5月28日開催!! 伊良湖岬で叶えるウェディング相談会

突然ですが、「リゾートウェディング」と聞くとどのような印象がありますか??

多くの方は、「海外のきれいな海の見える場所での挙式」というイメージをお持ちではないでしょうか。

 

しかし、海外に行けなくても絶景のロケーションが愛知県東三河にあります。

それは、全国でも有数のビーチとノスタルジックな岩場が魅力的な伊良湖周辺で、まだ知る人ぞ知るスポットなのです!

 

私たちがたいせつにしているのは、きれいなロケーションを残すだけではなく「絆を深める」ということ。

リゾートウェディングで絆が深まるとは・・・

この中で一つでも当てはまる方にはぜひお越しいただきたいイベントです。

 

・海外ウェディングに憧れていたけど諦めていた

・海外リゾートの雰囲気が好き

・コロナで結婚式を挙げれないと思っている

・結婚式はしていないがすでに入籍をして夫婦生活が始まっている

・家族にアットホームに感謝の気持ちを伝えたい

・相手の家族とも絆を深めたい

・実家が東三河にある

 

ぜひ最後までご覧いただき、気になる方は気軽にお問い合わせください*

 

1、家族の絆を深めるリゾートウェディング無料相談会とは

まず今回ご紹介する相談会の詳細です。

◇日時

2021年月20日(土)

10:00〜17:00(完全予約制 )

 

◇場所

バリカフェ42

愛知県田原市若見町社宮司40-1

HP:https://balicafe.jp/

 

◇相談会の内容

1、フォトウェディング事例展示

2、家族挙式ムービー上映

3、挙式装飾の展示

4、シーサイドウェデイング会場紹介

 

◇予約方法

WEDDING  LAPPLE 問い合わせフォーム

または

MIKAWA LAPPLE公式インスタグラム

 

東三河の会場で無料相談会イベントを開催します。

場所は、昨年2020年5月にオープンしたばかりの、【バリカフェ42】。

バリから仕入れている家具を使って、まるで海外にいるような雰囲気を楽しめます◎

 

系列店としては、

愛知県最南端にあるホテル【クランマラン】

山と海の大自然を感じる【ルーツ7】

バリリゾートがコンセプトのモデルルーム【カーサビラ】

相談会では、こちらの会場や場所をフル活用したマリンウェディングのご提案をいたします!

 

2、お勧めしたいウェディングスタイル

結婚式は多様化していて、自分たちにはどのようなスタイルが合うのだろうと考える方も増えていると思います。

この無料相談会では、おふたりへのヒアリングからこのようなスタイルがいいのではというご提案をいたします。

まだイメージが固まっていなくても心配いりませんよ。

ここでは、私たちが考えるウェディングスタイルをご紹介いたします。

 

①エロープメントウェディング

【ロケーションフォト+小さな挙式+ディナー+宿泊】

ふたりだけでリゾートハウスを1軒貸し切っての特別な1日

夫婦の思い出を創りたい方や、リゾートウェディングに憧れていた方にお勧めのスタイル。

 

伊良湖周辺でのロケーションフォトに加えて、お互いの心に誓いを立てる時間。

挙式を誰かに見守っていただかなくても、心誓式(しんせいしき)という約束を交わす時間が夫婦としての絆を深めます。

いつか結婚式は挙げたいという方や、すでに夫婦としての生活が始まっている方やお子様がいる方にもお勧めですね 。

 

リゾートハウスではシェフがおふたりのためにだけの、特別ディナーをご用意いたします。

目の前で作られていく料理と思い出を語りながらすごす時間は、まさに至福のひととき。

ふたりの絆が深まる思い出を創ることができます。

 

 

②ファミリーウエディング

【ロケーションフォト+家族挙式+食事会】

家族とビーチ挙式とBALIの雰囲気が楽しめる会場での食事会

海外で家族式を考えられていた方や、カジュアルに両家の交流を深めたい方にお勧めのスタイル。

 

家族の前で夫婦としての誓いを立ててからの食事会。

アットホームな雰囲気の中、カジュアルな服装ですごしていただくことで自然と心も解放されていきます。

海外ウェディングであれば、アロハシャツを着られたりしますが、同じように両家で服装を揃えたりするのもお勧め。

自分たちのことを相手の家族にも知っていただき、お互いの家族同士も絆が結ばれるような時間のすごし方をご提案いたします◎

 

 

③デスティネーションウェディング(宿泊型ウェディング)

【宿泊+家族挙式+食事会】

伊良湖岬に一番近いホテルで結婚式前日から両家の絆を深める時間をプロデュース

家族同士の絆を深めたい方や、旅行を兼ねた結婚式を考えている方にお勧めのスタイル。

ホテル・クランマランでの宿泊を兼ねた結婚式。

目の前には伊良湖岬の恋路ヶ浜が広がり、心地よい風を感じながらすごすことができます。

魅力は何と言ってもホテルだからこそ叶えられる、料理のクオリティ。

地元の食材を使ったフレンチ料理に会話も弾むこと間違いなし。

海鮮を贅沢に取り入れた内容もお勧めです!

 

  

 

 

④友人との1.5次会

【カジュアルパーティ】

結婚した報告をカジュアルに伝える時間

友人とアットホームに結婚報告パーティをしたい方や、地元にお住いの方にお勧めのスタイル。

 

予算を抑えてのビュッフェスタイルでカジュアルにすごすことも◎

もちろんコロナ対策を考えて、個別に小分けして召し上がっていただくことができます。

慣れ親しんだ地元で、仲間とともに特別な思い出を創ることができますよ。

会費制で行うことでゲストの負担も少なくすることができます。 

 

 

⑤フォトウェディング

【ロケーションフォト】

伊良湖岬周辺でのリゾート感あふれるフォト

結婚式をいつ挙げられるか迷っている方や、海外やリゾートのロケーションに憧れがある方にお勧めのスタイル。

 

すでに結婚式場を決められている方でも、ロケーションフォトを行うこともできます。

私たちが考えるフォトの価値は、「ふたりの素顔を写す記念写真」。

「夫婦」を歩み始めることが嬉しいを実感できる1日です。

決められたポーズで撮っていくのではなく、何年後も飾っていたくなるような思い出を残します。

 

この他にも、おふたりとお話しする中で「こんなスタイルだったらいいな」を見つけていきます!

