5月28日開催!! 伊良湖岬で叶えるウェディング相談会

突然ですが、「リゾートウェディング」と聞くとどのような印象がありますか??

多くの方は、「海外のきれいな海の見える場所での挙式」というイメージをお持ちではないでしょうか。

 

しかし、海外に行けなくても絶景のロケーションが愛知県東三河にあります。

それは、全国でも有数のビーチとノスタルジックな岩場が魅力的な伊良湖周辺で、まだ知る人ぞ知るスポットなのです!

 

私たちがたいせつにしているのは、きれいなロケーションを残すだけではなく「絆を深める」ということ。

リゾートウェディングで絆が深まるとは・・・

この中で一つでも当てはまる方にはぜひお越しいただきたいイベントです。

 

・海外ウェディングに憧れていたけど諦めていた

・海外リゾートの雰囲気が好き

・コロナで結婚式を挙げれないと思っている

・結婚式はしていないがすでに入籍をして夫婦生活が始まっている

・家族にアットホームに感謝の気持ちを伝えたい

・相手の家族とも絆を深めたい

・実家が東三河にある

 

ぜひ最後までご覧いただき、気になる方は気軽にお問い合わせください*

 

1、家族の絆を深めるリゾートウェディング無料相談会とは

まず今回ご紹介する相談会の詳細です。

◇日時

2021年月20日(土)

10:00〜17:00(完全予約制 )

 

◇場所

バリカフェ42

愛知県田原市若見町社宮司40-1

HP:https://balicafe.jp/

 

◇相談会の内容

1、フォトウェディング事例展示

2、家族挙式ムービー上映

3、挙式装飾の展示

4、シーサイドウェデイング会場紹介

 

◇予約方法

WEDDING  LAPPLE 問い合わせフォーム

または

MIKAWA LAPPLE公式インスタグラム

 

東三河の会場で無料相談会イベントを開催します。

場所は、昨年2020年5月にオープンしたばかりの、【バリカフェ42】。

バリから仕入れている家具を使って、まるで海外にいるような雰囲気を楽しめます◎

 

系列店としては、

愛知県最南端にあるホテル【クランマラン】

山と海の大自然を感じる【ルーツ7】

バリリゾートがコンセプトのモデルルーム【カーサビラ】

相談会では、こちらの会場や場所をフル活用したマリンウェディングのご提案をいたします!

 

2、お勧めしたいウェディングスタイル

結婚式は多様化していて、自分たちにはどのようなスタイルが合うのだろうと考える方も増えていると思います。

この無料相談会では、おふたりへのヒアリングからこのようなスタイルがいいのではというご提案をいたします。

まだイメージが固まっていなくても心配いりませんよ。

ここでは、私たちが考えるウェディングスタイルをご紹介いたします。

 

①エロープメントウェディング

【ロケーションフォト+小さな挙式+ディナー+宿泊】

ふたりだけでリゾートハウスを1軒貸し切っての特別な1日

夫婦の思い出を創りたい方や、リゾートウェディングに憧れていた方にお勧めのスタイル。

 

伊良湖周辺でのロケーションフォトに加えて、お互いの心に誓いを立てる時間。

挙式を誰かに見守っていただかなくても、心誓式(しんせいしき)という約束を交わす時間が夫婦としての絆を深めます。

いつか結婚式は挙げたいという方や、すでに夫婦としての生活が始まっている方やお子様がいる方にもお勧めですね 。

 

リゾートハウスではシェフがおふたりのためにだけの、特別ディナーをご用意いたします。

目の前で作られていく料理と思い出を語りながらすごす時間は、まさに至福のひととき。

ふたりの絆が深まる思い出を創ることができます。

 

 

②ファミリーウエディング

【ロケーションフォト+家族挙式+食事会】

家族とビーチ挙式とBALIの雰囲気が楽しめる会場での食事会

海外で家族式を考えられていた方や、カジュアルに両家の交流を深めたい方にお勧めのスタイル。

 

家族の前で夫婦としての誓いを立ててからの食事会。

アットホームな雰囲気の中、カジュアルな服装ですごしていただくことで自然と心も解放されていきます。

海外ウェディングであれば、アロハシャツを着られたりしますが、同じように両家で服装を揃えたりするのもお勧め。

自分たちのことを相手の家族にも知っていただき、お互いの家族同士も絆が結ばれるような時間のすごし方をご提案いたします◎

 

 

③デスティネーションウェディング(宿泊型ウェディング)

【宿泊+家族挙式+食事会】

伊良湖岬に一番近いホテルで結婚式前日から両家の絆を深める時間をプロデュース

家族同士の絆を深めたい方や、旅行を兼ねた結婚式を考えている方にお勧めのスタイル。

ホテル・クランマランでの宿泊を兼ねた結婚式。

目の前には伊良湖岬の恋路ヶ浜が広がり、心地よい風を感じながらすごすことができます。

魅力は何と言ってもホテルだからこそ叶えられる、料理のクオリティ。

地元の食材を使ったフレンチ料理に会話も弾むこと間違いなし。

海鮮を贅沢に取り入れた内容もお勧めです!

 

  

 

 

④友人との1.5次会

【カジュアルパーティ】

結婚した報告をカジュアルに伝える時間

友人とアットホームに結婚報告パーティをしたい方や、地元にお住いの方にお勧めのスタイル。

 

予算を抑えてのビュッフェスタイルでカジュアルにすごすことも◎

もちろんコロナ対策を考えて、個別に小分けして召し上がっていただくことができます。

慣れ親しんだ地元で、仲間とともに特別な思い出を創ることができますよ。

会費制で行うことでゲストの負担も少なくすることができます。 

 

 

⑤フォトウェディング

【ロケーションフォト】

伊良湖岬周辺でのリゾート感あふれるフォト

結婚式をいつ挙げられるか迷っている方や、海外やリゾートのロケーションに憧れがある方にお勧めのスタイル。

 

すでに結婚式場を決められている方でも、ロケーションフォトを行うこともできます。

私たちが考えるフォトの価値は、「ふたりの素顔を写す記念写真」。

「夫婦」を歩み始めることが嬉しいを実感できる1日です。

決められたポーズで撮っていくのではなく、何年後も飾っていたくなるような思い出を残します。

 

この他にも、おふたりとお話しする中で「こんなスタイルだったらいいな」を見つけていきます!

きれいなロケーションと、心がつながる仕掛けが「絆を深めるリゾートウェディング」になるのです*

 

 

3、まとめ

昨年から続くコロナ禍で、結婚式の在り方や価値も大きく変化しました。

その中でも私たちがたいせつにしたいことは、「家族の絆を深める時間」を創ること。

それを叶えるためには、場所選びもとても重要な要素なのです。

 

国内にいながら非日常の空間を楽しめるのが、伊良湖の魅力です。

おふたりだけでも、家族と一緒にでも、おふたりのこの先の未来に彩りをそえる時間になるように。

みなさまにとって、新たなウェディングスタイルと出会えるようご案内いたします。

 

ウェディングラップル 東浩二

家族挙式イベントレポート/パートナー紹介編

1日24時間では足りないくらい、やりたいことが盛りだくさんのウェディングラップルの東浩二です。

今回のブログでは、本日1月31日に行われました、ウェディングラップル主催の家族挙式体験イベントのレポートと、ご協力いただいたパートナーさんのご紹介をします!

いい結婚式を創るためには、いいパートナーさんの存在が必要不可欠なのです!!

ホームページやインスタグラムも載せているので、ぜひ気になる方はチェックしてみてくださいね◎

このブログを見ているあなたの人生に関わりたい!そんな願いを込めてお贈りします!!

ぜひ最後までご覧ください*

 

 

はじめに

まずは、タイトルにもある「家族挙式体験イベント」とは一体どんなイベントだったのかをご紹介します。

今回は、家族挙式を考えている方へ、私たちがお勧めしている会場やクリエイターさんを紹介しながら、「これができれば家族式のイメージが一気に沸く7つの体験」としてご用意したイベントです。

実際には、フォトウェディングを検討されていたり、まだ具体的なイメージはこれからという方のご予約が多かったので、一部内容を変更しましたがドレス試着や花嫁ヘアセット体験を行いました!
それでは早速、今回一緒にイベントを盛り上げていただいた皆さまをご紹介します。

 

1、家族挙式に適した会場選び

まず、今回のイベントの開催会場でもあり、昨年家族挙式やフォトウェディングで大変お世話になった「ニンジャマンション」のご紹介です。

 

◇ニンジャマンション

住所:〒444-2336 愛知県豊田市下佐切日カゲ1

ホームページ:https://www.ninjamansion.com/

 

ウェディングラップルのブログをご覧の方はすでにご存知の方もいるかもしれません。

愛知県足助にある築150年を誇る古民家です。

初めて訪れた場所なのにどこか懐かしさを感じ、時間を気にせずにすごすことができる場所。

宿泊施設としても利用できるのが魅力です!!

