お問い合わせはコチラ
お問い合わせはコチラ
  • 和婚
  • 寺と寺のこころをつなぐ結婚式

    at 岐阜県 下呂温泉

    SCENE情景

    OurStory

    おふたりとの出会い

    結婚式を迎える約半年前、代々受け継がれているお寺で開催する仏前式のサポートをしてほしいとご相談いただいたことがはじまりでした。
    挙式の準備を進めていく中で、やっぱり檀家さんにもしっかりと結婚のご報告の場を設けたいというお考えに。お父様と親交深い旅館で、美味しいお食事と温泉を楽しんでいただけるようなご披露宴までプランニングを任せていただく事になりました。

    お母様による花嫁姿の総仕上げ

    挙式当日は、お寺でのお支度後にお母様より花嫁の総仕上げとして、紅刺しの儀を。
    幸せになってね、の想いを込めた親子の時間。

    庭園でのファーストミート

    その後、お庭で待つパートナーのもとへ行き、ドキドキのご対面を。嬉しそうにお互いの様子を見つめ合いながら、とても幸せそうな笑顔が溢れています。

    世代を超え未来を継ぐお寺にて仏前式

    緑溢れる素敵な庭園にて、恩師によるエスコートにて未来を継ぐお寺にて結婚のご報告を。

    温泉旅館へ移動して檀家さんもお招きされてのご披露宴

    挙式後は、宴会場を貸しきってお披露目とおもてなしの時間を。

    ・受け継ぎ式
    ・聖火ランナーとして聖火ランナートーチをもって入場し、会場を和やかに
    ・オリジナルウエディングケーキ入刀
    ・サプライズで結婚式をされていないお兄様家族に、ミニケーキ入刀のプレゼント
    ・それぞれ大切な兄弟とお色直しの退場
    etc...

    美味しそうな旅館料理を召し上がっていただきながら、想いを込めたコンテンツを散りばめていきました。

    天国にいるお父様の想いものせてお母様とご入場

    披露宴の後半は、新婦がご実家の寺ではなく、パートナーの寺に入るという大きな選択の意思が伝わるように。
    神戸にまでビデオグラファーに出張依頼し、新婦実家の寺の風景や日常やお父様が生きていた日々の証を映像に編集したオリジナルムービーを上映。その後、バージンロードを再現するようにお母様にエスコートをしていただきながら、新郎へ想いをバトンタッチ。
    寺同士の結婚は決して簡単なものではなく、だからこそふたりの想いの強さと一人でも多くの方の理解や後押しがあって成立していくキッカケとなってほしいと願いを込めて、新婦家の想いに強くスポットを当ててドレス姿での時間がスタート。

    感謝の気持ちと寺を継ぐ意思をご両親に

    クライマックスが近くなる頃には、両家が自然と集まってふたりを囲んでお写真を撮られる光景が。自然と生まれるその瞬間を目指していた披露宴だったからこそ、胸がとっても熱くなりました。
    この先も大変な事があっても、その写真を見返すことで未来を信じ、ふたりで乗り越えていけるようなものとなっていますように。

    GALLERYギャラリー

    We make unforgettable memories
    WEDDING LAPPLE

    VOICEお客様の声

    このウェディングを通してリアルに感じた気持ち

    2人のこれから、周りの大切な人たちを再確認できた結婚式。

    格式ある古き良きものは残しつつ、
    新しいものを取り入れ、
    自分たちオリジナルの結婚式ができました。


    新型コロナウィルスの収束が見えず、私 結婚式開催に際し、何が最善なのか、本当に色々と悩んでいました。

    そんな中で、出会ったのが
    ウェディングフリープランナという形、
    そしてlappleさんでした。

    私たちは自坊であるお寺で結婚式をすること、また温泉旅館で披露宴いたしました。

    カメラマンの方、ビデオグラファーの方、お花屋さん、ケーキ屋さん、音響さん、
    全ておひとりおひとりとしっかり納得する形で事前打ち合わせを直接でき、妥協することなく結婚式を作り上げることができました。
    逆をいえば初めてのことばかりで不安はたくさんありましたが、lappleさんが、私たちの結婚式の目指すところ、目標から逆算するかたちでご提案してくださり、とくに東さえこプランナーさんとは、コロナの状況下で殆どリモートでの打ち合わせやメッセージでのやり取りで、こちらのわがままもたくさん聞いていただいて、、
    直前になればなるほど増えていくメッセージのやり取りはいい思い出です。笑
    コロナの影響もあり直前で様々な変更もありましたが、諦めるのではなく、いま1番最善の方法を一緒に考えてくださって本当に心強かったです。沢山のご経験をふまえ、どんなことでも相談に乗ってくださり、当日も全部お任せください!と心強いお言葉や、優しい言葉を常にかけてくださり、本当に心の支えでした。本当にありがとうございました。

    コロナ禍の結婚式となりましたが、それをきっかけに、普段私達がどれだけ皆様に支えられていたのかを改めて実感いたしました。皆様のお陰でこんなにも素晴らしい結婚式となり、当日はあっという間でしたが終わるのが寂しかったです。

    支えてくださる皆様への感謝の気持ちと今日の事を胸に、夫婦としてこれからの人生を歩んでいきたい。そう思える結婚式になりました。





    photo Marlgrafica
    movie Tsujiographer

    CONTACT