ごく親しいご親族だけに絞った少人数で感謝の気持ちが伝わる結婚式を創り上げるコツ

結婚式の在り方の中で、最近ではごく親しい方だけをお招きして小さな結婚式を挙げたいと考えるお客様も増えていきました。

 

少人数で挙げられる結婚式をご希望とする理由は様々ですが、

・シンプルに挙げたい

・親しい方との距離感を大切にしたい

・ご予算の都合

・再婚

・お子様を授かった

・多人数が苦手(お披露目が恥ずかしい)

・人脈が広すぎて中途半端に招待するくらいなら、身内だけに絞ってしまいたい

・何か結婚に対して招待客を絞りたい特別な事情がある

上記のような事が、最近のご相談内容のケースとして上げられます。

 

小さな結婚式だからこそ、大切な方が本当に心から気持ちが伝わったと喜んでくださる結婚式を叶えていきたいですよね。

 

この記事では、そんな少人数の結婚式を創っていく上での考え方のコツやヒントをご紹介していきたいと思います。

 

1.まずはゲストをリストアップしていこう

あなたにとって本当に大切な方って誰なのか、まずは文字に起こしていきましょう。

そしてただお名前を提出するだけでなく、その方はあなたにとってどんな存在なのか、リストアップにコメントを添えてウェディングプランナーに提出してみてはいかがでしょうか。

結婚式とはあの日とこれからを繋ぐ1日であって、その場限りの時間ではなくおふたりや大切な方との関係性の未来に続く時間にしていく事が、特にこの少人数で挙げられる結婚式の大きな目的だと私たちは感じています。

だからこそ「ゲスト」という大きくまとめた、ひとくくりで考えていくのではなく、「ひとり」ずつ頭に浮かべながらその方達が集まる時間はどんなものにしたいのか、その方達が心地よく喜んでもらえる時間って何なのか時間創りのヒントが見えてくるはずです。

 

2.大切な方と過ごす会場選びをしよう

会場選びのコツとしては、少人数であれば広すぎない披露宴会場の方が個人的にはオススメです。

その理由としては、

①こじんまりとしている方が一体感やアットホーム感が作りやすい

②会場費が抑えられる

上記の事が上げられます。

ちなみに上記のような事を実現していくには、レストランウェディングが一番当てはまってくるのですが、お料理と会話を楽しみたい方には特にピッタリです。

但し、レストランで挙げられる場合、一つデメリットもあります。それは営業自体が結婚式を専門で行っているわけではない為、チャペルが存在しない会場が多いという事です。

その場合は、中庭で人前式を挙げたり、披露宴会場で宴内人前式のご提案を行う事が一般的ではあります。ご予算を極力かけずに、アットホーム感を出していきたい方には、デメリットもメリットにしてしまうくらい選択する意味はあるのではないかと考えています。

 

又、神前挙式など外部挙式をご希望のお客様に関しては、どちらにしても移動をしてパーティーを行う為レストランでも全く問題はないですよね。

ただしチャペルに憧れていたり、その会場の雰囲気や売りが良かったり、フォーマルさを大切にする為に広くてもその会場を選びたいと考える場合も有りだとは思うので、ご予算や理想の価値観に合わせて選んでいきましょう◎

 

3.感謝の気持ちの伝え方を考えよう

感謝の気持ちの表現方法とはたくさんあるかと思います。

◯料理のおもてなし

美味しい料理や飲み物をご用意頂くだけでなく、何か特別感を感じられるように一人一人のお席におもてなし感が伝わるようにご準備をして頂くのは結婚式の中でもご祝儀制の結婚式であれば基本的な要素となってきます。

アレルギー料理の対応だけでなく、アルコールが飲めない方の配慮も、サービススタッフの方ときちんと情報共有を行い、自分たちの代わりに気遣いをして頂けると、お越しくださった方にも安心してお過ごし頂けます。

お席札も当たり前のようにご用意されているかもしれませんが、自分の席が用意されているって実はとても特別な演出の一つとなりますよね。

又、妊婦さんがご出席の場合はクッションやひざかけを用意してあげたりする心遣いも、おもてなしの一つとなってきます。

 

◯空間のおもてなし

どんな風に大切な方をお迎えするかもポイントです。

例えば、こんな事が過去にありました。

・ゲスト全員の似顔絵が描かれているウェルカムボードでのお出迎え

・ゲストが写っているお写真をウェルカムコーナーに全員分飾って、待ち時間も昔話で大盛り上がり

・受付でお渡しする席次表の中に、それぞれに向けたメッセージが寄せられている

・新郎新婦が自ら受付係りを行ってお出迎えする

特別派手なコーディネートや高価な食事をお選びするのではなく、一人一人への真心が伝わるようにご準備をしていきましょう。

 

◯写真をゆっくり撮影する時間を用意しよう

大人数の場合ですと、テーブルフォトを行うだけで時間がいっぱいいっぱいになってしまうケースが多いですが、少人数の場合はもっと寄り添った撮影時間を設ける事ができるのも魅力ですよね。

両親とのお写真はもちろん、せっかくなので姉妹写真もこの貴重なタイミングで是非残しておきましょう。きっと親御さまも喜んでくださるはずです。

◯アットホームな演出や時間の仕掛け

例えば引出物という概念にとらわれず、ゲストそれぞれに似合うギフトをご用意されるのは気持ちが伝わって喜んで頂けますよね。

コサージュを全員分手作りをして、結婚式の間はお揃いでお洋服やヘッドパーツとして付けられる演出も素敵でした。

指輪の交換を行う際に、全員にご参加頂くリングリレーを行った方もいらっしゃいます。一人一人触れていただき交わす指輪は、一生の宝物になりますよ。

◯言葉や温もりを届ける

言葉で伝えるって普段は恥ずかしい事だからこそ、結婚式という魔法のような時間を利用してこの日ばかりは伝える事を意識していきましょう。又、言葉だけではなく手と手を取り合ったり、握手したりする事も、言葉と同じくらい想いを伝える行為の一つだと感じています。

お見送りの時はプチギフトを全員分配るのではなく、全員に目を見て「今日は来てくれてありがとう」と握手をして気持ちを伝えるのも素敵です。

 

少人数に絞った結婚式。

難しく考えすぎず、自分の気持ちに正直になって本当に叶えたい結婚式を実現していきましょうね。

1件のコメント

    ranking service airlines

    nvbgbphjj qxrdp vkwtnhk yryo tbpknvfxmvzlloh

ただいまコメントは受け付けていません。