私がウェディングラップルに正式加入して初めての担当が、このニンジャマンションでの宿泊型フォトウェディグでした!

→【要チェック】https://wedding-lapple.com/photowedding/

 

このニンジャマンションの管理人をされているのが、兵庫県出身の秋山さんです。

なんとこの建物をひとりで管理されているのです!!

宿泊される方もいるので、料理の準備から掃除、自分の洗濯まで、一体いつ休んでいるんだ!?というくらい動き回っています。

日頃からさまざまな相談に乗っていただき、たくさん協力いただいている方なのです!!

ちなみに、秋山さんが作る五平餅は味噌がオリジナルでめちゃくちゃ美味しいんです!!

一度宿泊すると必ずまた来たいと思える会場の魅力と、秋山さんのホスピタリティをぜひ体験してください◎

 

2、結婚式の価値を高める衣裳

家族挙式を行うにあたり一番こだわりたいと思う方も多いのが、衣装ではないでしょうか。

今回のイベントでは、ウェディングドレスと色打掛の洋と和をご用意しました。

 

◇the dress CANVAS(ウェディングドレス)

住所:441-8077  愛知県豊橋市神野新田町ヨノ割78

電話番号:0532-34-7400

ホームページ:https://www.dress-canvas.com/index.html

 

こちらは豊橋にあるドレスショップです。

昨年は、フォトウェディングで何度もお世話になりました。

特に伊良湖岬でのフォトでは、ドレスショップで着替えをしてから撮影場所へ向かうというようなこともありました。

ホームページのトップにはこのようなメッセージが

 

「女性が本当に着たいと思えるドレス。カンバスに自由な私を描く。

ナチュラルで、エフォートレスなドレス集。

ホンモノの笑顔は、自然に生まれるもの。

描こう。

ひとつのイヤリングが、ちいさな自分のこだわりが、1着のウェディングドレスをオートクチュールにする。」

 

主なラインナップは、ナチュラルでシンプルかつエフォートレスなドレスです。

王道のAライン花嫁スタイルからスタイリッシュなマーメイドライン、自分スタイルを引き出すセパレートドレスまで、結婚式やフォトウェディングなど様々なウェディングシーンでご着用いただけます。

 

さらに、現在は「ご自宅試着」というサービスも行なっています。

これは、ドレスが気になるけど遠くて来店ができないという方に、ドレスを自宅で試着していただける郵送サービスのことです!

なるほど、これは便利だ!!思わずこの内容を見たときにそう感じました。

また、料金体もドレスが3〜7万円の設定でプラスアルファで小物類が入ってくるだけなので料金がとてもわかりやすいのも魅力です!!

限られた予算内で気にいる1着に出会えるショップですね!!

 

 

◇フェアリーブライダル(色打掛)

住所:〒471-0832  愛知県豊田市丸山町3丁目64-1

電話番号:0565-63-5287

ホームページ:https://www.fairy-jp.net/

 

そして、今回のイベントで和装を担当していただいたのが、豊田と豊川に店舗を構えるファアリーブライダルさん。

もちろんウェディングドレスも扱っているので、ショップには多くの衣装が並びます。

実はドレスショップの他にも、式場紹介やフォトウェディングのサービスも行なっているのです!

ん?ウェディングラップルがそれを紹介していいの!?と思われるかもしれませんが、いいんです!

同じ三河エリアを中心に活動されているファアリーブライダルさんは、結婚式の魅力を広める仲間でもあるのです!!

私は前職のときから大変お世話になっているので、これからもともに三河で幸せな夫婦が生まれるように切磋琢磨していきたいと思います◎

 

 

3、家族との会話が弾む料理

◇Your Chef

住所:〒444-0406  愛知県西尾市一色町対米堤堪40-3

電話番号:0563-72-2818

ホームページ:https://yourchef.n-ishihara.com/

 

続いては、家族挙式では必要不可欠な料理のご紹介。

私たちは決まった場所で結婚式を創っているわけではないので、このニンジャマンションや自宅での結婚式、アウトドアウェディングでは出張シェフのYour Chefさんをご紹介しています。

出張シェフという言葉を知らない方もいるかもしれませんが、「出張」という言葉の通り、どこでも料理を創ってくれるシェフのことです。

代表は石原さん。拠点は抹茶で有名な西尾市ですが、幅広く指名を受けて飛び回っています。

実は、以前は店舗は違いましたが同じ結婚式場のグループで勤めていたので、若かりし頃から知っています!

昨年6年ぶりくらいに再会を果たしたのですが、最初の印象は「そんな声だったっけ!?」と思うくらい落ち着いて貫禄を感じました!!

その誠実な人柄は以前のままで、経営者目線でもたくさんお話しする機会をいただけたのは嬉しい思い出です!

「もっと豪華に、もっと身近に」をテーマに、お客様の希望やご利用シーンに合わせたメニュー構成をしています。

ニンジャマンションではキッチンがあるのですが、シェフはいないのでYour Chefさんのお力を借りています!

 

4、花嫁のこころ支度

◇ヘアメイク 鳥本佳奈さん

インスタグラム:https://www.instagram.com/your_style0801/

 

そして、花嫁体験として試着の着付けとメイクを行なっていただいたのが、フリーランスでヘアメイクをされている鳥本さんです。

インスタグラムは、約2ヶ月間で1,000フォロワーつくほど、今注目されているヘアメイクさんなのです!

以前は結婚式場でヘアメイクをされていたのですが、独立されてフリーで活動されています。

とても努力家の方で、今年の1月は8冊もの本を読んで勉強に打ち込んでいるようです。

お客様の心を掴むのも上手で、今回のイベントでもメイクをしながら新婦さんと楽しげな笑い声が聞こえてきました!!

結婚式当日においても、ヘアメイクさんの力はとても大きいのです、

なぜなら、花嫁の身支度は、こころ支度だと思うからです。

結婚式を迎えた日。期待や高揚感とともに、少しの不安や寂しさも感じると思います。

だからこそ、花嫁へと近づく過程の中で不安要素を消していけるように、大好きな新郎と一緒に人生を歩んでいけるように、前と向かせることが大事なのです!!

ヘアメイクの技術はもちろんながら、コミュニケーション能力が高いといのもとても重要なことなのです!!

 

 

5、思い出を一生の宝物にする

◇marlgrafica 享丸桂大さん

ホームページ:https://marlgrafica.com/portfolio/

インスタグラム:https://www.instagram.com/keita_kyomaru/?hl=ja

 

家族挙式の思い出を残すのは写真と映像です。

まず先に写真から。

数多くのカメラマンがいる中で、私たちがよくお願いするのが、marlgraficaの亨丸さんです。

昨年は多くのフォトウェディングのご依頼を受けたのですが、その全てが亨丸さんに撮影していただいたものです。

本日は、今までの思い出の写真を現像して飾り、アルバムにも製本していただき展示しました。

最近では結婚式やフォトウェディングの撮影はデータだけでも十分というお声を聞くことがありますが。ぜひアルバムにしていただくのがお勧めです。

多くの方の場合、データを自分たちでアルバムにしよう!と言いつつ、気づけば現像すらぜすに満足しているという声も多いです。

せっかくプロのカメラマン撮影してもらうのであれば、しっかりと製本して当日の感情がよみがえるような思い出を創りたいですよね!!

 

 

6、映像で思い出を残す

◇モニュメンタルワークス 深谷貴大さん

ホームページ:http://monumentalworks.jp/

インスタグラム:https://www.instagram.com/fukayatakahiro_/?hl=ja

 

写真とともに思い出に残すものといえば映像ですね!

こちらは昨年9月、宿泊を兼ねた「会いにゆくウエディング」という全国3箇所で小さな結婚式を行なった際の映像や、11月には家族8名での結婚式の映像をダイジェストとして残していただきました!!

モニュメンタルワークスの深谷さんという、前職でもプランナーとビデオグラファーという関係性だった方なのです!!

このモニュメンタルワークスさんは、映像を撮るだけではなくYouTubeの企画撮影編集もすべて自分たちで行なっており、とてもユーモアのある人たちが集まっています。

特にYouTubeは「オワリのはじまり」という略して「オワハジ」が大人気!!

高い編集技術とナレーションや演者の皆さんのクオリティにいつも元気をいただいています!!

こちらの映像をまだご覧になってない方には、ぜひ見ていただきたい内容です。

https://www.youtube.com/channel/UCQx9HwBFEFNi5oaX82YAWxw

 

 

7、花嫁の魅力を際立てるウェディング小物

◇porte_de_vanves

ホームページ:https://nanek4evnahxxx.wixsite.com/porte-de-vanves

インスタグラム:https://www.instagram.com/porte_de_vanves/

 

そして、新婦の魅力を最大限引き出すことができるのがウェディングアイテム(小物)です!