きれいなロケーションと、心がつながる仕掛けが「絆を深めるリゾートウェディング」になるのです*

 

 

3、まとめ

昨年から続くコロナ禍で、結婚式の在り方や価値も大きく変化しました。

その中でも私たちがたいせつにしたいことは、「家族の絆を深める時間」を創ること。

それを叶えるためには、場所選びもとても重要な要素なのです。

 

国内にいながら非日常の空間を楽しめるのが、伊良湖の魅力です。

おふたりだけでも、家族と一緒にでも、おふたりのこの先の未来に彩りをそえる時間になるように。

みなさまにとって、新たなウェディングスタイルと出会えるようご案内いたします。

 

ウェディングラップル 東浩二

ニンジャマンション結婚式レポート・豊田で行う家族式

皆さまこんにちは、WEDDING LAPPLEの東浩二です。

2021年に入り、新型コロナウイルス感染拡大により愛知県でも3度目の緊急事態宣言が出されました。

きっと、すでに結婚式を予定していた方も、これから考えていこうと思っていた方も、この先どうすればいいのかと悩まれていると思います。

昨年も、多くの新郎新婦さんと一緒に悩み、励まし、時には何もできない無力さに涙してきました。

そんな中でも思うこと。

それは、結婚するおふたりにとってこの先の人生を歩んでいく中で、支えとなる時間を創りたい!

私たちができることは、結婚式ができるかできないかの相談と向き合いながらも、結婚式がしたいと思える1日をご提案すること。

おふたり自身も、こんな結婚式ならやっぱりやりたい!!そう思えるものを創ることだと思うのです!!

この先もコロナ禍での結婚式は続きます。

しかし、それを悲しいと捉えるのではなく、この時代の中でも私たちは力強く前へ進んでいくことができたと思っていただけるように。

 

そこで今回は、2020年11月に愛知県豊田市の古民家で行われました、家族の絆を深めた家族挙式のレポートをお送りします。

さまざまな結婚式のスタイルがある中で、この記事を見ていただいた方の選択肢のひとつに家族挙式が入ると嬉しいです。

少し長くなりますが、イメージがわくように素敵な写真もたくさんなのでぜひ最後までご覧ください!

1、家族挙式を迎えるまでに

まず、今回の家族挙式を迎えたおふたりですが、もともとは同年の5月に結婚式を予定されていました。

2020年4月に全国に初めて緊急事態宣言が出され、遠方から来るゲストのことも考えて5月から11月に延期する選択をされたおふたり。

招待するゲストも当初予定していた人数から家族だけでの結婚式に切り替えて、家族挙式として準備を進めてきました。

私たちにとっても、この日は待ちに待った大切な1日だったのです。

 

◇古民家ニンジャマンションとは

まず今回の家族挙式を行った場所からご紹介します。

会場:The Ninja Mansion(ザ・ニンジャマンション)

住所:〒444-2336 愛知県豊田市下佐切町日カゲ15番地

Web:https://lapple-more.com/

 

過去のブログでもご紹介してきた、愛知県豊田市の足助にある大自然に囲まれた古民家です。

実は、豊田市は人口の割に結婚式場が少ない地域でもあるので、もっと多くの方に知っていただければと思う会場です。

名古屋から車を1時間ほど走らせれば、素敵な家族挙式会場に来れます。

宿泊もできるので、今回は結婚式後に家族とゆっくりと時間をすごされました。

どこか懐かしい気持ちにさせてくれて、家族の温かみを感じられる場所なのです。

こちらで結婚式やフォトウェディングをされた皆さまからは、「また来たい!」「今度はゆっくり宿泊したい!!」という感想をいただきます。

過度な設備はいらない、シンプルでありながら心を通わせることができる空間が魅力です。

 

2、家族挙式当日のプログラム

それでは、結婚式当日の様子をレポートしていきますね。

皆さまもこの場所にいるような気持ちで見ていただけると嬉しいです!

 

◇お支度できるまで 心を整える時間

この日は15時から挙式スタートということで、おふたりは11時30分に会場入りされました。

間もなくしてご両家のご家族も到着。

おふたり合わせて8名での結婚式です。

 

先に新婦さんからお支度が始まるので、通常新郎さんは1時間少し待ち時間となります。

この日は、会場に設置したメインツリーに思い出の写真を飾りながら着替えの時間になるまで待機です。

一緒に待つご家族とも一緒に懐かしい写真を見ながら、少しずつ緊張感がほぐれていくようでした。

こういう時間が結構大事なんですよね。

多くの場合は、着替え室に入ると出てはいけないということもあり、待っている間ひとりで緊張感が高まるなんてことも。

このニンジャマンションでは、家族中心の結婚式が多いので「いつも通りの中に特別感」を感じることができるのです。

 

親族と一緒にアルバムを見返しながら、「こんなこともあったねぇ」と思い出話しに華が咲いていきます。

小さい頃に、「その話、もう何回もよく聞いたよ」という経験はありませんか?

自分があまり記憶にない頃の話を、やたら楽しそうに家族や親戚が話しているということ。

年を重ねて思うのは、確かに姪っ子や甥っ子の小さい頃の様子ってよく覚えているんですよね。

だから、「あんなに小さかった〇〇ちゃんがこんなに大きなって・・・」なんて、よくあるおじさんおばさんからの言葉になるんでしょうね。

でも、こういう時間が家族や親族との距離を近づけていくんです!

 

こうして、新郎が親族との思い出に浸っている間に、新婦のお支度は進みます。

普段は自分でするヘアメイクをプロにお願いする日って、人生の中でもそんなに多くないですよね。

男性からすると、少し羨ましいなと思う部分です!^^

当日のヘアメイクは、事前にリハーサルをすることが多く、メイクさんとは結婚式が2回目に会う機会になります。(前撮りなどで会う場合も)

私たちプランナーは、最初にお問い合わせをいただいてから、たくさんの打ち合わせを重ねて当日を迎えます。

ただ、メイクさんの場合は少なければ当日初めまして、多くても2回目の状態でヘアメイクを進めていきます。

それでも、信頼関係を築くのがうまい!いつも安心して任せられるのは、技術だけではなく心のケアもしていただけるからです。

緊張する新婦の気持ちをうまく整えながら花嫁支度をしていくのは、さすがプロの技です!!

 

いつもの新婦から大きくかけ離れずに、本来持っている魅力を最大限引き出すのがプロのメイクさんだと思います。

緊張感の中にも、大きな決意を感じるようなそんな表情に変わっていくのが好きです。

 

この日は前日から雨の予報。

もちろん雨でも最幸の結婚式にする気持ちに変わりはありません!!

でも少し神様にもお願いしたくなります。。

 

◇ファーストミート この人と結婚してよかったと思える瞬間

そして、お互いのお支度が仕上がったところで、ファーストミートを行いました。

結婚式の中でも特に好きなシーンです。

今まで見てきたお互いの姿の中でも、一番の思い出となるような時間。

この人とこれから歩んでいく実感がわく時間。

数え切れないほど会ってきたどの姿よりも、美しく、かっこいいお互いの姿を目に焼き付けてほしい。

そんなことを思いながらお声をかけさせていただきます。

 

緊張しながらも、大好きな相手のもとへ一歩ずつ近づいていき、お互いの姿を見る瞬間。

このときの気持ちは一生忘れられない思い出となっているでしょう。

作られていない、心からの表情が表れます。

大粒の涙が溢れることもあれば、弾けんばかりの笑顔のときも。

おふたりの想いがそのまま素直に表情になります。

 

新郎さんのこの優しそうな表情。

世の男性の皆さま、普段は言葉にして言えてないこともこの日は必ず口にしてくださいね!!

