます。

この辺りから、ゲストもこういうかたちもいいねと思ってくるでしょう。

 

◇乾杯

誓いを立ててゲストの気持ちも一つになったところで、乾杯へと進みます。

乾杯のご発声は、おふたりでも、ゲストに依頼してもいいでしょう。

画面上にグラスを持ったゲストが笑顔で乾杯する瞬間の光景は、一生忘れられないものになることでしょう。

 

◇ゲストとの会話

ゲストが6名以下の場合は自由に歓談タイムでもいいでしょう。

10名を超えてくるような場合は、進行役を決めて進めていくのが間延びしない秘訣。

例えば、ゲスト紹介として、おふたりから1名ずつ大切な方々を知ってもらう時間にするものいいですね。

1人1人との会話の時間も生まれ、参加者もどのような関係性の方がいると知れたり、おふたりの知らない面も見れたりするかも。

反対に、ゲストからの質問タイムとして、おふたりに出会った時の第一印象や、どんなところに惹かれたのかなど、プロフィール紹介のような時間を設けることもできます。

和やかな時間を過ごせるように、集まっている方にも興味を持ってもらえる内容を考えましょう。

 

◇その他の演出

一般的な結婚式ではよく行うのが、ケーキカットセレモニーや、友人からのスピーチですね。

こういった内容ももちろん行うことはできます。

中には、余興をやってもらったという方もいました。

その場合、動きが早いダンスだったりすると映像がついていけないということもあるようです。

どのような内容だとしても、ゲストの気持ちが贈られるのは嬉しいですよね。

 

◇締めの挨拶

この結婚式の締めにはやはり締めの挨拶は必要です。

最初はどんな会になるのか不安だったおふたりも、ゲストと会話していくと自然といつも通りの雰囲気になっていくはずです。

最初にも伝えた、なぜこのような会を開こうと思ったのか、何を伝えたかったのかをもう一度振り返るといいでしょう。

距離が離れていても、心は繋がっていると思える挨拶になると素敵ですね。

 

このような内容を、おふたりだけで考えて進行していくのか。

仕切りが苦手という方の場合は、事前に友人に進行役を相談してみたり、プロに聞いてみるのも方法です。

おふたりが楽しめていないと、ゲストも心配になってしまうので、無理せずに頼れるところは頼むのがいいでしょう。

 

 

5、実施してみた方の声を調べてみた

インターネットでも、実際に企画してみたという新郎新婦や、サプライズで用意されていたという声も載っています。

その中から見えてくる、Zoom結婚式のメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

◇メリット

・気軽に誰でもどこからでも参加できる

・1人ずつと会話ができる

・費用はほとんどかからない

・夫婦としての決意を固めることができる

・会えなくてもつながっているという実感が持てる

 

やはりメリットは、その気軽さでしょうか。

例えば、本来であれば参加することが難しい方でも参加することができるということ。

ゲストは自分の自宅にいながら、おふたりと会うことができるので、外出が難しい方でも、お子様が小さい方でも誰でも参加できるというのが最大のメリットのようです。

また、オンラインでも人と人のつながりや、温かさを感じることはできます。

このような時代だからこそ、どこか安心できるものなのかもしれません。

 

◇デメリット

・主にふたりで準備して進行を進めないといけない

・人数が多いと温度差は生まれるのかもしれない

・間延びしないように工夫が必要

 

まだ経験した方が少ないので、過去の事例をもとに創っていくというのが今のところは難しいです。

通常プランナーと一緒に打ち合わせを進めて、当日も司会者など全て進行を任せられるプロが付いていますが、当日の進行もおふたりで行おうとすると事前準備と当日の運営が大変です。

規模を大きく行いたいと思うのであれば、フリーランスのプランナー、フラワーコーディネーター、司会者、美容師なども手配する方法も有効的です。

ゲストにも間延びを感じさせないように進めるところがポイントになるのではないでしょうか。

ただ、デメリット以上にメリットの方が多いと感じるので、もし挙げようか悩むくらいであれば家族や親しい友人にまずは相談してみるところから始めるのもいいと思います。

 

6、まとめ

今回調べて見ると、オンラインでも絆を感じる結婚式はできるのだということに気づきました。

もちろん、直接会ってではないと感じられない温もりもありますが、それぞれに感じられる気持ちは違うのです。

結婚式を挙げる理由が様々あるように、Zoom結婚式も選択肢の1つとして考えられる時代です。

まずは予定していた日にZoom結婚式を開いて、改めて落ち着いてから結婚式をする機会を設けてもいいと思うのです。

大切な方と会うことすら難しい時期だからこそ、オンラインでも心はつながっているという実感が持てると思います。

1日も早い収束を願いながら、新しい試みにもチャレンジしていきたいと思います。

 

