結婚式をセルフプロデュースをしたい方にウェディングプランナーは必要?

人との繋がりを大切に考える方が増えている事によって、結婚式を自分にとって本当に大切な「ヒト」や「モノ」に囲まれて挙げたいとご希望されるスタイルが増え続けているセルフプロデュースウェディング。(セルフプロデュースについての別の記事はこちら

 

自分でクリエイターと繋がりがあるので手配も打ち合わせもできてしまうし、あとは協力してくれるお友達がいれば叶うのではないかと思われている方もみえると思います。ですが実際に準備をスタートしていくと、夫婦でつくりあげていく初めてのビッグイベントで悩みを抱えながら準備を勧められる方もたくさんいらっしゃいます。

今回はセルフプロデュースをご希望される方に対して、ウェディングプランナーを入れるとどんなメリットがあるのかをお伝えしていきたいと思います◎

 

1.セルフプロデュースウェディングを行う場所の選び方

まず結婚式を行う場所を決める事からスタート。セルフプロデュースを行いたい方の大半は、結婚式場ではない場所を選ぶ方がほとんどです。

選ぶ基準としては、

・思い出の場所

・自分らしさが表現できそう

・持込自由な場所

などが多く挙げられています。

 

ちなみに思い出の場所で具体的な例を挙げますと、新郎新婦に何かゆかりのあるお店(レストラン・カフェ・アルバイトをしていた場所)や、出会いのスポットなどの公共施設を選ばれている方が多いイメージです。

そして自分らしさが表現できそうで持込自由な場所ですと、「レンタルスペース」「キャンプ場」「音楽ホール」などがあります。

 

ただ公共施設など、使う場所によってはたくさんの事前申請が必要なケースがあるので、要確認をして頂く上でご決定されるのをオススメ致します。

 

2.お招きするゲストの選び方

セルフプロデュースをされる方のほとんどは「自分たちにとって本当に親交深い方」をご招待される事が多く感じます。

なぜなら、一般的に行われているような整った場所で整ったホスピタリティのおもてなしとは違った形のウェディングになってくる為、選び方もポイントになってきます。お招きするのに関係性としては不安だけど、でもご招待しないと今後のお付き合いに影響が出てくるようなキーマンとなる方がみえる場合は、事前にこういったスタイルである事をしっかりと直接お伝えされるのがベストです。

 

3.会費について

会費の設定に関しては、一般的に2次会と呼ばれるスタイルでは6000〜8000円が多いかと思いますが、セルフプロデュースの場合は価値観としては一般的な結婚式と同じくらい想入れをもって挙げられる方が大半なので、1万〜2万円で設定される方が多いです。

1万円の会費設定の場合は、カジュアルな格好でのご参加とドレスコードを指定される方が多く、主に完全立食ビュッフェ形式を選ばれています。又、2万円の場合はフォーマルなスタイルで着席ビュッフェや半コース料理をされる方が多いイメージです。

 

4.結婚準備を自分たちで行う場合のすべき事

準備をする事は、結婚式場で挙げられる新郎新婦さんの倍以上のやる事があがってきます。

場所や日程決めの次は、ご依頼したいクリエイターの皆さんに依頼をしていく事。最初はお電話で自分たちが描く想いを一人一人に直接伝えられるとベストだなと感じています。皆さんからOKを頂きましたら、逆算してスケジュールを立て(いつ・どのクリエイターと・何の打ち合わせを・どんな段取りで考えていくのか)結婚式で叶えたい事、お願いしたい事を明確にしていきます。

クリエイターさんへの発注書や指示書・進行表・レイアウト表・準備物リスト・ご予算管理など様々な資料を用意し、ふたりで情報を整理し関わる方達に共有していく作業が始まっていきます。

 

5.自分たちだけで結婚準備を行っていくとぶつかる壁

ふたりでしっかりと話し合って役割分担ができる環境であればベストですが、なかなか新郎さまは日頃はお仕事の優先順位が高くなってしまいがちで、新婦さま一人に結婚準備の大きな負担(特に細かい事)がかかってくるケースを見受けられます。

ゲストの事・クリエイターの事だけでなく、花嫁になる準備も必要だからこそ、考える事がもりだくさんです。しかも初めての自身のウェディングプロデュースでは、分からない事・想像できない事もたくさんあるので、そこでモヤモヤを抱えてしまう事もたくさんあるのです。

 

