世界でたったひとつのオリジナルウェディングを叶える為に季節ごと1組限定でプロデュースします

色々な結婚式に出席してきたからこそ、自分たちの時もゲストの心に残る結婚式にしたい

人とはちょっと違った自分たちらしい感謝の表現方法で結婚式を挙げたい

 

 

そんなご要望でご相談を頂く事が増えてきています。

Wedding Lappleでは心に響く結婚式をコンセプトに、おふたりはもちろんの事、参加されるゲストの皆さんに喜んでいただける時間が提供できるように、毎回色んなチーム編成でプロデュースをさせて頂いています。

 

その中でも特別心に残る結婚式を挙げる為のオリジナルウェディングの秘訣について、ご紹介をさせていただきます。

 

 

|DESIGN your WEDDINGとは?

空間コーディネートや花嫁スタイリングなど、「目に見えるもの」ビジュアルにもとことんこだわる事のできる

「DESIGN your WEDDING」

というプロデュースブランドがございます。

LAPPLEのプロデュースは、通常では大中小規模も関係なくお客様の理想のスタイルに合わせて行っていきますが、その中の一つとしてコンセプトに合わせて、空間コーディネートやスタイリングに統一感をもちたいと考えているお客様にお勧めしたい「WUUR」というチームとのコラボブランドとなります。

目に見えない時間のプランニングや結婚準備全般のサポートは、私たち「LAPPLE」が担当。

目に見えるビジュアル全般のご提案やディレクションは、「WUUR」が専属で担当。

とことん向き合って理想を形にしていきたいと考えている為、目の前のお客様ととことん向き合う時間を大切にする為に、春夏秋冬一つの四季で1組だけにお客様を限定しプロデュースをさせて頂きます。

お打ち合わせに関しては、私たちプランナーとビジュアル全般のディレクションを手がけるkieさんと共に進めていく流れになってきます。

 

|チームメイトWUURのブランドコンセプトについて

ちなみにLAPPLEのこのwebサイトの撮影ディレクションもお願いした程の、信頼をおいているチームメイトです。

BEAUTIFUL BASICなオリジナルテイストな世界観を大切に、招待状を開いた瞬間から始まるプロローグにこだわって作り込んでいくウェディングデザイン。

ペーパーアイテムのデザインや会場デコレーションをはじめ、ドレスショップ同行やライフスタイルにも繋がるようなウェディングアイテムの製作など、心に寄り添いながら「デザインの贈り物」をご提案してくれます。

そんなWUURですが、プランニングデザイン・当日の撮影・結婚式後にも繋がるようなデザインを全てワンチームで行う事により、統一したお二人だけの世界観を創り出す事ができるのが特徴です。

詳しいメンバーは改めてご紹介させて頂きますね。

 

|コラボしてご提案できる内容とは

そんな私たちがプロデュースしていく中での特徴は、まずディレクターのkieさんと共にじっくりカウンセリングを行い、オリジナルコンセプトをお贈りさせていただきます。

コンセプトをもとに目に見えるビジュアル的な部分と、目には見えない時間的要素を役割分担して具現化していきます。

初めてコンセプトシートを贈る時はとってもドキドキしますが、ビジュアルにまとめる事によっておふたりも更にイメージが膨らみ結婚準備を楽しんでいる様子を見るととっても嬉しいです。

 

 

又、スペースデザイナーが結婚式の空間を作り、新居に飾れるような家具までも製作できてしまうのがWUURの魅力でもあるのです。

こちらのブルーの棚はただ結婚式当日だけを彩るアイテムとしてだけではなく、おふたりの新居でも使えるものをイメージしてオーダーで製作したもの。

 

そしてこちらは人前式にて完成させたアイテムを、新居のリビングに飾ってあり、日常の中でも大切な方たちの事を身近に感じられるライフスタイルを送って頂いています。

 

結婚式とはその日だけが大切ではなく、その後の未来が幸せに歩める為のはじまりの第一歩だと私たちは考えているからこそ、結婚準備期間から結婚式後の未来まで大切に寄り添ってサポートをしています。