こちらは、ナチュラルでもアンティークでもクラシカルでもどの雰囲気にも属さない、優しいウェディング小物を揃えているporte_de_vanvesさん。

一つひとつ手作りの完全オーダーメイドのアクセサリーなのです!!

自分に似合うヘッドパーツはどのようなものなのか・・・

イメージが湧かずに不安に思う方もいるかもしれませんが、心配はいりません。

事前に当日着る予定の衣装の写真を見せていただき、それを共有することでどのようなウェディング小物なら似合うのかを一緒に考えます!!

 

 

今回はこの7人のクリエイターさんのお力をお借りして生まれたイベントです。

結婚式を創る上でたいせつなのは、依頼する側も依頼を受ける側も同じ立場で目線で創るということです。

何事も依頼する側(発注する側)が偉くて、依頼される側(発注される側)が立場が弱いという関係ではいけないと思うのです!

なぜなら、結婚式はそれぞれの分野のプロが新郎新婦の幸せな1日のために全力で動いているから!!

プランナーだけがいいものにしたいと思うのではなく、一緒にいい結婚式にするという気持ちが大事なのです!!

ということは、もっとこうしたらよくなるのではないか!?と思うことは遠慮せずに言い合える関係でないといけません。

私たちは一緒に結婚式を創るパートナーさんとはそういう関係になりたいと思っています!!

 

8、まとめ

今回は豊田市の古民家・ニンジャマンションでの家族挙式体験イベントと、一緒に家族挙式を創るパートナーさんを紹介しました。

あなたなら、結婚式を創る際に何を大事にしたいですか?

華やかな結婚式場の雰囲気?

アクセスや予算?

確かにそれも大事です!

しかし、それ以上に大事なのは一緒に結婚式を創っていく「人」だと私は思います!!

これは、結婚式というかたちのないものを創っていくから必要だと思うのです。

 

もし同じ車であれば、少しでも安く手に入れられるディーラーさんであったり、自宅から近いところでもいいと思います。

車は買い替えもあるでしょうし、使用頻度が高いからです。

しかし、結婚式は一生に一度です。

また、誰かが創ったものと同じものを創るわけでも、目に見えるままに再現できるわけでもありません。

おふたりにはおふたりにしか出せない色があり、その周りにいるゲストがいるのです!!

だからこそ、一緒にイメージを共有して創っていく人が大事なのです!!

 

もしこのブログを見ていただいたあなたが同じような気持ちになってくれると嬉しいです。

そして、一緒にとびきり最高の結婚式を創れる日がくることを願っています!!

1月ラストのブログを読んでいただきありがとうございました。

また2月からも頑張って書いていきますので、ぜひ応援よろしくお願いいたします!!

ウェディングラップル 東浩二

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 

結婚式やフォトウェディングに関わるご相談は気軽にお問い合わせくださいませ。

コロナ禍におけるウェディングについてのお問い合わせが続いております。

おふたりにとって、少しでも気持ちが晴れるご相談ができればと思っております。

 

詳しくはお問い合わせページ(公式LINEでもOK)

もしくは

Mail:info@wedding-lapple.com 

にて「ブログを見て」とご記入の上ご相談くださいませ。

結婚式を創る上でたいせつな気持ち

皆さまこんにちは、ウェディングラップルの東浩二です。

2021年も早いものでもうすぐで1ヶ月が経ちますね。

1月に入ってから愛知県では緊急事態宣言が出され、さらに3月まで期間が延長する可能性も出てきました。

withコロナでの結婚式は続きそうです。

そこで今回は、この先お勧めしていきたい結婚式のスタイルをご紹介いたします。

結婚式を挙げようか悩んでいる方にも、選択肢のひとつとしてぜひ参考にしてほしいです!

1、結婚式に求められるものとは

結婚式を挙げても挙げなくてもいい時代の中で、結婚式を挙げる価値とはなんのか・・・

いつも考えさせられるテーマであり、私たち結婚式を創るものが誠心誠意向き合わないといけないものだと思います!!

もちろん答えはなく、その時々や時代背景によって変わるものでもあります。

そこで、今2021年1月において私たちが結婚式を挙げることで得られる価値を2つご紹介します。

 

◇身近にいる方のたいせつさを感じる

今までのように自分の家族に会うことさえ自由にできなくなっている時代において、改めて家族のたいせつさを感じることが増えたように思います。

私は現在愛知県岡崎市に住んでいますが、実家が三重県で車で4時間ほどかかる場所にあります。

毎年、夏と冬には帰省していましたが、ここ1年は実家に帰れていません。

きっと同じように、自分の家族に会うのも控えているという方もいると思います。

だからこそ、結婚式を挙げる際には親御様や兄弟など家族とすごせる時間の尊さを感じることができると思います。

そして、この先も今まで当たり前のように会えていた身近にいる方のことを大事にできる時間になると思うのです!

 

◇これからの人生と向き合う

もうひとつは、お互いの将来のことを考えるきっかけになります。

これは、挙式を通して得られるものではないでしょうか。

挙式では、夫婦としての誓いを立てます。

この先、どんな人生を送っていきたいか。

夫婦としてあるべき姿や、目標など、挙式の誓いの言葉を考えるにあたりそのようなことと向き合うことになります!

きっと、誓いを立てる時間を設けなくて夫婦として歩んでいける方もいると思いますが、誓いを立てることでしっかりとお互い約束をして未来と向き合うことができると思うのです。

どちらも、結婚式を挙げることで向き合うことになるものだと思います。

 

2、お勧めの結婚式プラン

コロナ禍においてどのような結婚式のスタイルができるのか。

これから考えていく方にお勧めのプランをご紹介いたします。

 

①家族挙式+感謝を伝えるウェディングプラン

これまで育ててくれた家族に、感謝の気持ちを伝えたい方にお勧めです。

家族挙式とは家族中心で行う結婚式のスタイルですが、その中で大事なのは「感謝の気持ちを伝えること」です。

家族中心での結婚式=家族挙式というイメージもあると思いますが、それだけではいい結婚式だったと言えるものかというと必ずしもではないと思います。

すべてのことには意味と目的があるので、家族挙式を考えるのであれば、しっかりと感謝を伝える時間を設けたいですね。

 

ちなみにウェディングラップル では、少人数の挙式セットとして、マイクやスピーカーの音響器具や、食事用テーブルのイミテーションフラワー、バージンロードや挙式アーチといったグッズを持っています。

このセットを使えば、地元の思い出の公園だったり、浜辺だったり、ご自宅のお庭をセレモニースペースにしてしまったり、どんな場所でも誓いの場所として創りこむことができるのです!!

誓いを立てる場所を考えてから、その後にお気に入りの小さなフレンチレストランで余韻に浸りながら感謝を伝えたりたり、会食をしなくても挙式の中に花束贈呈のような感謝のお手紙を進行に取り入れたりという時間も創ることができます。

「感謝を伝える」と言っても、自由な発想でかたちに縛られずに考えていくことができます!!

 

②家族と旅行を兼ねた宿泊型ウェディングプラン

なかなか遠くに行くことは難しいかもしれませんが、近場でも家族だけで宿泊を兼ねたウェディングスタイル。

マイクロツーリズムという言葉が生まれたほど、近場に目を向けてみるという発想が大事にされていますよね。

例えば、今までは気に留めていなかった風景も、よく見てみると新しい気づきがあったりすることも。

意外と観光地の近くに住んでいる方はその場所に敢えて行かないということがあるの同じ考えかもしれません。

この機会に親御様と一緒に宿泊も兼ねて結婚式を行うことで、普段は話せていなかったことを語り合えたり、昔は当たり前と思っていた時間を尊いと感じることができると思います!

 

実際にウェディングラップルでは、2020年には3組のお客様が宿泊を兼ねた結婚式あるいはフォトウェディングを行いました!!