私たちWEDDING LAPPLEはフリーウェディングプランナーのチームです。

形式にとらわれずに、自由な発想で結婚式のサポートをしております。

結婚に関わりご相談は気軽にお問い合わせください。

Mail:info@wedding-lapple.com

もしくはお問い合わせページより、お気軽にご連絡くださいね。

新型コロナウイルス感染拡大防止による 臨時休業のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止による 臨時休業のお知らせ

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止と、お客様の安全を第一に考え臨時休業とさせていただきます。

お客様ならびに関係各位には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

■休業期間 : 4月23日(木曜日)~5月6日(水曜日)

■今後の変更の可能性につきまして

新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、休業期間は延長となる可能性がございます。

 

その場合には当社ホームページにて、お知らせいたします。

 

皆様のご健康・ご安全を心よりお祈り申し上げます。

 

新型コロナウイルスのガイドライン「結婚式Q&A」

毎日新型コロナウイルスに関する様々な情報が発信されていますね。

結婚式に関わるすべての方が大きな不安を抱えていると思います。

 

結婚式を実施していいのか、延期やキャンセルすべきかと苦悩している方々のことを考えると胸が痛む思いです。

また、これまで準備をしてきたプランナーや、多くのパートナー企業の皆様におかれましても、苦しい判断を強いられていると思います。

ただ、この状況の中で何もできずに立ち止まっているだけではいけないと感じておりました。

この度、ウェディング業界の方へのセミナーなどを開催している「SUEHIRO (スエヒロ)」から、新郎新婦に向けた「新型コロナウイルス感染拡大における結婚式ガイドライン」が発表されました。

【ガイドラインblog】http://suehironet.com/blog/1199/

 

 

※以下SUEHIROホームページより抜粋

結婚式を開催するうえで何が正しい情報なのか、刻々と状況が変わるこの世の中で、いったいどうするべきなんだろうと答えの出ない悩みに向き合う新郎新婦がいます。

 

お祝いしたい気持ちは山々だけど、自分が列席することで感染を拡大したり自分が感染源になったらどうしよう。

そんな不安を抱えるゲストがいます。

 

自分の子どもが結婚式をするかどうか悩んでいるときに、どう声をかけていいか悩んでいる親御様がいます。

 

そんな方が少しでも結婚式について考えやすくなるようなガイドラインになるような指標を作り、考えるきっかけにつながればと思い「感染症に関する日本の権威ある先生」に直接電話インタビューする機会をいただきました。

 

確かに誰も体験したことのない事態です。

結婚式開催も延期もキャンセルも、どちらも新郎新婦の英断です。

ただ、開催の判断をしたからには対処の方法を手探りで行うよりも、正しい情報のもと、少しでも安全に迎えていきたいですよね。

 

結婚式の開催については、お祝いのことで不要不急とはなかなか悩ましいものの、感染リスクをゼロに近づけるためには、結婚式披露宴の実施を先延ばしにすることの安全性の高さは業界全体で受け止めている事実であり、実際に、結婚式の実施を先延ばしにしている方もたくさんいらっしゃる一方で、全ての結婚式がそう判断されていないという現状もあります。

 

「キャンセル料が○○万円かかるから」などの部分が切り取られやすいこともあるかと思いますが、実際のお声はそのようなことばかりではなく、

 

“ご病気やご高齢の親御様のためになるべく早く式をしたい”

“産休育休明け、医療現場への職場復帰が控えている”

“結婚式後海外赴任の予定がある”

 

など、「今できなければ、いつできるのかわからない」と、カップルそれぞれに悩みを抱えているのも事実です。

 

もちろん、命に関わる大きな出来事ではありますが、それぞれの人生とも密接に関わってくるが故の終わりの見えない状況に、式を延期をするにしてもどの程度の期間をおけば良いのかもわからず、心を痛めてストレスを抱えていらっしゃる方が多数いらっしゃる・・・というのが今、結婚式を控えている皆様方の現状だと思っています。

 

そんな悩みと向き合う為に、

「結婚式の実施をどうするのか」を自分たちはどう選択するべきか、

「日程の延期や中止の決断をするのか」

「思い描いていた結婚式のうちの少しでも形にできる可能性はあるのか」

「やると決めたならどのような手段をとりどこに留意する必要があるのか」

を考えるための材料を、様々なプロの目線からのアドバイスをもとにわかりやすく見える化をしています。

 