「きれいだよ」「かわいいね」

花嫁姿になった結婚相手はどのように映るでしょうか。

 

◇記念写真 当日の思い出を鮮やかに残す

ファーストミートを終えた後は、おふたりの写真タイム。

今回は挙式まで家族にも晴れ姿は見せないとなっていたので、ふたりだけで写真を撮っていきます。

天気なんて気にならないほどの満面の笑み。

やっとこの日を迎えられたという気持ちが表れているようです。

 

ニンジャマンションを象徴する場所が、この縁側。

雨が降ってもなんのその。

どんどん素敵な思い出が撮られていきます!!

ブーケもウェディングドレスとすごく似合っています^^

デザイナーさんとこだわって決めた甲斐がありますね。

 

夫婦の表情って、だんだん似てくると言われますよね。

私自身も言われたことがありますが、確かにそんな気がします!!

楽しいことも辛いことも同じ時間を同じ気持ちで分け合うからこそ、似てくるんでしょうね。

おふたりの笑顔もそう感じるものでした!!

 

 

◇大切なゲスト 祝福の気持を届ける

実は今回、この場所に来れなかった家族もいました。

新郎の弟さん夫婦です。

大切な家族だからこそ、一緒にこの日を過ごしたい。

そう思い、リモートで参加していただきました!!

リモートで生中継して結婚式を行うなんてことが、1年前には想像できたでしょうか。

コロナ禍で、人と人のつながりを感じたい、直接会えなくても心は通じているということをかたちにしてくれたのがリモートだと思います。

今回は披露宴が終わるまでずっとつなぎっぱなしで、同じ時間をすごしていただきました。

 

そして、挙式前におふたりの晴れ姿を見にきた友人の皆さま。

こうして顔を合わせて、おふたりからは「ありがとうの気持ち」を、ゲストからは「おめでとうの気持ち」を通わせることができるのは幸せなことです。

 

◇挙式 お互いの心に誓う“心誓式”

さぁ、いよいよ挙式の時間を迎えます。

前日は外の庭で挙式アーチを設置してリハーサルを行いましたが、まだ雨はやまずということで室内に変更しました。

もちろん雨でもまったく心配はいりません。

結婚式当日を迎えるまでにさまざまな想定をしているので、焦ることなく準備を進めることができました。

 

そして、おふたりの入場です。

嬉しそうに見つけるおばあちゃんの表情が印象的でした。

家族挙式の場合、ダイレクトにおふたりと家族との気持ちが通じ合うのがいいですね!

ここで初めてご家族に晴れ姿をお披露目です!!

 

この挙式をより良いものにするために、私たちがこだわっているのが生演奏です。

CDでも行うことができるのですが、生演奏にこだわる理由。

・シーンに合わせて曲に抑揚をつけることができる

・コメントに合わせて曲の長さを変えたり、抑揚をつけることができる

・その場にいる全員の心に響く感動を与えることができる

このような理由で、おふたりとも相談し可能な限り生演奏を取り入れた結婚式をご提案しています。

 

まず挙式の初めには、親御様から我が子それぞれの向けてのメッセージ。

小さい頃の思い出や、この先の幸せを願ってをひとつずつ言葉にして届けていただきました。

おふたりの心にもしっかりと届いたでしょうか。

 

その後、誓いのキス、指輪の交換を交わして、挙式の結びに未来へ向けての誓いの言葉です。

おふたりで考えたこの先の人生で大切にしたいこと。

お互いの心に誓いを立てていただきました。

コロナ禍でも結婚式を行う理由が、私は挙式にあると思います。

何よりも、この先をともに歩んでいくお互いに向けて約束を交わすことで、どんな困難も一緒に乗り越えていけると思うのです。

そして、この誓いを見守っていただいた家族には、これからもふたりのことを支えていただけるように、応援していただけるように、そう願っています。

 

挙式の退場シーン。

未来へ続く道のりを歩まれるおふたりの姿は、入場のときよりも晴れやかに感じます。

いい挙式になったなと感じた瞬間です。

 

その後は、家族との写真タイム。

前日は外でリハーサルした挙式アーチは入り口の土間スペースに飾りました。

素敵なフォトブースに早変わりです!!

 

◇会場コーディネート 心地よい時間をすごすために

おふたりと家族の写真タイムが続く中で、先ほどの挙式会場を披露宴会場へとセットチェンジ。

シェフやメイクさんも一緒になって、短時間で整えることができました!

この日一番チームを感じる瞬間だったかもしれません!!笑

結婚式は温度感が大事です。

せっかく盛り上がった気持ちをそのまま保つように、間延びしない進め方が大事なのです!!

 

プレートの左側には1人ずつに正方形の木箱が置いてありますが、今回の食事会ではこちらに仕掛けがありました。

それは後ほど紹介しますね。

◇食事会スタート 家族との絆を深める時間-

先ほどの挙式セットとはがらっと変わった場所で食事会スタートです。

家族挙式の場合、アットホームに食事をメインとした時間をすごされる方が多いです。

 

「食事をメインにして時間って持つの?」

今までの結婚式を想像されると、余興やスピーチ、お色直しもあったけど大丈夫と思われる方もいるかもしれませんね。

「まったく心配いりません!」

食事をメインにしても、退屈させない工夫はできます◎

結婚式に出席して、あまり新郎新婦さんと話せなかったという経験はないですか?

家族挙式で大切にしているのは、おふたりと家族の絆を結ぶということ。

それは、会話の時間も重要な演出に入ります。

今回の食事会でも、シンプルながら心通わせるプログラムを考えていました!

 

お気付きの方もいたでしょうか。挙式のときにも、家族と同じ目線でパソコンが1台椅子に置かれていました。

そうです、新郎の弟夫婦さんも挙式に参加し、食事会に合わせて一緒に食事もスタートです。

お子様もいらして、お母様もお孫さんの様子を見れて嬉しそうです!!

◇料理 -おふたりからのおもてなしの心-

食事会で重要なのは料理ですね。

こちらのニンジャマンションで家族挙式を行う際には、出張シェフとして Your Chef さんに料理を作ってもらいます。

この出張シェフとは、レストランではない場所でもフルコースを作っていただくことができるのです。

ジャンルもフランス料理から和食まで幅広く対応可能です。

おふたりだけのオリジナルメニューでおもてなしできるのがいいですね◎

 

以前は大手式場で腕を磨いた経験もあり、見た目も味も最高です!!(そしてイケメン!)