この時期でも挙げようと思った理由としては、「今のふたりの姿を見せたい人がいる」「結婚式ができるのがいつになるかわからないのでフォトウェディングをしておきたい」というような声でした。

いつでもできるものではなく、今しかできないもの。

そういう思いから家族との特別な1日をすごしたいと思うのはごく自然なことなのではないでしょうか。

 

③フォトウェディング+ふたりだけの心誓式プラン

結婚式を挙げる時期が決められずに悩んでいる方は、先にフォトウェディングとふたりだけの結婚セレモニーを行うという選択肢もあります。

なぜ先にフォトウェディングと結婚セレモニーが必要なのかというと、この先の人生において夫婦としての絆を深めることが必要だからです。

何もしなくても入籍届を提出して認められれば夫婦にはなれます。

しかし、お互いに約束を交わすことで、この先に訪れるかもしれない困難や大きな壁にもふたりで立ち向かうことができると思うのです。

 

そこで、今のふたりの姿を一生の思い出になるようにフォトウェディングとして写真に残すことと、お互いの心に誓いを立てる時間が必要だと思うのです。

たいせつな方達を一斉に集めての理想のウェディングは、もう少し先延ばしにしたとしても、互いが結婚の実感を味わう事ができていたら、これから始まる夫婦生活がより深みのある日々へと変わっていくはずです。

大きな楽しみは少し先まで温めつつ、結婚を決めた「今」のタイミングで夫婦の特別な思い出を創ります。

④二部制ウェディングプラン

結婚式は、挙式+披露宴がひとつのセットになっている事が一般的ですが、実はメリット・デメリットもあるものです。

 

セットにするメリットとしては、

・大切な方が一度に集まる時間はこんな機会しかなく、ふたりがそれぞれ関わってきた方達をリアルに知る事ができる(親から挨拶もできる)。

・人が集まるからこその、お祝いの雰囲気の臨場感を味わう事ができる。

 

逆にセットにするデメリットとしては、

・大切な人たちが集まっているはずなのに、会話がゆっくりできず終わってしまう事が多い

(とてもプランの組み立て方の工夫が重要)。

・ふたりと関わる時間が短いからこそ、”おもてなし“の質でゲストの満足度も変わる。

・様々な年齢層や関係性のゲストに配慮しながら、ひとつの時間にまとめあげていく必要がある

(あの人はこういうの楽しんでもらえそうだけど、この人は気を遣うなど、時には選択肢の中でやりたい事を妥協していく必要もある)。

 

実はこのように一般的とされていた結婚式の場合だと、メリットデメリットが明確に出るものだと思います。

そこで、家族や親族との時間と、友人や職場の方との時間をわける二部制という方法があります。

こうすることで、一同に集まる人数を減らすこともできますよ。

 

二部制の場合は、1日の中で2回結婚式を行うという考えですが、そこまで難しいことはありません。

当日の流れとしては、

家族親族との挙式

→家族親族との会食

→会食が終わったらお見送り

→友人とのパーティ

→パーティ中に誓いを立てる時間

→1日のクライマックス

といった流れがお勧めです。

完全に同じことを2回するというわけではなく、1日を通して一貫性のあるウェディングとして意味をもたらせた進行にすることがポイントです!!

例えば、当日の映像をダイジェストmovieとして、後日感謝の気持ちと共に配信することで家族や親族、職場や友人にも1日を通しての結婚式でのメッセージを感じてもらうことができます◎

 

3、コロナウイルス感染予防対策

このようにお勧めしたいプランはありますが、もちろん大事なのは感染予防対策もしっかりと取りながら結婚式を行うということ。

私たちも事前準備から当日においては、絶対に結婚式やフォトウェディングからクラスターを出さないようにと十分に注意を払っています。

そこで、具体的にどのような対応をしているのかをご紹介します。

 

◇当日を迎えるまで

まずは準備段階で行うのは、感染予防グッズを作ることです。

これはどのようなものかというと、ゲストにもお配りができるグッズを作るということです。

・取り替え用マスク

・マスクケース

・抗菌おしぼり

・アルコール消毒用ジェル

こちらを袋詰めして一人ひとりの席に置かせておただきます。

そして、その袋の中にはメッセージも添えています。

結婚式を楽しんでおすごしいただきたい気持ちと、皆さまにも感染予防のご協力をお願いしたい気持ちを込めて。

 

◇当日の対策

結婚式の成功は事前の準備が8割を占めると言われるほど、いかに当日を迎えるまでが大事かということがわかります。

感染予防グッズの他にも当日対応していることがあります。

まずは、会場にお越しになったときの体温計測。

もちろん私たちも当日の朝にしっかりと体調チェックを行っています。

おふたりにも、たいせつなゲストの方にもまずはじめに37.5度以上の熱がないかを計測させていただきます。

もし熱があったら参加できなくなるということも考えられますが、やはり体調が優れない場合にはご参加いただくことが難しいのです。

今まで1人も該当したことがないのは嬉しいことです。

 

そして、会場内に入る前にはアルコール消毒のお願いをしています。

ここで気をつけないといけないのは、アルコール消毒と言っても実はアルコールの濃度がどれくらい入っているかということが大事なのです!

実は、アルコール60%以上が含まれていないと殺菌効果がないと言われてます。

お店で売られているものでも、「アルコール除菌」などという表記をよく見かけますが、しっかりとアルコールの度数もチェックしないとせっかくやっていることが効果がない・・・なんていうことも考えられるのです!

 

また、十分に換気することも徹底しています。

例えば、昨年一番多く利用をさせていただいた会場の、ニンジャマンションでは会場の南側と北側の扉を開放して行いました。

雨が降ったり少し肌寒い日もありましので、その際には南側と北側の扉を閉めつつも、会場に入る入り口は常に開放した状態にしました。

家族だけの結婚式が多かったですが、人数の多い少ないに関わらず換気をして常に空気の流れを作ることが重要なのです。

 

食事中には、料理やドリンクを運ぶことになるので、その際にも60度以上のアルコール消毒液で除菌してから提供しています。

結婚式中はサージカルマスクスタイルで、飛沫感染を防ぐように努めています。

基本的なことですが、手洗いもとても重要です。

いそがしいからや、これくらいならいいかなということは一切許されません。

やりすぎなくらい対策をしておいて、やっと安心して結婚式を創ることができるのです。

これは、私たちプランナーだけではなく、一緒に結婚式を創るスタッフには協力をしてもらっています。

誰ひとり意識が欠けてもいけないものなのです!

 

4、私が結婚式と向き合う理由

この1年は今までにないほど結婚式のことを考える年となりました。

「結婚式はなぜ必要だと思うのか」

「自分にできることとは」

たくさんの新郎新婦さんが悩まれている中で、自分にできることを模索し、発信し、ときに無力さを感じながらも、やっぱり結婚式を挙げてほしいと思うのはなぜなのか・・・

結婚式をしてもしなくても、果たして本当にふたりの人生に影響はないのか・・・

 

たくさんの自問自答をしてもなお思うのは、やはり結婚式は夫婦になるふたりにとって必要な時間だということです。

ただ、そのかたちはさまざまで、ふたりだけの場合もあれば、家族とすごす時間であったり、写真だけであったりしていいと思うのです。

ではなぜそこまで思えるのかというと、私自身も結婚式をしてよかったという思いがあるからです。

結婚式を迎えるまでにはたくさん意見の違いもあり、ときにはケンカもして夜遅くまで話し合ったこともありました。

今までは創る側でしたが、初めて新郎新婦さんの立場で結婚式と向き合うことができました。

 

夫婦として同じ人生を歩んでいくことって、本当にすごいことですよね。

生まれた場所も価値観も経験も違う人と、同じ生活をしていくということ。

少し窮屈に感じることもあれば、生活リズムや価値観が違うなんてこともあるはずです。

それでもこの人と人生を歩んでいくと決めた時間があるから、いろんな壁も乗り越えてこれたと思うのです。

きっと自分自身も結婚式をしていなければ感じられなかった気持ちがあると思います。

口で言うほど簡単なことではないかもしれませんが、結婚式を挙げてよかったと思える人を増やすのが私の使命だと思っています。

どんな時代になろうと、誰かのために生きることが自分の幸せにつながる。

私はそう信じています!!

 

5、まとめ

初めてこのブログを見ていただいた方には少し硬いイメージを持たれたかもしれませんが、2021年1月29日の私の気持ちを綴りました。

先が見えないことをやってくのは不安で、何か目に見えるものを得たいと思うのが人の気持ちだと思います。

この先もコロナ禍での結婚式は続きます。

しかし、これをアンラッキーなことではなく、今だからできた結婚式のスタイルだったねと言ってもらえるように。

あのとき結婚式をしてよかったねと心から感じてもらえるように。

そのためにできることを、私は全力でサポートいたします!!

 

その時代に合わせた結婚式のスタイルが生まれ続ける限り、夫婦として人生を歩んでいく人がいる限り、私は結婚式の持つ可能性を伝え続けていきます!

必ずこの時間があってよかったと思える人生にするために!!

 

ウェディングラップル 東浩二

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 

結婚式やフォトウェディングに関わるご相談は気軽にお問い合わせくださいませ。

コロナ禍におけるウェディングについてのお問い合わせが続いております。

おふたりにとって、少しでも気持ちが晴れるご相談ができればと思っております。

 

詳しくはお問い合わせページ(公式LINEでもOK)

もしくは

Mail:info@wedding-lapple.com 

にて「ブログを見て」とご記入の上ご相談くださいませ。

岡崎で結婚式を挙げるならフリープランナーがいい3つの理由

皆さまこんにちは、WEDDING LAPPLE(ウェディングラップル)の東浩二です。

今年は6時に起きてブログを書くことが多いですが、暗い空からだんだんと橙色に移りゆく空はとてもきれいです!