皆様が最適な判断をする手助けをしながら、結婚式の現場をクラスターにしない対策をとっていくために、自分たちにできる方法と最大限の努力とは具体的にどういったことなのかと模索するべく、今こうして私達は動いています。

 

その中で今回作成したいと思っているガイドラインとは、一消費者であるカップル本人が自分で意思決定をするためのものであります。

使い方としては、それを使って自分たちが延期するのかこのまま行うのかを判断したり、もし行う場合に感染者を出さないための最大限の努力を正しい方法を式場にリクエストしたり、参加するゲストにも一定の安心と対策を持って参加してもらい、感染をこれ以上広げないための努力をしたいと考えているものです。

 

決して「これを守れば結婚式を挙げても大丈夫!」というメッセージで使用するものではなく、おそらく今週末も手探りの感染症対策をしながら結婚式を行うお二人や会場、そして、結婚式に参列される方や送り出すご家族にとって少しでも安全性を高めていくための最大限の努力とお手伝いができたらと思っています。”結婚式を少しでも気持ちの良い状態で迎えていただくために。

 

※以上抜粋

このように、新郎新婦の意思決定に利用していただいたり、結婚式を運営するスタッフの皆様の参考になるような内容となっていると思います。

WEDDING LAPPLEもSUEHIROの運営に携わっており、この報告に至るまで多くの方のご協力をいただきました。

ご協力いただいたすべての方に感謝を申し上げます。

 

そして、1日も早く安心して結婚式を挙げられる日が来ることをお祈りしております。

LAPPLEのQ&Aをまとめさせて頂きました!

LAPPLEでよくあるお問い合わせについて、こちらにまとめさせて頂きました*

 

 

Q.LAPPLEって?

A.フリーで活躍するウェディングプランナーチームです。

10年以上ウェディング業界に携わった経験から、丁寧なカウンセリングと、想いをカタチにするプランニングに定評があります。

自身の経験や幅広いスキルを持ったクリエイターチーム編成により、音響や照明を駆使した想いの伝わる演出にも自信があります。

 

 

Q.フリーのプランナーに依頼するメリットは何ですか?

A.特定の会場に所属していない為、独立した立場からアドバイスをすることができます。

海外ではフリープランナーに依頼し、カウンセリングをしながら会場やプランを決めていくのが一般的です。

決められたプランから選んで頂くのでなく、おふたりのこだわりや必要に合わせてプランニングできるのが最大の特徴です。

 

 

Q.高くて、大変そう?

A.こだわりを増やせば増やすほど大変ですし、プランナーに任せる方が、式場での準備より楽かもしれません。プロデュース料を頂く分、高そうに感じるかもしれませんが、独自のネットワークを駆使し、良いアイテムを式場より安く仕入れたりするので、おふたりがより価値を置くものに時間とお金のバランスを取ることができます。

 

 

Q.フリーのウェディングプランナーのお仕事ってどんな内容ですか?

A.当日のプログラム決めはもちろんのこと、コンセプト決め、お見積り相談、手作りアイテムやペーパーアイテムのご相談、ミュージックセレクト、各種クリエイター手配、発注代行、スケジュール管理、結婚式当日の進行リード、ご予算管理、リスク管理、そのほか、ご希望に応じて結婚式後のご相談・サポートなども承っております!

 

 

Q.どんな場所でできますか?

A.想いがあれば、どんな場所でもできる方法を探します!

レストラン、ガーデン、ホテル、式場、カフェ、温泉、古民家、キャンプ場、テーマパーク、ご自宅の私有地など…、お客様のご要望に合わせて、挙式のみのウェディング、プロポーズのご相談、1.5次会など様々なスタイルのサポートや、セカンドオピニオンとして、アドバイスのみのご依頼も柔軟に対応させていただきます。

 

 

Q.妊娠中の依頼、また遠方からでも頼めますか?

A.現在、名古屋と三河エリアを拠点に会場を含めたご相談を承っております。

ご出産前後にご報告を兼ねたファミリーウェディングなど、限られた準備期間の中でお身体や子育ての状況を配慮しながらサポートしていきます。日本とアメリカでSkypeを使ったお打ち合わせの経験もありますので、ご連絡の取りやすい方法でのアドバイスとご相談を承ります。

 

 

Q.デメリットは何ですか?

A.一組一組に寄り添って結婚式を創っている為、年間でお受けできる組数が限られています。又、フリープランナーの受け入れをされていない会場もあるので、結婚式の中身ではなく、建物の雰囲気が第一希望の場合は、会場所属のプランナーにご依頼される事をお勧めします。

 

 

※初回は無料でカウンセリングさせて頂きます。WEBサイトの「お問い合わせフォーム」からお気軽にお問い合わせくださいませ。