料理がひとつの演出になることで、自然と会話も弾みます。

家庭でも、初めて作る料理が想像よりもおいしくできたときってテンションが上がりますよね!

この想像を超えるということが大事なのです。

事前に試食をしてメニュー内容を考えていたので、おふたりも安心して食事を楽しんでいただけたと思います。

 

◇親族紹介タイム -想いを届ける時間-

食事を進めていただきながらのプログラムとして、親族紹介の時間を設けました。

とはいえ、固い時間ではなく家族親族の皆さま一言ずつおふたりとの思い出などを話していただき、おふたりからもどのような方かの紹介をしていく時間です。

もちろんリモートで参加の弟さん夫婦のことも紹介していきます。

 

幼い頃の思い出話しは、おじさまやおばあちゃんからよく聞かされていたかもしれませんが、おふたりからおじさまやおばあちゃんに思っていた気持ちを聞く機会って少ないですよね。

きっと初めて「そんな気持ちだったんだ」と感じることもあると思います。

新婦さんからの言葉に、思わず涙ぐむおじさまの姿はまさにその表れでした。

おふたりからはこれまでの感謝の気持ちを込めて、家族からはおめでとうの気持ちを込めて。

この時間が今回の家族挙式では絆を深める時間になったと感じるものでした。

お魚料理を食べながら始まり、お肉料理が食べ終わる頃まで和やかな紹介タイムは続きました。

私たちも知らなかったおふたりの幼い頃の様子も聞けて、なんだか随分前から知っているような気持ちになりました。

 

◇ケーキ入刀 -幸せのおすそわけ-

その後は秋にぴったりな栗のクリームを使ったウェディングケーキの登場です!

こちらのケーキもYour Chefさん手作りのオリジナルです!!

結婚式といえばケーキ入刀はしないといけないの?

みんなやっているからやらないといけないわけではありません!

ただし、する意味があると感じられたなら素敵な演出になることは間違いありません!!

おふたりの場合は、サンクスバイトとしてお母様と妹様にケーキを食べさせてあげました。

息子から、お姉ちゃんから、ありがとうの気持ちを込めて行うことに大きな意味がありました。

◇記念品贈呈 -絆を深めるためのアイテム-

デザートタイムも楽しんだあとは、いよいよクライマックスへと入っていきます。

最初からテーブルコーディネートの一部として飾ってあった木箱。

この中身を全員でいっせいに見てもらいます。

 

中に入っていたのは、色とりどりのデザインのコップです。

皆さま思い思いにコップを手に取り、嬉しそうな表情をされていたのが印象的です!

このコップは、このあと宿泊をする家族とはさらに絆を深める時間になるよう、何か飲みながら語ろうよというおふたりの気持ちが込められていました。

ニンジャマンションでの家族挙式では、食事会後も宿泊を兼ねてゆっくりと思い出話をすることもできるので余韻にひたることができるのも魅力です。

 

◇感謝の言葉 -これまでの想いを込めて-

そして、おふたりからは家族に向けたお手紙を用意していただいていました。

これまでの人生で大きな支えとなってきた家族に向けて、しっかりと感謝の気持ちを伝える時間です。

結婚式で絶対に行わないといけない時間というものはありません。

ただ、こうして1つひとつの時間に想いを込めて、意味を感じられるものにすることが必要だと思うのです。

親御さまからすると、我が子から贈られてきたものの中でも特別な思い出になったはずです。

 

 

最後はリモートで参加していた弟さん夫婦も入っての集合写真でお開きです。

終始和やかな食事会でしたが、その中でもおふたりと家族の会話で絆が深まる時間になりました。

会話が最高の演出

そう思える家族挙式でした。

きっとこの日参加された家族の皆さまにとっても、同じように感じていただける時間になったと思います。

 

 

3、まとめ

気づけば7000文字以上にわたってお送りしてきました、豊田にある古民家で行われた絆を深める家族挙式レポート。

最後までお読みいただいた方、本当にありがとうございます!!

皆さまにとっても、家族挙式の魅力が伝わっていると嬉しいです。

 

この先は、ますます結婚式の価値や意味が大事になってくると思います。

コロナ禍だから結婚式を諦める、とりあえずかたちだけでもできればいい、そう思う方も増えるかもしれません。

しかし、私たちは全力でおふたりの気持ちを、「そんな結婚式やってみたい」に変えていきます!

そのスタイルは本当にさまざまで、これが正解というものではありません。

だからこそ、おふたりの本当の気持ちに耳を傾けられるよう丁寧にヒアリングし、この先の人生においても支えとなる時間を創れるように。

1組でも多くの新郎新婦さんが前を向いて力強く歩んでいけるように、サポートすることが私たちの使命だと思うのです!!

これからもこの気持ちを大切に結婚式を創っていきます!!

WEDDING LAPPLE 東浩二

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 

結婚式に関わるご相談は気軽にお問い合わせくださいませ。

コロナ禍におけるウェディングについてのお問い合わせが続いております。

おふたりにとって、少しでも気持ちが晴れるご相談ができればと思っております。

 

また、今回ご紹介しましたニンジャマンションでの家族挙式の相談会も開催いたします。

2020年1月31日(日)10:00〜17:00

体験型イベントとして、Your Chefさんの料理試食や、衣装試着、花嫁ヘアメイクも行なっております。

詳しくはお問い合わせページ(公式LINEでもOK)

もしくは

Mail:info@wedding-lapple.com

にて「ブログを見て」とご記入の上ご相談くださいませ。

伊良湖岬で叶うリゾートフォトウェディング

みなさんこんにちは、WEDDING LAPPLEのイクメンプランナーの東(ヒガシ)です。

 

今回のテーマは「伊良湖岬で叶えるリゾートフォトウェディング」です。

国内でもまだあまり知られていなく、穴場的存在の伊良湖岬周辺を徹底的にご紹介していきます!

後半では実際に行った写真もたくさんあるので、イメージがわきますよ!

そして、見終わったあとには伊良湖で撮影がしたいっ!!

自分たちならこの場所で撮影したいっっ!!!!!

というフォトウェディングに対しての理想も膨らんでいくはずです。

ぜひ、最後までご覧いただけると嬉しいです!!

 

1、伊良湖岬とはどんな場所

それでは、改めて「伊良湖岬で叶えるリゾートフォトウェディング」をご紹介していきます。

まず、この記事を見ているあなた!

そもそも「伊良湖岬」とはどこにあるか知っていますか??

 

愛知県田原市の渥美半島の先端にあります。

おぉー、すごく端っこの方なのね!!そんな声が聞こえてきそうですね。

その通りです!!!(ドドン!!!←効果音)

 

しかーし!!

伊良湖岬周辺には実は観光スポットもたくさんあるのです!!!(ビシッ!!!)