 

他には、オリジナルペーパーアイテムもご提案できるのが魅力です。

結婚式には欠かせないペーパーアイテムもWUURのグラフィックデザイナーが、自由に自分だけのオリジナルデザインをしてくれます。

せっかく来てくださるゲストの皆様に楽しんでいってほしい、一つ一つ忘れられないものを創りたい。

手に取った瞬間から喜んでいただけるアイテムとなるよう、カリグラフィーや水彩のタッチで、おふたりの想いを目に見えるものとして形にしていきます。

そしてそんな素敵なデザインに更なる価値をつける為にも、LAPPLEは招待状の文面を一緒に考えていきます。

 

 

そして花嫁のドレス選びやメイクリハーサル、ブーケ選びなども同行させていただき、おふたりが会場に立っている姿・ゲストの皆さんと過ごしているイメージを描きながらアドバイスをさせていただきます。

何となくこんな感じがいいなと頭の中にイメージがあったとしても、それが合うかどうかトータルの目線で相談にのってもらえるのはとっても心強いですよね。

 

ちなみに、こんなドレスを着てみたかった憧れをもっとかたちにできるようWUURが手掛けたオリジナルドレスブランド「Dusty Miller」もございます。

岐阜で数々の素敵な衣装をつくられている、アトリエ花みちさんとコラボして染め物からWUURが監修をしてデザインをされた花嫁をbeutiful basicに輝かせる1点の一つです。

 

 

大人気のオリジナルアイテムとして、引出物を入れる袋としてエコバッグを取り入れる方が増えてきています。

以前エシカルウェディングが流行っていたと思いますが、ただ引出物を入れた紙袋として扱うのではなく、引出物を入れる袋でさえも持ち帰ってから使えるものですと、且つデザイン性があるとよりもらって嬉しくなりますよね!

(私も記念に、自身の分も購入していますが(笑)可愛くて使うのがもったいなくて、お部屋に飾っています!)

 

ただビジュアルが素敵・可愛いではなく、やはり一生に一度のイベントをおふたりの為だけでなく、いらっしゃるゲストの皆様にも居心地の良い1日を過ごしていただけるよう、トータルな目線でプランニングを意識するようにしています。

 

ちなみにプロデュースのお客様には、手作りも楽しんで頂けるようにアイテム作りのワークショップも行っております。

WUURのディレクションを行うkieさんは、もともとウェディングプランナーのアシスタントを行っていた経験もおもちなのが私が連携を取りやすい特徴の一つです。

単にビジュアルだけの目線で作り込んでいくのではなく、結婚式の本質を大切に考えながら、当日プランナーが現場づくりで困らないような配慮をしながら空間デザインを提案してくださるのがとても心強い理由でもあります。

WUURのメンバーの考えとしては、結婚情報誌に載っているような世界観やインスタ・ピンタレストに載っているような事を、現実的にしていこうとすると物凄く手間暇と予算がかかってくるので、結局は花嫁さんの夢物語で終わってしまう事が多いだろうものを、なるべく限られたご予算の中でも叶えられるものを提案して、素敵な結婚式を実現できるカップルさんを増やしたい、そんな想いで立ち上げられたブランドになります。

とはいえデザインを取り入れるという事は、お見積もりもバランスを考えながら決めていく事もあると思います。(それだけ人の手と想いが時間をかけて加わって出来上がっていくものなので。。。)

ただきっと見た目だけのオシャレなデザインチームだったら、予算を払ってでもビジュアルを提案する価値を私たちは提案しません。WUURが手掛ける空間の価値と、ブランドコンセプトでもある「心に響く結婚式」の可能性を見出す為に必要なものだと考えているからこそ、自信をもってご提案をしています。

 

作り込まれている素敵な会場で挙げる結婚式も素敵ですが、こうしてオーダーメイドで一つ一つ納得しながら自分たちの世界観を形にしていくウェディングのスタイルこそ本当の意味でオリジナルウェディングだと思います。

 

 

|結婚準備期間の進め方について

場所からすべてMade to Order.

