新型コロナウイルス感染症拡大防止への対策について

毎日ニュースで流れる新型コロナウイルスの情報に、今までにないことが起きていると感じる日々です。

新郎新婦さんは、結婚式の延期やキャンセル、実施に向けての不安を多く抱えていると思います。

今の自分たちにできることはなんなのか。

今すぐに解決できる方法はないのかもしれませんが、今できることを1つずつしっかりと行って行こうと思います。

 

ウェディングラップルでは、新型コロナウイルス等の感染予防及び拡散防止のため、下記の対策を実施しています。

 

【打ち合わせ】

・オンラインでの非対面式打ち合わせ

結婚式相談や打ち合わせでは、基本はZOOMを使用した非対面式にて行います。

アプリの登録がなくても問題ありませんので、接続方法から丁寧にご説明いたします。

 

・対面式打ち合わせでのマスク着用

対面での打ち合わせ希望の場合は、マスクを着用し行います。

感染予防のためにも、打ち合わせ場所はご指定させていただく場合がございます。

換気ができる場所で、長時間の打ち合わせにならないよう、事前の準備はメールや、打ち合わせアプリBAND

を使用して進めていきます。

 

【スタッフの感染予防】

・体調管理の徹底

厚生労働省が発表している、正しい手洗い方法を実施します。室内にいても、定期的に手洗いうがいを行い、毎朝検温し37.5度以上ある場合は、非対面式であっても日程のご相談をさせていただく場合がございます。

 

・不要不急の外出の自粛

まずは自らが感染予防に努める行動をいたします。不要不急の外出を避けて、お客様にも安心していただける環境を作ります。

 

 

【withコロナ結婚式宣言】

また、結婚式の実施や延期・キャンセルで悩まれているお客様に寄り添い、運営していくために【withコロナ結婚式宣言】に賛同いたしました。

※以下リクシィnoteより参照(https://note.com/rexitinc/n/nd8594b6045a3

新型コロナウィルス(COVID-19)感染症拡大懸念と日本全体の自粛要請により、結婚式の延期を検討される新郎新婦が増えており、世間でも日程変更に伴うキャンセル料の負担について報じられています。

そこで、それらのお客様が安心して結婚式場を選んでいただくため、withコロナ時代の結婚式宣言!として、全国の会場様と枠組みを越えて協力していけたらと考えております。

 

1. 式場見学前のオンライン面談

~内覧時間は最小限、事前準備は最大限~

従来の慣習:見学に行かないと情報が手に入らない

withコロナ:見学前にオンライン面談で情報収集、見学時間は必要最低限に

 

2. 特別条件による契約

~不確実なご時世だから、決めごとも今だけは柔軟に~

従来の慣習:日程変更にはキャンセル料が発生

withコロナ:新型コロナの未収束を理由とする日程変更は、「実費負担のみ」または「キャンセル相当額を全て挙式実施時に充当」にて対応(特典の利用可否や変更時期等の条件は各社ごとに異なります)

 

3. 準備

~結婚式の打合せをオンライン面談中心に進め、リスクを抑制します~

従来の慣習:5~10回程度、打合せのために訪問が必要

withコロナ:オンライン面談で進めるため、必要最低限(試着・試食など)

 

 

こちらの宣言には、結婚式場が賛同していますがフリープランナーとしては3名(賛同時の人数)が加わっております。

 

【この先の誓い】

誰もが初めての経験となる新型コロナウイルスに立ち向かうために、できる限りの対策を取り、お客様が悩まれて出された結果を尊重します。

一番悩まれているのは、もともと意味があって結婚式を挙げる時期も決められたおふたりが、その時期に挙げれないという判断をするときだと思います。

もし、先に結婚生活が始まり、結婚式を挙げる意味を見失いそうになる場合にも、その気持ちにしっかり向き合っておふたりにとって何かこの先の生活の糧となる時間を考えたいと思います。

1日も早く、コロナで悩むお客様がなくなることをお祈りいたします。

 

WEDDING LAPPLEメンバー一同