 

◇伊良湖周辺の観光スポット

まず、「伊良湖岬灯台」は90年以上前の1929年(昭和4年)に建てられたもので、太平洋・伊勢湾・三河湾の航海の安全を見守ってきました。

1998年(平成10年)には思い出に残る灯台として「日本の灯台50選」にも選ばれているのです!!

 

さらに、伊良湖撮影で欠かすことのできないのは、白く美しい砂浜が続く「恋路ヶ浜」

島崎藤村の抒情詩の舞台となったことでも有名ですがご存知でしたか?

その歴史は古く、江戸時代に作られた和歌にも詠われているのです。

この近くには、「願いの叶う鍵」や「永遠の愛を誓う鐘」という「恋人の聖地」と呼ばれるにふさわしいスポットがあります。

私も若かりし頃に願いの叶う鍵をつけたことがありますよー!!!←誰も聞いてないw

とにかく、デートスポットしても人気なのです。

 

また、伊良湖に行ったらぜひ食べておきたいグルメは「大アサリ」です!!!

これは普通のアサリではありません!

何と言っても大アサリなのです!!!もう一度言います「大大大」アサリなのです!!!!!

初めて食べる方は、これはアサリなの!?と驚かれます。

「そうなんです、これが大アサリなんです」

つい熱くなってしまいました。

恋路ヶ浜の前には大アサリや地元の海産物を食べられるお店がずらりと並んでいますので、ぜひ一度食べてみてください。

そして、食べ終わってお店を出るときにはちょっとしたサプライズがあるかも。

私はパイナップルをいただきましたww

こういうサプライズが嬉しいですよね。

 

また、伊良湖周辺には春には菜の花畑が、夏にはひまわり畑が出現します!!

思わず車を停めたくなるそんな景色に遭遇するかもしれませんね。

 

◇伊良湖までのアクセス

伊良湖岬へ公共交通機関で行こうと思うと、名古屋駅から最短で2時間13分。

これは、電車とフェリーの乗り継ぎという方法!!

フェリーを乗り継ぐって、そんなのアリなの!?そんな声も聞こえてきそうですね。

「フェリーでもアリなんです!!!」←再び川平慈英

最短はあくまで最短なので、この時間で行けるのは1日の中でもかなり限られています!

同じく名古屋駅から車で行く場合は、2時間30分ほどとあまり変わりません。

 

ちなみに、東京からは車で5時間、大阪からは4時間ほどかかります。

軽く旅行になりますね!

私は愛知県の岡崎市という場所に住んでいますが、同じ愛知県民から見ても気軽に「よし、今から行ってみよう!」とはならない場所です。

しかし、それだけまだ知られていない場所であり、海外リゾートを感じられるような写真を撮ることができる場所なのです!!!

なんでもほしいものが身近で手に入ると思ってはいけません!!!!!

 

しかし、伊良湖岬をご紹介しますと言っておきながら、実は本当はあまり教えたくない気持ちもあります。。

だって、人気が出すぎると寂しいじゃないですか!!!!!(そんな理由!?)

例えば、人気が出る前から大好きだったミュージシャンがテレビに出てチヤホヤされるようになったとき。

近所の通っていたスイーツ店がインスタ映えすると有名になり行列ができるようになったとき。

プロ野球で高卒入団して活躍したあとFAで海外に行くことになったとき。

子どもの頃に作った秘密基地がたくさんの友達にバレたとき。

このように、自分だけのものと思っていた愛着あるものが、別の人からも求められるようになったとき、嬉しさの反面寂しさもありますよね!!!!

 

しかし、今回は多くの方に伊良湖岬のフォトの魅力を伝えるためにこのブログを書いているのです。

そう、いいものは独り占めせずに多くの方に知っていただかないといけません。

私だけの伊良湖ではなく、みんなの伊良湖。

その気持ちを忘れてはいけません!!!!!←自分自身に

 

 

2、前撮りとフォトウェディングとは

そもそも、この記事を読んでいただいている方は、結婚式の前撮りかフォトウェディングを検討されていると思います。

フォトウェディングは今年1年でかなり需要を伸ばしていますが、この2つにはどんな違いがあるのでしょうか。

 

◇前撮りとフォトウェディングに違いとは

人によって捉え方、言い方は違うと思いますが、私は、

「前撮り=結婚式を行う前に大切なものを残す結婚写真」

「フォトウェディング=結婚式はしないけどふたりの未来へ歩き始める結婚写真」

だと思います。

 

前撮りはあくまでも結婚式を控えている、もしくは考えている方が、事前に大切なものを残すために行う撮影のことです。

この大切なものとは、もしかしたら足が悪くて結婚式には来れないかもしれないおじいちゃんおばあちゃんと一緒に。

嫁ぐ前に慣れ親しんだ実家で家族と一緒に。

などなど、結婚式もするけどその日では残せないものを残すことに意味があると思うのです。

 

また、フォトウェディングを希望される方は大きく2通りの方がいると思います。

一つは、誰かに見届けてもらうのではなく、ふたりでしっかり夫婦の思い出を創りたいという方。

もう一つは、結婚式はしたくない、魅力を感じていないけど、何か形に残るものはしたいという方。

もともと積極的にフォトウェディングを選ぶ方と、結婚式はしたくないの消去法でフォトウェディングを選ぶ方がいるのではないでしょうか。

消去法で選ぶのは少し寂しい気もしますが、それも正しい選択肢なのです。

最初の入りは違っても、撮影後には「やってよかったね」その言葉をいただけるよう頑張っています!!

 

 

◇私たちが提案するコンセプト

WEDDING LAPPLEでは、前撮りとフォトウェディングで大切にしているコンセプトがあります。

それは、「ふたりの素顔を写す記念写真 “夫婦”を歩みはじめることが嬉しいと実感できる1日」

 

私たちはウェディングプランナーですが、結婚式だけではなくフォトのディレクターもしています。

フォトのディレクターとは?そう思う方もいるでしょう。

 

前撮りやフォトウェディングをやりたいと思った場合、カメラマン、衣装屋さん、結婚式場、ホテル、フリープランナーなどなど、最近ではたくさんの選択肢から選ぶことができます。

その中で、ロケーションを売りにしていたり、低価格を売りにしていたり、写真の色味にこだわっていたりと、個性もさまざまです。

WEDDING LAPPLEでは、フォトブランドを作っていてそのコンセプトが先ほどの「ふたりの素顔を写す記念写真 “夫婦”を歩みはじめることが嬉しいと実感できる1日」なのです。

 

ただ、きれいなロケーションで撮るのではなく、決められたポーズや、インスタ映えするアイテムを使うのではなく、夫婦として歩み始める実感を持てる1日にしたいと思っています!