基本的には会場探しから一緒にサポートをさせて頂く事がほとんどとなっております。

おふたりの理想の結婚式や価値観をじっくりカウンセリングさせて頂き、それが表現できるスペースをプランニングという目線だけでなく、空間デザインという目線も合わせて一緒に探していきます。

結婚式場が決まりましたら、コンセプトを決定し衣装選びがスタート。

ドレスへのこだわりだけでなく、タキシードをオーダーで創られる方もいらっしゃいますよ。オーダーってとても高額なイメージを持たれるかもしれませんが、実はドレスと同様ピンキリなのです。レンタルと同じくらいの価格でご提案できるお店もご紹介が可能で、素材選びから数ヶ月かけて製作していくので新郎さんにも結婚準備を楽しんでいただけます!

衣装が決定しましたら、招待状デザイン、会場デザインと並行してフローリストやヘアメイクさんとの打ち合わせをして、目に見えるものを形にしていくのがWUURの役割。

LAPPLEはコンセプトを大切にしながら、おふたりが伝えたい事を進行といった目では見えないものを形にしていくのが役割。セレモニーが人前式の場合ですと、伝えたい事が本当に伝わるような誓いの言葉を一緒に考えたりするのも得意です。

 

 

|結婚式当日についての特徴

素敵な空間があって、そこにどんな音楽が流れていて、ふたりとゲストが笑顔で自然体に過ごされているのか。

とにかくそんな結婚式当日の光景を何度も何度も描いて迎える結婚式。

 

とにかくやらされている・動かされている感覚ではなく、ふたりの感謝の気持ちが自然と伝わり、みんなが自然と祝福したくなる日になってほしい。そんな想いをチームみんなで掲げながら、「区切らない時間の創り方」を進行の進め方として最も大切にしています。

言葉では表現しづらいですが、みんなが一本のレールに乗りながらも思い思いの時間を過ごせる時間。(例えるとしたら、みんなが大好きなあの夢の国のテーマパークで過ごしているような自由な過ごし方?!)

でも伝えたい事はちゃんと伝わるように時間を仕掛けていく。でもそれはなるべく押し付けにはならないように、空間と音楽と演出・司会の力を借りながらプランニングしていきます。

 

そしてそのプランニングの想いに更に乗っかるように、WUURは結婚式中もサポートをしてくれます。

例えば先ほどもあった、このメインブース。

披露宴の途中でゲスト全員にグリーンをプレゼントするので、シンプルなデコレーションになってしまうのですが、その後WUURスタッフが電飾を使ってデコレーションをリメイクしてクライマックスのセレモニーへ移れるよう一緒に結婚式を創ってくれたりした事もあります。

 

空間を創っておしまいではなく、結婚式という「生の時間」が意味のある時間である為に一緒に現場を創り上げてくれるデザイナーは、日本中探しても数少ないのではないでしょうか。そしてデザインという観点を完全に託す事によって、プランナーとして本来本当に必要な時間や空気を創る・判断する事に集中できる為、相方kieさんの存在は陰ながらも本当に心強く心地よく結婚式を創り上げる事ができる、LAPPLEにとって重要なチームメイトとなっています。

 

|このブランドで大切にしている事

冒頭でも綴っていますが、私たちLAPPLEが手掛けるプロデュースのコンセプトは「心に響く結婚式」を掲げおふたりの大切な1日のサポートをさせて頂いています。

人が心に響く瞬間って、皆さんはどんな時だと思いますか?

感じられる事は様々かもしれませんが、一人一人にそんなかけがえのない時間の贈り物ができるように私たちは心を込めて結婚式をプロデュースさせて頂きます。

 

春夏秋冬に1組限定のDESIGN your WEDDING。

是非あなたの結婚式が、最幸に彩りある1日となるよう一緒に想いを形にする楽しさを味わってみませんか?