 

さて、突然ですがフリープランナーという存在を知っていますか?

言葉は聞いたことがあるけど、実際はどんなことができるのかわからない方もいるのではないでしょうか。

まだまだ馴染みがない存在かもしれませんが、私たちウェディングラップルはフリープランナー3名のチームとして結婚式を創っています。

全国どこでも結婚式を創れますが、三河に特化して活動しているのが、MIKAWA WEDDING LAPPLE(三河ウェディングラップル )というブランドです。

特に、岡崎は私が住んでいる地域でもあり、代表の生まれ育った街ということでこれまでも一番結婚式を創ってきた実績があります。

そこで今回は、岡崎で結婚式を考えている方は必見!!

「岡崎で結婚式を挙げるならフリープランナーがいい3つの理由」をお伝えします。

初めてフリープランナーに触れる方にも、「こういう選択肢もいいかも」と思っていただけるよう心を込めてお贈りします!!

過去の実例も出てきますので、ぜひ最後までご覧ください。

1、なぜ岡崎で結婚式を挙げるのにフリープランナーがいいのか

それでは早速、3つの理由をお伝えしていきます!

 

①価値観に合う【会場(場所)】から提案できる

これは、おふたりの結婚式の価値観に合う会場(場所)からご提案できるということです。

私たちの場合は、特に決まった会場があるわけではないので、ヒアリングから見えてきた価値観に合わせてご紹介できます。

 

結婚式場を探す場合に、もともと憧れやイメージを持っている方もいます。

・大聖堂で挙げるのが憧れ

・ガーデンがある会場で挙げたい

・料理のおいしいところがいい

などなど、事前にこんな会場がいいなと希望を持っている方。

もしくは、あまりイメージができずにとりあえず会場見学に行ってみようと思われる方も多いです。

 

私が以前勤めていた会場では「貸切・料理・スタッフ」を大事して結婚式を創っていました。

なぜこの要素がいい結婚式には必要なのかということをプレゼンして、その価値に共感して選んでいただいていました。

ただ、すべてのお客様が最初からこの価値観に当てはまるわけではありません。

例えば、

・何よりも予算重視

・いろいろ持ち込みしたいものがある

という方の場合、「正直この会場ではない方がいいな」と思ったり、「このお客様ならこんな場所で結婚式をする方がふたりらしいな」と考えることもありました。

それでも、会場に属しているプランナーである以上、いかにこの会場で結婚式を挙げていただけるかを考えながら接客していました。

 

それが今のフリープランナーという立場であれば、おふたりへのヒアリングから見えてきた価値観を叶えるにふさわしい会場や場所から提案できるのです。

招待したいゲストの人数や、結婚式で叶えたいこと、結婚式をすることで得たいと思うことなどを聞きながら、おふたり自身も気づいていない本当の気持ちを一緒に探していきます。

私自身が会場プランナーからフリーという立場で活動していきたいと思った理由のひとつが、もっと自由に結婚式をプロデュースしたいと感じていたからです。

アングルでの家族挙式

 

三河ウェディングラップルでも、岡崎市の公園などの公共施設での結婚式も行ってきました。

岡崎の街には結婚式場以外にも、自然を感じられる場所や食事を楽しめるレストラン、実家など結婚式を創れる環境がたくさんあります。

緑が豊かで、昔ながらの佇まいとセンスのいい今どきの建物が融合する街だからこそ、結婚式ができる条件を整えればどんな場所でも特別な1日を創ることができるのです!!

多くの方は結婚式場での結婚式でも満足できると思いますが、こんな選択肢もあったんだということを知っていただきたいです。

 

◇結婚式場に見学に行くのがお勧めの方

・今まで出席して来た結婚式と同じようにできればいい

・憧れの大聖堂や式場がある

 

◇フリープランナーに相談するのがお勧めの方

・自分たちの価値観に合う会場で挙げたい

・具体的なイメージがない

 

今の時代は会場見学1件目でお申し込みされる方が多いです。

もちろん、気に入った会場で納得した上でお申し込みされていればいいのですが、そうではない方もいるのが実情です。

1組でも多くの方が、自分の意志で結婚式場を決めて、その後の打ち合わせも不安なく進めていけるようにしたいと思っています。

 

②共に結婚式を創る【人】を大切にできる

2つ目は、人のつながりを活かした結婚式ができるということ。

私の周りにいる方の中には、地元のカメラマンやビデオグラファー、美容師さんとつながりが強い方もいます。

私のイメージですが、岡崎は人とのつながりを大事にされて事業や仕事を行っている人が多い地域ではないかと感じています。

 

実際に、過去にアウトドアウェディングをされたお客様は、もともと人のつながりがとても強い方でした。

セルフプロデュースというような形で、最初の段階でクリエイターさんはほとんど決まっていました。

結婚式場で行う場合だと、「お持ち込み」として対応していただかないといけないパターンですね。

ただ、このお持ち込み自体が禁止されている会場もあるのです。

提携のカメラマン、ビデオグラファー、フローリスト、美容師さん、司会者など、特に人に関わるものに関しては厳しいですね。

 

もちろん、結婚式場の場合だと毎週結婚式を行っているので、いつも慣れたもの同士で創ることでいいクオリティを提供できるということもあります。

しかし、クオリティではなく、売上を保つために持ち込みは禁止しているというケースも多いです。

それが悪いというわけではありません。

会場を維持していくためには必要なことですからね。

 

また、私たちの場合は新郎新婦に合わせてクリエイターを組み合わせるということができます。

例えば、同じメイクさんでも性格や得意なヘアメイクも違います。

新婦さんの雰囲気を理解し好みを知ってから、当日の花嫁姿を一番美しく仕上げてくれるであろう方をご紹介します。

おふたりの結婚式の魅力を最大限引き出すのが、私たちプランナーや一緒に創っていくクリエイターの使命だと思うのです!

 

 

◇結婚式場に見学に行くのがお勧めの方

・写真や、映像、メイク、装花などこだわりがないのでお任せでいい

・パッケージ化されている方が楽でいい

 

◇フリープランナーに相談するのがお勧めの方

・周りに写真、映像、メイク、装花などに携わっている方がいる

・自分たちの性格や価値観に合うクリエイターを紹介してほしい

 

私は会場の雰囲気よりも、どんな人と結婚式を創っていくのかを大事にしてほしいと思っています。

だからこそ、フリープランナーであれば人と人の組み合わせを考えてご提案することができます。

 

③【予算】に合わせて本当に必要なものを選択できる

3つ目は、自分たちが本当に必要なものだけを選択できるということです。

結婚式の準備段階でよくあるのは、当初のお見積もりから金額がどんどん上がってしまうということ。

もしくは、契約時に結んだプラン以外に変更しようと思うと、予算が上がってしまうということも。

これは、お見積もりに設定されているものが最低限のランクだったりするのが原因です。

 

結婚式以外だと、家を建てる打ち合わせでも同じようなことが言えると思います。

最初に出してもらったお見積もりから、打ち合わせの中で細かなことを決めていこうと思うと、やっぱりいいものに目がいくものです。

総額が大きいものなので、一つひとつの項目が少し上がっても途中からもういいやとなりやすいものでもあります。

私自身も家を建てるときに、途中から金銭感覚は鈍っていたと思います。

結婚式場見学の段階で、明確にこんな結婚式がしたいという方は少なく、ましてや予算について衣装はこれくらい、装花はこれくらいというイメージを持っている方はいません。

もちろん、どのくらいのボリュームでいくらになるのかも検討がつかないと思います。

だからこそ、打ち合わせで理想を聞かれて答えていったものを叶えようとすると、予算がとんでもなく上がってしまうなんてことも。

 

ただ、私たちの場合は最初のヒアリング時に場所の提案から始まり、一緒に創るクリエイターもある程度最初に決まります。

お申し込みいただく段階で、すでにゴールが半分見えている状態になるので、予算もほとんど変動がないもので作ることができるのです。

また、クリエイターや商品に高いマージンはかかりません。

例えば、同じ1万円でゲストテーブルのお花を作ろうと思うと、結婚式場と比べて私たちの方がお花のボリュームは増えると思います。

そして、パッケージプランとして、必要ないと思うものでも含まれたプランとして販売していません。

こうして、一つひとつの商品を納得して選んでいくことで、無駄な予算も抑えることができるのです。

 

◇結婚式場に見学に行くのがお勧めの方

・パッケージプランの内容でそのまま結婚式ができればいい

・結婚式を挙げれればそれだけで満足

 

◇フリープランナーに相談するのがお勧めの方

・必要と感じるものを選んで料金を支払いたい

・料金が上がることに不安を感じている

 

結婚式を創る上で切っても切り離せないのは料金です。

大きな金額になるので、価値に納得して選んでいけるといいですね。

 

 

2、岡崎での結婚式事例

ここからは実際に行われた岡崎での結婚式の様子も紹介しますね。

 

◇乙川でのアウトドアウェディング

岡崎市の中心を流れる乙川。

2015年から2020年の5年間は、「乙川リバーフロント地区まちづくりデザイン基本構想」として、特に人が集まるまちづくりに力を入れてきました。

現在は、「QURUWA(くるわ)」と呼ばれる周囲3kmほどの主要回遊動線としても人気スポットで定期的にイベントも開催されています。

この乙川の河川敷でのアウトドアウェディング です。

 

乙川といえば、「岡崎城下舟あそび」という渡し船が有名です。

春には岡崎城周辺の桜を楽しむこともでき、大いに賑わいます。

このアウトドアウェディングを行うことになったのは、新婦さんが幼い頃から遊んでいた乙川でいつか結婚式をしたいと思っていたのが背景にあります。

結婚式でも渡し船で登場し、幼い頃からの夢を叶えることができました!!