そのため、まずお問い合わせをいただいてからは、おふたりのヒアリングから行います。

なぜフォトに興味を持ったのか、どんなイメージを持っているのかから、お互いに惹かれたことや尊敬できることなどもお伺いしていきます。

 

その写真が、新しく人生を歩み始めるふたりにとってこの先の糧となるように。

恥ずかしくてアルバムにしまっておくのではなく、リビングに飾ってふと目に入る写真でありたいと思うのです。

 

この想いが届いていると嬉しいです!!!

 

 

3、伊良湖周辺のお支度場所

フォトへの想いを聞いていただきありがとうございます。

いよいよこれからが、伊良湖周辺での撮影へと移っていきます!!パフパフー(急に昭和感!!)

 

それではまずは伊良湖岬で撮影をする際のお支度の場所から紹介していきます。

なかなか引っ張りますね〜。

 

◇伊良湖ビューホテル

まず伊良湖で一番有名なホテルといえばこちらでしょう。

HP:https://www.viewhotels.co.jp/irako/

 

こちらは丘の上にあり、ホテルから撮影スポットの恋路ヶ浜が一望できるのです。

この景色は圧巻ですねぇ。

せっかく伊良湖まで来たのであれば、ゆっくりと宿泊も兼ねて過ごされるのもお勧めです。

親御様が見に来る場合にはぜひご利用したいホテルです。

宿泊をしなくても、1室を借りて支度をすることができ、恋路ヶ浜までも車で3分ほどなのでとても便利です。

 

◇休暇村伊良湖

こちらも恋路ヶ浜までは車で5分ほどの場所にあります。

全国に約40箇所ある、休暇村リゾートホテルです。

HP:https://www.qkamura.or.jp/irago/

 

自然に囲まれてゆっくりと過ごせるこの場所では、コテージやキャンプ場、テニスコートやグランドまであるという広大な施設です。

こちらも宿泊せずにホテルの1室を借りることができるので、心も体も落ち着いてお支度することができます。

 

◇角上楼

伊良湖でのドレス写真と、和装も撮りたいという方にお勧めなのはこちらの旅館です。

「時を忘れ、時を楽しむ、くつろぎの宿」

HP:https://www.kakujoro.com/

 

伊良湖と聞くと海をイメージされる方が多いと思いますが、こんなに素敵な和装姿を撮ることができる旅館もあるのです。

こちらは宿泊を兼ねてのお支度になりますので、日帰りでの利用はできませんが、前泊されて翌日に撮影するという方にぜひご利用いただきたいです!

 

お支度の段階でもすでに素敵な1日が始まる予感しかしません!!

早く伊良湖岬へ行きたくなって来ましたね!!

 

それではお待たせしました、ここからは伊良湖での前撮りとフォトウェディングの様子をご紹介していきます。

 

4、伊良湖周辺撮影スポット

ここからはいよいよ後半に突入です。

だんだん伊良湖周辺のことがわかってきたと思いますが、ここからが本番です!!!

 

◇誰もが憧れる浜辺ショット

まずは伊良湖といえば砂浜!!

ここからは余分なものは何もいりません。

ただただきれいな写真に浸ってください。

どこまでも続く水平線とウェディングドレスのマリアージュ。

うっとりしちゃいますね。

夏の麦わら帽子との相性も抜群です!!!

新郎さんはカジュアルなセットアップでもすっごく絵になりますね。

この砂浜でふたりだけで誓いをたてることだってできます◎

作り込みすぎない自然体の笑顔が何よりも美しいです。

 

◇人と違った個性を出せる岩場スポット

恋路ヶ浜から少し移動すると海外フォトでもありそうな岩場スポットがあります。

伊良湖のもう一つの顔ですね。

高いところが苦手な方には少し頑張っていただかないとですが、広大な海を感じることができるスポットでもあるのです。

そして、夕日が沈む頃に合わせての撮影も素敵すぎる!!

まさに自然が作り出したアートの中の世界。

もしかすると、砂浜よりも岩場の方が「インスタを見てこんな写真を撮りたいと思いました」という問いあわせは多いです。

 

◇海外にいるようなグリーンスポット

伊良湖岬周辺には緑も背景にリゾート感溢れる写真スポットもあります。

伊良湖って海のイメージだったけどグリーンもあるのね。

海とグリーンも残せる場所って、最強じゃねぇ!?

はい。最強の場所です。

こんなに欲張れていいんですか!?

「もちろん、いいんです!!!!!」川平慈英3回目の登場www

もはやここは日本ではありません!(伊良湖はどこ行った!?)

と思うくらい、さまざまな画を残すことができるのです。

お時間が許すならもっとご紹介したいほどですが、伊良湖の魅力を感じていただけたでしょうか?

 

 

5、まとめ

伊良湖岬周辺での前撮り・フォトウェディングについてご紹介してきましたが、撮影したくなってきましたか?

2020年に入り、世界は大きく変わりました。

今現在、自由に海外に行くことはできず、もともと海外ウェディングに憧れていた方にとってはなんとももどかしい想いをされていると思います。

もちろん海外でしか感じられない空気感や雰囲気はありますが、伊良湖では海外にも負けない撮影に適したスポットがたくさんあります。

海外に行くことが夢ではなく、海やリゾートを感じる場所で挙式をしたり撮影をしたいと思っていた方であれば、同じような満足感を感じていただける場所だと思っています。

 

「ふたりの素顔を写す記念写真 “夫婦”を歩みはじめることが嬉しいと実感できる1日」

そのはじまりの場所が伊良湖であれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

WEDDING LAPPLE 東浩二

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 

撮影に関わるご相談は気軽にお問い合わせください。

Mail:info@wedding-lapple.com

結婚式のご相談も初回無料で受け付けております。

詳しくはお問い合わせページより、「ブログを見て」とご記入の上ご相談ください。

“フォトウェディングと心誓式”で叶える結婚式のカタチ

こんにちは、WEDDING LAPPLEの東浩二です。

2020年は、今まで誰も経験したことのないコロナ元年とも呼べる年となっています。

その中で、夫婦生活をスタートされる方へ、本当に意味のあるフォトウェディングと挙式をご紹介いたします。

ただ形式上の時間にするのではなく、この時間が一生の糧となるような特別なものとなるように。

私たちプランナーは、お客様から「フォトウェディングをしたいんです」と言われて「できますよ」と言うのではなく、なぜフォトウェディングをしたいと思ったのかの経緯を知らなくはいけません。

海が好きだから、人と違ったことがしたいから、ふたりの思い出が創たいから。

さまざまな理由があると思いますが、さらにその深層心理の中に、「本当は〇〇がしたかったけど・・・」がないのか。

きっと多くの方は、結婚式をすることも悩まれています。

すでに準備が始まっていてもこのまま進めていいのか、規模はこのままでいいのかと考えていると思います。

そんな方に、「フォトウェディング」と「心誓式」というお互いの心に誓う挙式スタイルを合わせた1日をご紹介します。

おふたりの人生において、「この日があったから頑張れる!」そんな1日を創ります。

 

