自分達の人脈を使って結婚式をセルフプロデュースしたいクリエイター且つオシャレな新郎新婦さまへ

決められた枠の中から選ぶ結婚式ではなく、
独自のネットワークでお願いしたい「人・物」が決まっている方にお勧めのセルフプロデュースウェディング

 

人との繋がりや絆を大切に考える方達が増えている近年だからこそ、自分達が感じる「価値」や「想入れ」のある方達に結婚式をお願いしたいというカップルさんが増えてきている傾向に感じています。

 

これってどういう事か、身近な言葉に置き換えると「持ち込み」して結婚式を創るという事。

結婚式を知り尽くしたプロフェッショナルに全てを依頼して創り上げる方のがもちろん安心ではありますが、お客様の結婚式に対しての価値観の需要の一つとして増えている、このセルフプロデュースについてここでは綴らせて頂こうと思います。

 

<ご紹介内容>

□この結婚式のスタイルと相性が良い方はこんな方達

□持ち込みして創る結婚式とはどのように準備を始めたら良いのか

□当日の様子

□このようなスタイルで大切にしているポイント

□セルフプロデュースだから叶う結婚式とは

 

 

 

|この結婚式のスタイルと相性が良い方はこんな方達

・お仕事や趣味の関係で、クリエイターとの交友関係が広い方

・自ら企画したりディレクションをする事が得意な方

・繋がりのある方達の力を借りて、結婚式を創り上げたい方[/su_note]

つまり全くの白紙の状態から考えていくのではなく、自分たちにとって大切な人を想像していく中で浮かんできた方達の中でクリエイター仲間が自然と集まってくるようなお客様が、こういった結婚式を自然と選択されているように感じています。

 

|持ち込みして創る結婚式とはどのように準備を始めたら良いのか

 

|当日の様子

例えばこちらはデザイナーさんが受付周りに飾るグッズを作られている様子です。

 

会場装飾は、日頃お世話になっているフローリストさんに。

 

ウェディングケーキはご家族全員のマジパンを乗せたオリジナルデザインにして、自分たちではなくご両親にケーキ入刀の演出を仕掛けたり。

 

この結婚式はカメラマン同士の結婚式だったので、多くのゲストがご自身のカメラをもってたくさんのお写真を撮られていました。

|このようなスタイルで大切にしている事

新郎新婦が結婚準備期間に何度も何度もおっしゃっていた言葉。それは、

「大切な方たちが、ただただこの場所に集まってくれたらそれだけで幸せです」

そんな強い想いがあり、綺麗なカッコイイ結婚式ではなく、みんなが自然体に過ごせて感謝の気持ちを伝えられたら、それが自分たちらしい等身大の結婚式だと考えこの日に向けて、ご自身でクリエイターの手配をされて、LAPPLEはその想いと人脈のバトンを受け継ぎ、一つの結婚式を整え総仕上げしていくという役割として関わらせて頂きました。

 

おふたりが描くイメージを一気に預かって形にしていくセルフプロデュースウェディング。

想いが大きいがゆえに、オーダーメイドと同じくらい実はパワーを注いで創り上げていくスタイルになってきます。

でも、これも一つのおふたりの選択肢として素晴らしいものだと考えています。

 

 

なぜなら、結婚式とは「今までとこれからを繋ぐ1日」

自分たちが出会ってきた大切な人の中で、ゲストとしてゆっくり出席してお祝いしたいと考える方もいれば、自分の持っているスキルでおふたりの結婚式を一緒に創る事でお祝いをしていきたいと考える方もいらっしゃるかと思います。

 

|セルフプロデュースだから叶う結婚式とは

たくさんの「人の手」が加わった、世界でたった一つのハンドメイドウェディング。

完璧で綺麗な結婚式ではなく、「繋がり」と「手作り」を一番に考えたセルフプロデュースウェディング

 

ぜひそんなお仲間が周りにいらっしゃったら、些細な事でもプランナーにご相談されるのをお勧めしますよ!きっとうまくおふたりの結婚式にとって最良な提案へと繋げてくれるはずです!!

 

 

 

私たちLAPPLEも、そんな想いを抱いているおふたりを全面でサポートさせて頂いています。

(むしろ、とっても得意な分野の一つです!)

LAPPLEとは「 love + people 」の造語から生まれています。

人の愛がたくさん詰まったオリジナルウェディングが、世の中にたくさん生まれていきますように。