 

おふたりとも人のつながりが強く、ヘアセットは地元の美容師さんにお願いしたり、カメラマン、司会者、装飾などもすべて地元関係者の方々。

打ち合わせも何度も重ねて当日を迎えました。

行う内容も岡崎に絡んだものばかりで、ケーキ入刀ならぬ丸太入刀。

地元の製材屋さんにも協力してもらい、こんな演出が生まれました。

アウトドアウェディング に初めて参加される方も多かったと思いますが、誰でも気軽に楽しめるのも魅力のひとつ。

老若男女が馴染みのある場所で行われる結婚式を、心から楽しんでいる様子が印象的です。

近くにかかっている橋からも、通りがかりの学生さんたちが「おめでとう!!」と声をかけてくれる場面もありました。

まさに、街と人が一体となった結婚式でした!!

◇篭田公園でのアウトドアウェディング

先ほどの乙川周辺のQURUWAにも入っている篭田公園

平日・週末関わらずにキッチンカーがきたり、お子様連れの人で賑わう公園です。

同じく岡崎市の中心で行われた結婚式。

まさに、街と結婚式が一体となったかたちです。

日常の風景が特別な1日になっていくのを準備段階から感じていました。

2019年に再整備工事が終わり、新たなシンボルとしてリニューアルしました。

この当時はこのようなステージもあり、フェスのような雰囲気でしたね!!

途中でお色直しもしてアットホームな時間が流れていきます。

アウトドアウェディング の場合は、会場で行うよりも多くの人が結婚式に携わります。

1つひとつの時間が行われる裏側では、たくさんの協力者がいるのです。

街のシンボリックな公園での結婚式。

参加者も私服で自由に楽しむスタイルで、結婚式の結びには集まっていただいた皆さまの前で誓いを立てるセレモニー。

結婚式には必ずどのようなかたちであれ「誓う」ことが必要だと思います。

この誓いをおふたりでたいせつにしながら、周りにいる方にも支えられながら夫婦として歩んでいくのです。

 

◇Pantagruelico(パンタグルエリコ)でのレストランウェディング

続いては地元のレストランでの結婚式。

2019年【ミシュラン東海】に掲載された岡崎の本格イタリア料理店のPantgruelico。

料理を楽しみながらの温かい時間になりました。

友人を中心に行われた結婚式では、ひまわりをテーマにしたアイテムがいっぱい。

「あなたのことだけを見つめます」という花言葉が似合いますね。

かしこまった感じではなく、いつも通りの新郎新婦と会話できるようなそんな時間が流れていました。

今回は、食事を楽しんでいただいたあとに誓いを立てる時間を設けました。

新たな人生の門出となる道のりは、皆さまに花道を作ってもらいます。

個人的には、このセレモニーのあとの門出の時間が大好きです。

自分たちがたいせつにしている方々に見守られながら、夫婦としての一歩を踏み出せる瞬間。

ありがとうとおめでとうの気持ちが飛び交う光景は、きっとおふたりの心にも刻まれるでしょう。

 

◇龍城神社での神前式

岡崎は神社やお寺も有名ですね。

あの徳川家康公が生まれ育った場所としても知られる、岡崎城本丸にある龍城神社での結婚式。

春は桜の名所としても多くの方で賑わう、岡崎の人なら知らない人はいない場所です。

こういう伝統が感じられるスポットが多いのも岡崎の魅力ですね。

今回の新郎新婦さんは国際結婚ということもあり、日本の文化に触れつつ地元岡崎での結婚式となりました。

お母様から娘へ花嫁の総仕上げとして行う、紅差しの儀。

親子の愛情を感じる場面ですね。

日本の結婚式文化において、着物は欠かせない存在です。

また、海外生まれの方にとっては、日本の文化を肌で感じていただける機会になります。

まさに国境を超えた文化交流であり、言葉がなくても夫婦を祝福する気持ちは人類共通なのです!!

龍城神社で挙式を終えた後は、場所を変えて友人も招待しての披露パーティも行いました。

和装のときには花嫁タクシーという専用のタクシーに乗って移動するのです。

 

◇自宅での花嫁支度

最後に、生まれ育った自宅での花嫁になるという選択肢。

今から40年ほど前までは結婚式といえば、自宅で行われていました。

一軒家が多い地域でもあるので、自宅で花嫁姿をお披露目できるのも岡崎では伝統として残っています。

私も自宅でのお披露目を自らの結婚式でも経験していますので、ぜひ多くの方にも知っていただきたいです。

結婚式をしなくても夫婦生活を始められる時代ですが、我が子を思う気持ちは変わりません。

今回は、花嫁の自宅で着付けをし、新郎にもこの場所で花婿姿にお着付けしていただきました。

こうして、けじめをつけることは新たな人生を歩み始める上でもとても大事なことです。

新郎さんには大きな緊張があったかもしれませんが、親御様からも娘を託す親御気持ちを感じれる時間になります。

また、近所の方へのお披露目も行い小さい頃からお世話になった方々からも祝福される時間となります。

今までの感謝の気持ちもこみ上げてくる時間ですね。

 

岡崎の街で行われた結婚式をご紹介してきましたが、皆さまの参考になりましたでしょうか。

いずれの場所も、専属でプランナーがいるわけではないので、私たちフリープランナーがおふたりと一緒に結婚式の準備をしてきました。

岡崎にはまだまだ魅力的に結婚式を行える場所があります。

私たちフリープランナーが、おふたりの価値観に合わせた場所と人と一緒に結婚式を創っていきます。

 

 

3、まとめ

今回は、岡崎で結婚式を考えている方に向けて、フリープランナーと共に創り上げる結婚式の選択肢についてご紹介してきました。

 

近年、結婚式はさまざまなスタイルが出てきましたが、特に昨年からは大きな変化がありました。

結婚式場には式場の魅力があり、フリープランナーにはフリープランナーにしかできない魅力があります。

どちらでも、結婚式に情熱を持って取り組むプランナーがいます。

その中で、おふたりが自分たちの意志を持って結婚式と向き合えるように。

本当にたいせつにしたいものや、人を考えて結婚式を創れるように。

そんなことを想いながら日々、地元岡崎で結婚式を挙げることで幸せを感じられる夫婦を増やしたいと考えています。

 

結婚式をすることで、この先の人生が豊かになりどんな困難もふたりで乗り越えられる力がつく時間をお創りします。

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 

結婚式やフォトウェディングに関わるご相談は気軽にお問い合わせくださいませ。

コロナ禍におけるウェディングについてのお問い合わせが続いております。

おふたりにとって、少しでも気持ちが晴れるご相談ができればと思っております。

 

詳しくはお問い合わせページ(公式LINEでもOK)

もしくは

Mail:info@wedding-lapple.com

にて「ブログを見て」とご記入の上ご相談くださいませ。

ニンジャマンション結婚式レポート・豊田で行う家族式

皆さまこんにちは、WEDDING LAPPLEの東浩二です。

2021年に入り、新型コロナウイルス感染拡大により愛知県でも3度目の緊急事態宣言が出されました。

きっと、すでに結婚式を予定していた方も、これから考えていこうと思っていた方も、この先どうすればいいのかと悩まれていると思います。

昨年も、多くの新郎新婦さんと一緒に悩み、励まし、時には何もできない無力さに涙してきました。

そんな中でも思うこと。

それは、結婚するおふたりにとってこの先の人生を歩んでいく中で、支えとなる時間を創りたい!

私たちができることは、結婚式ができるかできないかの相談と向き合いながらも、結婚式がしたいと思える1日をご提案すること。

おふたり自身も、こんな結婚式ならやっぱりやりたい!!そう思えるものを創ることだと思うのです!!

