結婚式まで準備期間が短い方でも大丈夫!|3ヶ月以内でも叶うウェディングスタイルの選択肢

今から3ヶ月以内に結婚式を挙げたいと考えているあなたへ

 

一般的には半年くらいはかけている結婚式の準備期間。

でも人それぞれ人生にはタイミングがあり、中には3ヶ月以内でも結婚式を挙げられる方もたくさんいらっしゃいます。

 

例えば…

□彼のお仕事の出張が決まり、結婚をしてついていくと決められた方

□入籍はしたけど日々の忙しさに追われ月日が経ち、1年経ったしもう考えなきゃと立ち上がった方

□結婚式を挙げずに先にご出産をされ、生まれて落ち着いてきたので次の妊娠までに挙げたいと考えた方

□ご懐妊され安定期の内に結婚式をされたいと考えている方

□家族の体調を考えて早く結婚式をするのがベストだという状況の方

 

上記のケースで過去にご相談をうけるパターンがありましたが、他にも様々な理由で結婚準備をスタートされる方がいらっしゃると思います。

急に結婚式の事を考え始める事になり、こんなに短いと不安も感じてしまうかもしれませんが、短い期間の中でも素敵な結婚式を挙げられている新郎新婦さんはたくさんいらっしゃるので大丈夫です!!

ここでは「諦めなくて大丈夫!」をコンセプトに、実現可能な結婚式のパターンをご紹介させていただきたいと思います。

皆さんの参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

|挙式メインの結婚式

けじめをつけたい、晴れ姿だけ見せたい、ふたりだけで結婚式を挙げたいetc…

そんな方にオススメのともいえる「挙式」だけはしっかりと挙げようという選択肢。招待状は送らずシンプルな挙式や晴れ姿のお披露目メインでしたら、最短で1〜2週間でも実現は可能です。

一般的に手配されるスペースとしては、

・教会を使っての結婚式

・公共施設を使っての結婚式(街の建物や公園・学校など)

・ご自宅の私有地を使っての結婚式

・晴れ姿を見せたい方が病院にいらっしゃる場合は、院内のスペースを使っての結婚式

このような場所があり、「何のために結婚式をしたいのか」「誰に伝える結婚式がご希望なのか」様々な想いや背景に合わせて決定されていきます。

他に手配が必要なものとしては、挙式スペース・衣装・ヘアメイク・ブーケ・写真・司会・音響・映像などになりますが、お客様の理想の挙式スタイルに合わせて、お持込と合わせてカスタマイズもOKです!

 

|会食メインの結婚式

ゆっくりとお食事をしたい、特にご親族にしっかりとご挨拶をしたい方が多く選ばれる会食スタイル。

特別な演出を無理に取り入れなくても大丈夫で、ゆっくりとお食事を楽しみたい方にオススメです。

・レストランでの会食

・料亭での会食

・ご自宅の和室を使っての会食

外部で挙式を行って(神社や家族だけで別日にリゾート挙式)上記のスペースで行われる事も多く、引出物を付けられるかどうかなどどこまでおもてなしをされるかどうかは、ご祝儀をいただいての結婚式かどうかなど、状況に合わせて必要なものをご選択をされていきます。

特別派手な演出はしたくないけど「花嫁の手紙」を読まれたり家族に感謝の気持ちを表現できたりすると、ご親族の皆さまメインの会食の場合でしたら、それだけでも規模関係なく結婚式に出席される気分を味わっていただけるはずです。

 

|お披露目パーティーメインの結婚式(1.5次会)

挙式は別日に行って、特にご友人にお披露目をしたい方が多く選ばれるパーティー。

会費制にされる方(1.5次会)も近年増え続けているスタイルです。

・レストランウェディング

・カフェウェディング

・アウトドアウェディング

・公共施設を使ってのウェディング

・温泉ウェディング

・式場・ホテルなど

こちらも「会食」同様、外部で挙式を行って上記のスペースで行われる事も多く、引出物を付けられるかどうかなどどこまでおもてなしをされるかどうかは、ご祝儀制か会費制かで変わってきます。

又、着席フルコースにされるのか、立食ビュッフェにされるのか、そしてご選択されるパーティースペースによってはケータリングでのお食事の提供をされる方もいらっしゃいます。

ちなみに1.5次会と言われるパーティーは1〜2万円の会費制にする事で、カジュアルなスタイルではありつつ二次会よりも「おもてなし」のある時間になってきます。お越しいただくゲストの皆さまに対して、どんな「価値」を提供したいかによって必要なものを手配していきましょう。

 

|挙式+披露宴の結婚式

上記の内容含め、短い準備期間の中でもしっかりと結婚式を行いたい方向けのスタイルです。

この場合一般的にはご祝儀制が多く、招待状もきちんとご用意されたい方も多いので日時と会場が決まり次第、ドレスよりも進行よりも「招待状」の準備に取り掛かっていきます。招待状さえ発送してしまえば、あとはお式のギリギリまでじっくり考えながら準備ができます。

ちなみに業者さんに招待状を準備する時に、文章の校正を早く対応してくれるところもあるので、そういったところにご依頼するのがオススメです。ただそれでも、招待状の納品までに最低でも約2週間くらいはみて動いていきたいところですです。

又、衣装の着数によってご予算や結婚式のタイムスケジュールが大きく変わってきます。

「おふたりの価値観」「ご家族の価値観」「お集まりいただく皆さんが喜んでくれること」それぞれの視点から考え、準備を進めていきましょう。

 

|写真だけの結婚式(フォトウェディング)

結婚式まで行うお金や時間の余裕がないけど、でもドレスを着たりする事は諦めたくない。そんな方には、写真だけでも残す事をオススメしています。手配が必要な内容としては、カメラマン・ヘアメイク・衣装・ブーケのみです。最低限衣装のお打ち合わせがあり、写真だからこそ晴れ姿を大切にされたい方は、メイクリハーサルまで行っておくと当日を安心して迎え入れれると思います。

ただ写真撮影を行うだけでなく、こんな時間作りも可能です。

・ファーストミート

・プロポーズで指輪を贈る

・お手紙を贈り合う

写真だけの結婚式でも、ふたりだけで撮影を進めるのではなく、親御さんにも見に来て頂いたりするのもオススメですし、花嫁姿の総仕上げとして、

・ベールダウンの儀式

・紅刺しの儀

なども行っても素敵な思い出作りができます*

写真を撮ることがメインではありますが、せっかくプロフェッショナルに囲まれて過ごす1日だからこそ「特別な時間」さえも楽しんでいただけると、意味深いフォトウェディングになっていくはずです。

 

 

LAPPLEでは、短期間で準備を行いたい方向けのサポートとして、対面打ち合わせはもちろん Skype(オンライン)打ち合わせでの対応も可能となります。

きっとお仕事や日常生活でお忙しい方がたくさんいらっしゃると思います。だからこそ結婚式の中身の事はもちろん、おふたりのライフスタイルに合わせた打ち合わせ方法で、おふたりにとって準備期間が短くても寄り添ってエスコートさせて頂きます。

 

なので急な結婚準備が決まり戸惑っている方も、今の時代はたくさんの選択肢がありますので大丈夫です!きっと自分たちにとって準備期間が短くても、妥協のない結婚式のスタイルが見つかるはずです。

自分たちだけで悩まず、今の状況を何でもお聞かせくださいね!