フォトウェディング

家族の絆を深める宿泊型フォトウェディング

at The Ninja Mansion

SCENE情景

OurStory

ふたりだけで和装の写真を残せたらいいなから始まった
2日間に渡る家族水入らずの贅沢なフォトウェディング

和装の試着時に、新婦から言われた「やっぱり家族にも白無垢姿を見せたい!」
その想いを叶えるだけではなく、両家家族がひとつになれる時間をプロデュースしたいと感じて、宿泊型フォトウェディングを提案しました。
前日の夜から交流を深め迎えた当日のお披露目の瞬間、想像を超える情景が目の前に広がりました。

宿泊型フォトウェディングスケジュール
【1日目】
16:00 The Ninja Mansionチェックイン
16:30 周辺散策・自由タイム
18:00 BBQ
20:00 お楽しみイベント
      生い立ちカルタで両家の絆を深める
21:00 自由タイム

【2日目】
8:30  朝食
9:00  お支度スタート
11:00 家族へのお披露目・新婦からのお手紙
11:10 写真タイム
12:30 お色直し
13:00 撮影再開
      ロケーション撮影移動
16:00 終了

フォトウェディング前日には、両家の絆を深めるべくおふたりの生い立ち写真をアレンジしたカルタ大会を行いました。
写真カルタを手に取りながら、当日の思い出を家族が語りお互いの想いを共有する時間となりました。

同じ場所で、同じ体験を共有することで、相手との距離が近づき絆が深まるということを体現できた時間です。

GALLERYギャラリー

VOICEお客様の声

宿泊型ウェディングだから感じられたもの

夫 真⼈
僕たちがLAPPLE さんにフォトウェディングをお願いしたきっかけは、東さんと仕事でお付き合いがあったことがきっかけで、初めは前撮りの形で相談していました。
打合せでは、僕たちの⽣い⽴ち、家族構成・関係性、気持ち、要望と細かなヒアリングが⾏われ、僕たちのワガママまでたっぷりと聞いていただきました。

当初は2 ⼈だけで前撮りをする予定でした。
しかし、前撮り当⽇に家族が参加できるようになるなど、多くの部分で僕たちのワガママを汲み取り、柔軟に対応していただくことができました。

当初、和装姿は、写真で家族に披露するはずでしたが、直接披露することができました。
さらに、両家家族とのイベントや宿泊、家族への想いを伝える場も設けていただくことができ、最終的には、単なる前撮りではなく、宿泊型フォトウェディングへと変貌していきました。

特に、顔を合わせる頻度が限られる両家の家族が、前⽇から同じ時間を共有し、絆を深めることができたことは、他ではできないことだと思います。

また、フォトウェディングでも、家族に和装姿を披露するとともに、家族みんなの「今」の時間を共有し、写真に収められたことは、家族にとって特別な思い出です。
他の誰もやったことのない、僕たちだけの特別な思い出を作ることができ、僕たちの⾃慢です。

そんなかけがえのない⼤切な時間を作り上げてくださった、東さんはじめLAPPLE の皆さん、スタッフの皆さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。


妻 まどか
和装での前撮りをしたくお願いしました。
初めは、2 ⼈だけの前撮りの予定でしたが、⾐装合わせで⽩無垢を着た途端、家族にも⾒てほしい!という気持ちが湧いてきて、急遽、両家と⼀緒に前撮りをする事にしました。

袴と⽩無垢のお披露⽬や、家族への⼿紙の演出を提案していただき、当⽇家族は涙を流して喜んでくれました。
両家みんなで⼀緒に五平餅を⾷べたり、縁側でシャボン⽟を⾶ばしたり、⼤好きな⾞と⼀緒に撮ったりスタジオ撮影では出来ないような、ささやかで幸せな瞬間もたくさん写真に残すことができました。

両家家族と⼀緒に前撮りをした事で、形式的な顔合わせとは別に両家だけの特別な思い出が出来たと思います。
私たちの晴れ姿を⾒た家族⼀⼈⼀⼈の表情、その表情を⾒た私たちの表情、⾃分⾃⾝では⾒逃してしまいそうな⼀瞬をカメラに収めていただくことが出来ました。

全てが終わった後、前撮りが終わったと⾔うよりももう結婚式を挙げたような満⾜感・幸福感でいっぱいになりました。
それは、当⽇の進⾏をその⽇初めて会う司会者ではなく、これまで何度も⼀緒に打ち合わせを重ね、私たちの気持ちや思いを丁寧にヒアリングし細かく汲み取って⼀緒に形にしてきてくれたプランナーさんご⾃⾝が⾏ってくださったからこそだと思います。

撮影で使⽤させていただいた宿泊施設や公園は、前撮り後も時々家族で散歩に⾏って思い出話に花を咲かせる特別な場所になっています!

CONTACT