この先もコロナ禍での結婚式は続きます。

しかし、それを悲しいと捉えるのではなく、この時代の中でも私たちは力強く前へ進んでいくことができたと思っていただけるように。

 

そこで今回は、2020年11月に愛知県豊田市の古民家で行われました、家族の絆を深めた家族挙式のレポートをお送りします。

さまざまな結婚式のスタイルがある中で、この記事を見ていただいた方の選択肢のひとつに家族挙式が入ると嬉しいです。

少し長くなりますが、イメージがわくように素敵な写真もたくさんなのでぜひ最後までご覧ください!

1、家族挙式を迎えるまでに

まず、今回の家族挙式を迎えたおふたりですが、もともとは同年の5月に結婚式を予定されていました。

2020年4月に全国に初めて緊急事態宣言が出され、遠方から来るゲストのことも考えて5月から11月に延期する選択をされたおふたり。

招待するゲストも当初予定していた人数から家族だけでの結婚式に切り替えて、家族挙式として準備を進めてきました。

私たちにとっても、この日は待ちに待った大切な1日だったのです。

 

◇古民家ニンジャマンションとは

まず今回の家族挙式を行った場所からご紹介します。

会場:The Ninja Mansion(ザ・ニンジャマンション)

住所:〒444-2336 愛知県豊田市下佐切町日カゲ15番地

Web:https://lapple-more.com/

 

過去のブログでもご紹介してきた、愛知県豊田市の足助にある大自然に囲まれた古民家です。

実は、豊田市は人口の割に結婚式場が少ない地域でもあるので、もっと多くの方に知っていただければと思う会場です。

名古屋から車を1時間ほど走らせれば、素敵な家族挙式会場に来れます。

宿泊もできるので、今回は結婚式後に家族とゆっくりと時間をすごされました。

どこか懐かしい気持ちにさせてくれて、家族の温かみを感じられる場所なのです。

こちらで結婚式やフォトウェディングをされた皆さまからは、「また来たい!」「今度はゆっくり宿泊したい!!」という感想をいただきます。

過度な設備はいらない、シンプルでありながら心を通わせることができる空間が魅力です。

 

2、家族挙式当日のプログラム

それでは、結婚式当日の様子をレポートしていきますね。

皆さまもこの場所にいるような気持ちで見ていただけると嬉しいです!

 

◇お支度できるまで 心を整える時間

この日は15時から挙式スタートということで、おふたりは11時30分に会場入りされました。

間もなくしてご両家のご家族も到着。

おふたり合わせて8名での結婚式です。

 

先に新婦さんからお支度が始まるので、通常新郎さんは1時間少し待ち時間となります。

この日は、会場に設置したメインツリーに思い出の写真を飾りながら着替えの時間になるまで待機です。

一緒に待つご家族とも一緒に懐かしい写真を見ながら、少しずつ緊張感がほぐれていくようでした。

こういう時間が結構大事なんですよね。

多くの場合は、着替え室に入ると出てはいけないということもあり、待っている間ひとりで緊張感が高まるなんてことも。

このニンジャマンションでは、家族中心の結婚式が多いので「いつも通りの中に特別感」を感じることができるのです。

 

親族と一緒にアルバムを見返しながら、「こんなこともあったねぇ」と思い出話しに華が咲いていきます。

小さい頃に、「その話、もう何回もよく聞いたよ」という経験はありませんか?

自分があまり記憶にない頃の話を、やたら楽しそうに家族や親戚が話しているということ。

年を重ねて思うのは、確かに姪っ子や甥っ子の小さい頃の様子ってよく覚えているんですよね。

だから、「あんなに小さかった〇〇ちゃんがこんなに大きなって・・・」なんて、よくあるおじさんおばさんからの言葉になるんでしょうね。

でも、こういう時間が家族や親族との距離を近づけていくんです!

 

こうして、新郎が親族との思い出に浸っている間に、新婦のお支度は進みます。

普段は自分でするヘアメイクをプロにお願いする日って、人生の中でもそんなに多くないですよね。

男性からすると、少し羨ましいなと思う部分です!^^

当日のヘアメイクは、事前にリハーサルをすることが多く、メイクさんとは結婚式が2回目に会う機会になります。(前撮りなどで会う場合も)

私たちプランナーは、最初にお問い合わせをいただいてから、たくさんの打ち合わせを重ねて当日を迎えます。

ただ、メイクさんの場合は少なければ当日初めまして、多くても2回目の状態でヘアメイクを進めていきます。

それでも、信頼関係を築くのがうまい!いつも安心して任せられるのは、技術だけではなく心のケアもしていただけるからです。

緊張する新婦の気持ちをうまく整えながら花嫁支度をしていくのは、さすがプロの技です!!

 

いつもの新婦から大きくかけ離れずに、本来持っている魅力を最大限引き出すのがプロのメイクさんだと思います。

緊張感の中にも、大きな決意を感じるようなそんな表情に変わっていくのが好きです。

 

この日は前日から雨の予報。

もちろん雨でも最幸の結婚式にする気持ちに変わりはありません!!

でも少し神様にもお願いしたくなります。。

 

◇ファーストミート この人と結婚してよかったと思える瞬間

そして、お互いのお支度が仕上がったところで、ファーストミートを行いました。

結婚式の中でも特に好きなシーンです。

今まで見てきたお互いの姿の中でも、一番の思い出となるような時間。

この人とこれから歩んでいく実感がわく時間。

数え切れないほど会ってきたどの姿よりも、美しく、かっこいいお互いの姿を目に焼き付けてほしい。

そんなことを思いながらお声をかけさせていただきます。

 

緊張しながらも、大好きな相手のもとへ一歩ずつ近づいていき、お互いの姿を見る瞬間。

このときの気持ちは一生忘れられない思い出となっているでしょう。

作られていない、心からの表情が表れます。

大粒の涙が溢れることもあれば、弾けんばかりの笑顔のときも。

おふたりの想いがそのまま素直に表情になります。

 

新郎さんのこの優しそうな表情。

世の男性の皆さま、普段は言葉にして言えてないこともこの日は必ず口にしてくださいね!!

「きれいだよ」「かわいいね」

花嫁姿になった結婚相手はどのように映るでしょうか。

 

◇記念写真 当日の思い出を鮮やかに残す

ファーストミートを終えた後は、おふたりの写真タイム。

今回は挙式まで家族にも晴れ姿は見せないとなっていたので、ふたりだけで写真を撮っていきます。

天気なんて気にならないほどの満面の笑み。

やっとこの日を迎えられたという気持ちが表れているようです。

 

ニンジャマンションを象徴する場所が、この縁側。

雨が降ってもなんのその。

どんどん素敵な思い出が撮られていきます!!

ブーケもウェディングドレスとすごく似合っています^^

デザイナーさんとこだわって決めた甲斐がありますね。

 

夫婦の表情って、だんだん似てくると言われますよね。

私自身も言われたことがありますが、確かにそんな気がします!!

楽しいことも辛いことも同じ時間を同じ気持ちで分け合うからこそ、似てくるんでしょうね。

おふたりの笑顔もそう感じるものでした!!

 

 

◇大切なゲスト 祝福の気持を届ける

実は今回、この場所に来れなかった家族もいました。

新郎の弟さん夫婦です。

大切な家族だからこそ、一緒にこの日を過ごしたい。

そう思い、リモートで参加していただきました!!

リモートで生中継して結婚式を行うなんてことが、1年前には想像できたでしょうか。

コロナ禍で、人と人のつながりを感じたい、直接会えなくても心は通じているということをかたちにしてくれたのがリモートだと思います。

今回は披露宴が終わるまでずっとつなぎっぱなしで、同じ時間をすごしていただきました。

 

そして、挙式前におふたりの晴れ姿を見にきた友人の皆さま。

こうして顔を合わせて、おふたりからは「ありがとうの気持ち」を、ゲストからは「おめでとうの気持ち」を通わせることができるのは幸せなことです。

 

◇挙式 お互いの心に誓う“心誓式”

さぁ、いよいよ挙式の時間を迎えます。

前日は外の庭で挙式アーチを設置してリハーサルを行いましたが、まだ雨はやまずということで室内に変更しました。

もちろん雨でもまったく心配はいりません。

結婚式当日を迎えるまでにさまざまな想定をしているので、焦ることなく準備を進めることができました。

 

そして、おふたりの入場です。

嬉しそうに見つけるおばあちゃんの表情が印象的でした。

家族挙式の場合、ダイレクトにおふたりと家族との気持ちが通じ合うのがいいですね!

ここで初めてご家族に晴れ姿をお披露目です!!