 

○このような方にお勧めしたい

・コロナ禍で結婚式をいつ挙げられるか分からない方

・妊娠されて大きな結婚式はできないと思っている方

・家族に晴れ姿を見せたいと思っている方

・お互いに誓いを立てて夫婦生活をスタートさせたい方

・本当は海外挙式に憧れていた方

 

1、本当に価値のあるフォトウェディングと挙式を考える

コロナ禍において、少人数で行う結婚式=家族挙式と、写真だけでも残しておこうとフォトウェディングの需要が増えていますね。

しかし、同じような打ち出し方をするブランドが多く、選ぶ基準が分かりづらいのも事実だと思います。

家族挙式とフォトウェディングを扱う会社やプランナーにとっても、まだ始まったばかりで試行錯誤しながら行なっているという場合も多いと思います。

 

◇家族挙式の価値とは

まず、家族挙式の概念とはなんでしょうか。

・家族だけで挙式を行う

・家族だけで挙式と食事会を行う

・家族と親族で挙式と披露宴を行う

・家族と親しい友人も呼んで挙式と披露宴を行う

辞書で調べても正しい答えはありません。。

おそらく、挙式だけ行う場合と、食事会や披露宴も行う場合がありますが、それらをまとめて家族挙式と呼んでいる場合が多いですね。

 

WEDDING LAPPLEでは、家族と挙式の時間を設ける場合に家族挙式と呼んでいます。

食事の有無はお客様によって変わるので、必ずしもの条件には入りません。

 

そして、挙式で提案しているのは、お互いの心に誓う「心誓式(しんせいしき)」です。

表面上の誓いを交わすのではなく、何年経ってもお互いの心に残り続けて支えとなるような言葉で誓いを立てること。

本当に大切にしないといけないものに気づき、守り抜いていくと決意する時間を創るのです。

 

◇フォトウェディングの価値とは

同じように、フォトウェディングの概念とはなんでしょうか。

・スタジオで記念写真を撮る

・ふたりの好きな場所で思い出の写真を撮る

・結婚式はしない代わりに写真を撮る

こちらも家族挙式同様に、ひとつの答えがあるというわけではありません!!

 

私たちが考えるフォトウェディングとは、何十年後たっても見返すとその当時のふたりの気持ちが思い出せるような写真を撮ること。

自然体で、等身大のありのままのふたりの素顔を残したいと思っています。

結婚式ができなくても、写真を残すことで夫婦の実感がわいて未来へと勇気を持って踏み出すことができるように。

そんな願いを込めてプランニングしていきます。

 

 

2、当日を迎えるまでの準備

ここからは、実際に心誓式とフォトウェディングを迎えられたおふたりの準備期間と当日の様子をご紹介していきます。

 

◇この日を迎えることになったきっかけ

もともとは、海が魅力の海外で挙式を予定されていたおふたり。

しかし、コロナウイルスの影響により海外へは行けなくなってしまいました。

そして、新しい命を授かったことで、海の見える場所でのフォトウェディングをイメージしてお問い合わせいただいたのです。

 

初めは撮影だけでもできればいいかなとおっしゃっていたおふたり。

お話しする中で、お腹にいる赤ちゃんのためにもお互いに誓いを立てて、家族にも安心してもらうことが必要なのではと感じ、心誓式をご提案したのです。

すでに海外で着る予定だったウェディングドレスはオーダーで作られていました。

ヒアリングをする中で感じたことは、楽しみにしていたドレスを着て誓いを立てることで、夫婦としても決意を持って前に進んでいけるのでは。ということでした。

 

◇本質を考えるヒアリング

私たちが一番初めに行うのがおふたりへのヒアリングです。

ご相談に見える段階では、こんな結婚式がしたい、挙式がしたい、フォトウェディングがしたいと決まっているわけではありません。

様々な理由で、どのようなスタイルができるのかわからずという方が多いです。

 

また、今の時代において「結婚式で本当は・・・」の部分を大事に見落とさないようにしています。

例えば、

「フォトウェディングがいい」

「フォトウェディングもいい」

「フォトウェディングでもいい」

この微妙な心境に気付けるかどうか。接続詞が「〜がいい」「〜もいい」「〜でもいい」では全く意味が違ってきますよね。

「以前からフォトウェディングもいいなと思っていたので、せっかくなら海の見える場所で撮りたいんです」

というお問い合わせだった場合、そのまま海の見える場所での撮影だけでいいのか。

フォトウェディングにたどり着く前に「本当は・・・」があったのではないかを丁寧にヒアリングすることを心がけています!!

 

その他にも、どんな夫婦になっていきたいのか、相手のどんなところに惹かれたのか、どんな家族がいるのかなどをお伺いしていきます。

それは、おふたりの人柄や価値観、この先に描く未来を知りたいと思うからです。

おふたりにとっても、お互いに知らなかったことを知ったり、未来のビジョンを共有する時間になるようにと思っています。

そこから、お互いに誓いを立てるにふさわしい場所を提案し、一生心に残る誓いを一緒に考えていきます。

 

◇心誓式&フォトウェディングで選んだ場所

本当は海外での挙式を予定していたおふたり。

できれば日本でも海の見える場所で挙式とフォトを残してあげたい。

そう思いご提案したのが、愛知県常滑市にある「サンセットウォーカーヒル」です。

こちらは、小高い丘の上にあるレストランで、セントレア中部国際空港も見える景色が特徴です。

料理は地産地消で地元の食材を活かし、自社でぶどう畑を作りワインも製造しているのです。

 

私たちは昨年この場所と出会い一目惚れ!!

きれいなロケーションと、おいしい料理とワインがあるレストランで、プロモーションビデオも制作させていただいていました。

今回は、ご両家の家族も参加できるということで、ガーデンで心誓式を行い、海での撮影、戻ってきてから家族でディナーという流れに決まりました。

 

◇イメージの共有

場所が決まったあとには、メイクやブーケなどのイメージを共有する打ち合わせ。

メイクに関しては、当日のメイクリストとリハーサルを行うことも可能で、直接ではない場合はオンラインでカウンセリングを行います。

初めにヒアリングした内容から、当日のタイムスケジュールも作成し全体のイメージを共有していきます。

 

実は、家族挙式&フォトウェディングの場合は、それほど打ち合わせ時間がかかるわけではないので、最短で1ヶ月あれば当日を迎えられます。

マタニティの方でも、負担を少なく準備を進めていくことができるので安心です!!

 

 

3、当日の様子

それでは、実際に心誓式&フォトウェディングを行った方の様子をご紹介いたします。

 

◇大切な方と歩くバージンロード

挙式を行うにあたりおふたりに、新婦からお父様とバージンロードを歩きたいという想いをお伺いしていました。

父として娘と一緒に歩ける機会というのは、本当に幸せなことです!!

