式場迷子になりかけている花嫁さんへ〜3つのアドバイス〜

結婚式場をたくさん周れば周るほど分からなくなってしまう、自分達にあった式場選びとは?

 

結婚式を挙げる事が決まり、どんな場所でどんな内容にしようか、ワクワクしながらも考えれば考えるほど分からなくなってきてしまったといっ方からのご相談が増えてきています。

会場はこっちのがいいけど、条件はこっちのが良いし、でも予算はこの会場が一番お見積もりが低いし…なんて考えていると、経験のない買い物だからこそ悩んでしまうのは当然ですよね。

 

今回はそんな式場迷子になりかけてしまっている新郎新婦さんに向けて、Lappleからのワンポイントアドバイスを綴らせていただきます*

 

<ご紹介内容>

□スムーズに会場選びをするコツ

□お見積もり比較について

□会場を決める前にふたりで考えてみてほしい事

 

 

|理想の会場を見つけ決めるコツ

まず会場選びをスタートする前に、ふたりで話し合ったほうがふたりの価値観を大切にした会場を少しでもスムーズに決める事ができます。

 

①結婚式を挙げたい時期。その時期は絶対にそうでないといけないのか、希望の会場が空いていなければ時期をズラす事も視野に入れれるのかなど、時期についての考えは一致させておいた方が良いです◎

 

②予算感について。当日のご祝儀・会費をのぞいた金額でいくらくらいなら貯金から出せるのか。結婚式の総費用は決して安いものではありません。その中で、絶対に予算額が決まっているのか、価値を感じるものであれば選択したいと考えているのか、この考え方でまず結婚式の選ぶ予算の基準が大きく決まってきます。

 

③現時点でやりたい事、やりたくない事があるのか。もしあれば、ここまでお話ができているととても会場見学の際、スムーズになってきます。

|お見積もり比較について

その中で、上記の3点がふたりの中で意見が出ているかどうかでお見積もりの出し方が大きく変わってきます。

時期によっても違いますし、人数によっても違いますよね。

 

ただ実は比較する中でのポイントはそこだけではありません。

Lappleが見積もり診断する時は、式場によって考え方の基準が異なってきますので、下記の項目にも着目するようにしています。

 

①引出物の金額や数(記念品が3000円〜5000円、個数は6掛〜8掛と式場によって異なります)

②ドレスの質(デザインや数が多くあるかも大事ですが、自分が好む衣装屋さんが取り揃えられているのか把握しておくのが良いです◎)

③お持込みについて(実は気にいるものがなかった場合も想定して、念のため確認しておくのをお勧めします。ちなみに確認しておくと良い内容は…ドレス・花・ヘアメイク・カメラ・ビデオ・引出物が主にです。大体ペーパーアイテム・プチギフトはどの会場もOKのところが大いです。)

④エンドロールはビデオカメラ?一眼?ここ数年で、一眼をとりいれた映像が増えてきましたが、まだまだビデオカメラで放映されている商品もたくさんあります。値段に差がある場合は、この商品の違いが大きいです。

⑤料理の内容について、例えば平均15000円ですと提示する会場もあれば、平均13000円と提示される会場もあるかと思います。価格はもちろんですが、メニューの質は試食をして確認できると良いですね。

 

|会場を決める前にふたりで考えてみてほしい事

最後に、会場の雰囲気と予算で決めがちのケースがふたりで決められる場合は多いかと思いますが、ふたりで是非会場を決める前に話してみてほしい事があります。

 

それは、何のために結婚式を挙げるのかです。

 

感謝を伝えたい方もいれば、親孝行をしたい、ゲストに安心してねって報告したい方もいたり考え方は様々だと思います。

だからこそ、ふたりの中で考える想いの根っこの価値観のすり合わせを一番最初にしておく事によって、「何のために」を叶える為には、どんな空気感で結婚式という1日を過ごしたいのかがきっと見えてくるはずです*

 

と言っても、なかなか自分たちの事って自分たちだけで考えをまとめていくのは難しいものですよね。

そんな時は是非、私たちLappleを頼ってください。フラットな目線でおふたりそれぞれの想いを整理し、一番ふたりが納得感のある結婚式が見つかるようエスコートさせていただきますね。