 

この挙式をより良いものにするために、私たちがこだわっているのが生演奏です。

CDでも行うことができるのですが、生演奏にこだわる理由。

・シーンに合わせて曲に抑揚をつけることができる

・コメントに合わせて曲の長さを変えたり、抑揚をつけることができる

・その場にいる全員の心に響く感動を与えることができる

このような理由で、おふたりとも相談し可能な限り生演奏を取り入れた結婚式をご提案しています。

 

まず挙式の初めには、親御様から我が子それぞれの向けてのメッセージ。

小さい頃の思い出や、この先の幸せを願ってをひとつずつ言葉にして届けていただきました。

おふたりの心にもしっかりと届いたでしょうか。

 

その後、誓いのキス、指輪の交換を交わして、挙式の結びに未来へ向けての誓いの言葉です。

おふたりで考えたこの先の人生で大切にしたいこと。

お互いの心に誓いを立てていただきました。

コロナ禍でも結婚式を行う理由が、私は挙式にあると思います。

何よりも、この先をともに歩んでいくお互いに向けて約束を交わすことで、どんな困難も一緒に乗り越えていけると思うのです。

そして、この誓いを見守っていただいた家族には、これからもふたりのことを支えていただけるように、応援していただけるように、そう願っています。

 

挙式の退場シーン。

未来へ続く道のりを歩まれるおふたりの姿は、入場のときよりも晴れやかに感じます。

いい挙式になったなと感じた瞬間です。

 

その後は、家族との写真タイム。

前日は外でリハーサルした挙式アーチは入り口の土間スペースに飾りました。

素敵なフォトブースに早変わりです!!

 

◇会場コーディネート 心地よい時間をすごすために

おふたりと家族の写真タイムが続く中で、先ほどの挙式会場を披露宴会場へとセットチェンジ。

シェフやメイクさんも一緒になって、短時間で整えることができました!

この日一番チームを感じる瞬間だったかもしれません!!笑

結婚式は温度感が大事です。

せっかく盛り上がった気持ちをそのまま保つように、間延びしない進め方が大事なのです!!

 

プレートの左側には1人ずつに正方形の木箱が置いてありますが、今回の食事会ではこちらに仕掛けがありました。

それは後ほど紹介しますね。

◇食事会スタート 家族との絆を深める時間-

先ほどの挙式セットとはがらっと変わった場所で食事会スタートです。

家族挙式の場合、アットホームに食事をメインとした時間をすごされる方が多いです。

 

「食事をメインにして時間って持つの?」

今までの結婚式を想像されると、余興やスピーチ、お色直しもあったけど大丈夫と思われる方もいるかもしれませんね。

「まったく心配いりません!」

食事をメインにしても、退屈させない工夫はできます◎

結婚式に出席して、あまり新郎新婦さんと話せなかったという経験はないですか?

家族挙式で大切にしているのは、おふたりと家族の絆を結ぶということ。

それは、会話の時間も重要な演出に入ります。

今回の食事会でも、シンプルながら心通わせるプログラムを考えていました!

 

お気付きの方もいたでしょうか。挙式のときにも、家族と同じ目線でパソコンが1台椅子に置かれていました。

そうです、新郎の弟夫婦さんも挙式に参加し、食事会に合わせて一緒に食事もスタートです。

お子様もいらして、お母様もお孫さんの様子を見れて嬉しそうです!!

◇料理 -おふたりからのおもてなしの心-

食事会で重要なのは料理ですね。

こちらのニンジャマンションで家族挙式を行う際には、出張シェフとして Your Chef さんに料理を作ってもらいます。

この出張シェフとは、レストランではない場所でもフルコースを作っていただくことができるのです。

ジャンルもフランス料理から和食まで幅広く対応可能です。

おふたりだけのオリジナルメニューでおもてなしできるのがいいですね◎

 

以前は大手式場で腕を磨いた経験もあり、見た目も味も最高です!!(そしてイケメン!)

料理がひとつの演出になることで、自然と会話も弾みます。

家庭でも、初めて作る料理が想像よりもおいしくできたときってテンションが上がりますよね!

この想像を超えるということが大事なのです。

事前に試食をしてメニュー内容を考えていたので、おふたりも安心して食事を楽しんでいただけたと思います。

 

◇親族紹介タイム -想いを届ける時間-

食事を進めていただきながらのプログラムとして、親族紹介の時間を設けました。

とはいえ、固い時間ではなく家族親族の皆さま一言ずつおふたりとの思い出などを話していただき、おふたりからもどのような方かの紹介をしていく時間です。

もちろんリモートで参加の弟さん夫婦のことも紹介していきます。

 

幼い頃の思い出話しは、おじさまやおばあちゃんからよく聞かされていたかもしれませんが、おふたりからおじさまやおばあちゃんに思っていた気持ちを聞く機会って少ないですよね。

きっと初めて「そんな気持ちだったんだ」と感じることもあると思います。

新婦さんからの言葉に、思わず涙ぐむおじさまの姿はまさにその表れでした。

おふたりからはこれまでの感謝の気持ちを込めて、家族からはおめでとうの気持ちを込めて。

この時間が今回の家族挙式では絆を深める時間になったと感じるものでした。

お魚料理を食べながら始まり、お肉料理が食べ終わる頃まで和やかな紹介タイムは続きました。

私たちも知らなかったおふたりの幼い頃の様子も聞けて、なんだか随分前から知っているような気持ちになりました。

 

◇ケーキ入刀 -幸せのおすそわけ-

その後は秋にぴったりな栗のクリームを使ったウェディングケーキの登場です!

こちらのケーキもYour Chefさん手作りのオリジナルです!!

結婚式といえばケーキ入刀はしないといけないの?

みんなやっているからやらないといけないわけではありません!

ただし、する意味があると感じられたなら素敵な演出になることは間違いありません!!

おふたりの場合は、サンクスバイトとしてお母様と妹様にケーキを食べさせてあげました。

息子から、お姉ちゃんから、ありがとうの気持ちを込めて行うことに大きな意味がありました。

◇記念品贈呈 -絆を深めるためのアイテム-

デザートタイムも楽しんだあとは、いよいよクライマックスへと入っていきます。

最初からテーブルコーディネートの一部として飾ってあった木箱。

この中身を全員でいっせいに見てもらいます。

 

中に入っていたのは、色とりどりのデザインのコップです。

皆さま思い思いにコップを手に取り、嬉しそうな表情をされていたのが印象的です!

このコップは、このあと宿泊をする家族とはさらに絆を深める時間になるよう、何か飲みながら語ろうよというおふたりの気持ちが込められていました。

ニンジャマンションでの家族挙式では、食事会後も宿泊を兼ねてゆっくりと思い出話をすることもできるので余韻にひたることができるのも魅力です。

 

◇感謝の言葉 -これまでの想いを込めて-

そして、おふたりからは家族に向けたお手紙を用意していただいていました。

これまでの人生で大きな支えとなってきた家族に向けて、しっかりと感謝の気持ちを伝える時間です。

結婚式で絶対に行わないといけない時間というものはありません。

ただ、こうして1つひとつの時間に想いを込めて、意味を感じられるものにすることが必要だと思うのです。

親御さまからすると、我が子から贈られてきたものの中でも特別な思い出になったはずです。

 

 

最後はリモートで参加していた弟さん夫婦も入っての集合写真でお開きです。

終始和やかな食事会でしたが、その中でもおふたりと家族の会話で絆が深まる時間になりました。

会話が最高の演出

そう思える家族挙式でした。

きっとこの日参加された家族の皆さまにとっても、同じように感じていただける時間になったと思います。

 

 

3、まとめ

気づけば7000文字以上にわたってお送りしてきました、豊田にある古民家で行われた絆を深める家族挙式レポート。

最後までお読みいただいた方、本当にありがとうございます!!

皆さまにとっても、家族挙式の魅力が伝わっていると嬉しいです。

 

この先は、ますます結婚式の価値や意味が大事になってくると思います。

コロナ禍だから結婚式を諦める、とりあえずかたちだけでもできればいい、そう思う方も増えるかもしれません。

しかし、私たちは全力でおふたりの気持ちを、「そんな結婚式やってみたい」に変えていきます!

そのスタイルは本当にさまざまで、これが正解というものではありません。

だからこそ、おふたりの本当の気持ちに耳を傾けられるよう丁寧にヒアリングし、この先の人生においても支えとなる時間を創れるように。

1組でも多くの新郎新婦さんが前を向いて力強く歩んでいけるように、サポートすることが私たちの使命だと思うのです!!

これからもこの気持ちを大切に結婚式を創っていきます!!

WEDDING LAPPLE 東浩二

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 

結婚式に関わるご相談は気軽にお問い合わせくださいませ。

コロナ禍におけるウェディングについてのお問い合わせが続いております。

おふたりにとって、少しでも気持ちが晴れるご相談ができればと思っております。

 

また、今回ご紹介しましたニンジャマンションでの家族挙式の相談会も開催いたします。

2020年1月31日(日)10:00〜17:00

体験型イベントとして、Your Chefさんの料理試食や、衣装試着、花嫁ヘアメイクも行なっております。

詳しくはお問い合わせページ(公式LINEでもOK)

もしくは

Mail:info@wedding-lapple.com

にて「ブログを見て」とご記入の上ご相談くださいませ。