一歩ずつ家族が見守る中、これから娘を託す新郎のもとへと進んでいきます。

バージンロードは、生まれる前から今日までの人生を表しています

お父様と進む一歩ずつが、家族と歩んだ道のりということなのです。

 

◇家族全員の想いを通わす

まず初めに、家族全員の想いを通わす時間です。

おふたりへのヒアリングの際に、どんな家族なのかひとりひとり人柄や思い出をお伺いしていました。

そこでお伺いした親御様、兄弟への想いを司会者より伝えます。

例えば、新郎からは「お母様の作る春巻きが世界一おいしい」と伺いました。

しかし、そのことを伝えたことはないということでしたので、お母様に問いかけるように新郎の気持ちを代弁したのです。

初めて知る息子の気持ちに、目元を抑えるお母様の姿が印象的でした。

 

また、その後にはご両家のお母様に事前にお電話でお伺いしていたことを新郎新婦に聞いていただきました。

その内容とは、

・我が子が生まれた日のこと

・どのような想いで名前をつけたのか

・我が子へ贈る言葉

この気持ちも、新郎新婦にとっては初めて聞く言葉でした。

自分がどれだけ愛されてきたのか。

親御様の深い愛情を改めて感じる時間にしたいという想いから組み込みました。

最後の我が子へ贈る言葉は、司会者からではなくお母様から直接伝えていただくことで、ふたりの心にも直接届けることができました。

 

◇お互いの心に誓いを立てる

その後に、指輪の交換をして誓いのキスを交わしてから、今回の挙式のメインである誓いの言葉です。

誓いのことばを10年後も忘れずに覚えていられるようにと、1年毎の思い出を書くことができる結婚証明書「vow note」というものをご用意しました。

これはWEDDING LAPPLEがオリジナルで作った結婚証明書です。

 

こちらの結婚証明書には、おふたりと考えた誓いを手書きで書いていただいていました。

その言葉をかみしめるように、ゆっくりとたいせつに読んでいただきます。

立会人は家族で、お互いの心へ誓いを立てる言葉。

当たり障りない進行ではなく、おふたりと家族にとって必要な時間をプランニングしました。

写真を撮るだけでは感じられない決意が現れた時間になったと感じています。

 

 

◇心に刻む門出の情景

誓いの言葉の後に、全員目を閉じていただき問いかけます。

おふたりには、誓いの言葉を忘れずにこれからもずっと支え合っていけるように。

家族には、ふたりのことをこれからも応援していただけるように。

そして、この心誓式の結びに賛同の拍手が贈られました。

温かな拍手に包まれる中、ふたりの明るい未来へ向けての門出です。

家族全員で花道を作っておふたりを祝福します。

この門出の情景が、これからのおふたりの人生の糧となることを願って。

 

その後は、和やかに家族での写真タイム。

ガーデンがあるレストランということで、ペットも参加可能なのです。

いつもの家族の温かさが伝わる挙式になりました。

 

◇海でのフォト撮影と家族ディナー

挙式が終わってからは、車で移動して海での撮影です。

もともと憧れていた海外での挙式とは違った、この場所ならではの写真になったのではないでしょうか。

 

今のふたりの姿を残す機会として、お子様が生まれる前に行えたことに意味があったと思います。

そして、海での撮影が終わってからサンセットウォーカーヒルに戻って、家族とのディナータイム。

家族と家族のつながりが強くなる思い出話しをしながら、温かな時間が流れていきました。

 

 

この1日が、夫婦として歩み始めるおふたりの背中を押せる時間になったのではないでしょうか。

温かくて家族との心が通う挙式とフォトウェディング。

おふたりからも両方やれてよかったというお言葉をいただきました。

 

 

4、挙式へのこだわり

ここでは、私たちが挙式を創る上で大切にしていることを2つご紹介いたします。

これは、心誓式でも、人前式でも教会式でも同じことです。

 

◇生演奏で感情を動かす

挙式では生演奏を取り入れています。

一般的にはCDなどの音源を使って行うことが多い挙式ですが、私たちが生演奏にこだわる理由は、

・入場などその場面に合わせてのスピードで演奏することができる

・司会者が声で伝える場面では想いを引き立たせる演奏で伝えたいことが伝わる

・メリハリをつけた演奏で感情の波を創ることができる

 

これは、CDなどのボリューム調整では不可能なことです。

例えば、門出の場面では司会者がコメントを入れてからおふたりが歩き始めます。

この歩き始めのタイミングに合わせて、演奏者は一番盛り上がる場所を合わせてくれるのです。

 

目に見える装飾がコーディネートとしては重要視されることが多いですが、感情の波を創ることができる音楽も同じようにコーディネートすべきものだと思います。

 

◇想いを伝える言葉選び

言葉選びは大きく分けると、誓いの言葉と、司会者が発する言葉です。

まず誓いの言葉は、この先の夫婦生活において何が必要なのか、何をたいせつにしないといけないのかを新郎新婦任せにせずに一緒に考えます。

これは、おふたりは初めて考える言葉だからこそ、プロとしてアドバイスが必要だと思っています。

その言葉が10年先までも心の支えとなるように、おふたりの言葉として残せるように。

ありきたりなテンプレートではなく、心から誓い合える言葉を考えることが必要なのです。

 

また、司会者から発する言葉からも、その情景を思い浮かべることができるかをたいせつにしています。

例えば、親御様から新郎新婦が生まれた日のことを聞いて言葉にするとき。

聞いている誰もが同じような情景になるか、それが心に響く言葉になっているのか。

一人ひとりに問いかけるように、想いを共有するように伝えていきます。

 

音楽と言葉がひとつになる瞬間、自然と涙がこぼれたり祝福の気持ちが大きくなったり、その場にいる全員の感情が動くと信じています。

 

5、まとめ

新たなウェディングのスタイルとしてご紹介したい、心誓式&フォトウェディング。

ただ行なった事実を残すのではなく、この先の人生が豊かになるように創ることがたいせつだと思っています。

 

 

そのために、おふたりの想いを伺い、提案し、それを叶えるにふさわしい場所で未来に繋がる時間を創ることが私たちのやりがいであり使命です。

目に見えるものだけではなく、心の奥に残るもの、感情を動かす情景が必ずおふたりの糧となります。

そんな時間を作り続けていきます。

 

WEDDING LAPPLE 東浩二

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 

結婚式に関わるご相談は気軽にお問い合わせくださいませ。

コロナ禍におけるウェディングについてのお問い合わせが続いております。

おふたりにとって、少しでも気持ちが晴れるご相談ができればと思っております。

 

また、フォトウェディングのご相談も初回無料で受け付けております。

詳しくはお問い合わせページ(公式LINEでもOK)

もしくは

Mail:info@wedding-lapple.com 

にて「ブログを見て」とご記入の上ご相談くださいませ。(2021.1.7更新)