6.ウェディングプランナーがサポートできる事

だからこそ、結婚準備のパートナーとして、結婚式のプロであり且つ会場を持たないフリープランナーとなる私たちを是非味方につけていただく事で、準備のスムーズさと当日の成功が大きく変わってくると思っています。

一人で抱えるのではなく、話を聞いてくれる人がいるだけで心強いですし、最良の方法へと経験と知識の中でスケジュール管理・当日のプログラムアドバイス・クリエイターとのすり合わせ・予算管理・レイアウト・何か起こった時のリスクヘッジなど含め、しっかりと導いていきます。

新婦さまが主となって動かれている場合は、お忙しい新郎さまの代わりとなってモヤモヤも一緒に受け止めていきます。(そして必要な事は新郎さまとももちろん共有のエスコートをしていきます)

 

何より一番は、心を込めて準備されてきた大切な1日を、おふたりは主役として思いっきり楽しんで頂けるように私たちプランナーはその想いをまるっと受け止めて、ふたりが選ばれた大切なクリエイターの皆さまと共に創り上げていきます。

自分たちでディレクションしていく事によって管理していたことがたくさんあり、気になってしまう事もたくさんあるかもしれませんが、それでもなるべく余分な気遣いをさせないように私たちプランナーは当日の運営を丁寧に進めていきます。

 

セルフプロデュースウェディングを行うに当たって、できてしまう事、頑張らないとできない事、無理してやろうとしたら当日に支障がでてしまった、そんな様々な事がみえてきます。

 

たくさんの素晴らしいお仲間に巡り合えているおふたりの人柄や雰囲気が生まれるような結婚式を創り上げていく為にも、是非一度自分たちだけで頑張らずにまずはお気軽にフリープランナーに相談していただけたら嬉しいです*

心を込めてお手伝いさせていただきます。

自分達の人脈を使って結婚式をセルフプロデュースしたいクリエイター且つオシャレな新郎新婦さまへ

決められた枠の中から選ぶ結婚式ではなく、

独自のネットワークでお願いしたい「人・物」が決まっている方にお勧めのセルフプロデュースウェディング

 

人との繋がりや絆を大切に考える方達が増えている近年だからこそ、自分達が感じる「価値」や「想入れ」のある方達に結婚式をお願いしたいというカップルさんが増えてきている傾向に感じています。

 

これってどういう事か、身近な言葉に置き換えると「持ち込み」して結婚式を創るという事。

結婚式を知り尽くしたプロフェッショナルに全てを依頼して創り上げる方のがもちろん安心ではありますが、お客様の結婚式に対しての価値観の需要の一つとして増えている、このセルフプロデュースについてここでは綴らせて頂こうと思います。

 

|この結婚式のスタイルと相性が良い方はこんな方達

・お仕事や趣味の関係で、クリエイターとの交友関係が広い方

・自ら企画したりディレクションをする事が得意な方

・繋がりのある方達の力を借りて、結婚式を創り上げたい方[/su_note]

つまり全くの白紙の状態から考えていくのではなく、自分たちにとって大切な人を想像していく中で浮かんできた方達の中でクリエイター仲間が自然と集まってくるようなお客様が、こういった結婚式を自然と選択されているように感じています。

 

|持ち込みして創る結婚式とはどのように準備を始めたら良いのか

まずは誰と創りたいのか、クリエイターの選抜からスタートです。人脈の広い方に起こりうる事は、あの人にも関わってもらいたい、この人にも関わってもらいたいとリストアップしていくと、実際的な費用面だったりまとまりだったりで課題が大きくなってきます。

だからこそ、本当にお願いしたい方たちをきちんと整理して、誰に何を依頼したいのかを明確にしていく事からスタートしていきます。

 

|当日の様子

例えばこちらはデザイナーさんが受付周りに飾るグッズを作られている様子です。

 

会場装飾は、日頃お世話になっているフローリストさんに。

 

ウェディングケーキはご家族全員のマジパンを乗せたオリジナルデザインにして、自分たちではなくご両親にケーキ入刀の演出を仕掛けたり。

 

この結婚式はカメラマン同士の結婚式だったので、多くのゲストがご自身のカメラをもってたくさんのお写真を撮られていました。

|このようなスタイルで大切にしている事

新郎新婦が結婚準備期間に何度も何度もおっしゃっていた言葉。それは、

「大切な方たちが、ただただこの場所に集まってくれたらそれだけで幸せです」

そんな強い想いがあり、綺麗なカッコイイ結婚式ではなく、みんなが自然体に過ごせて感謝の気持ちを伝えられたら、それが自分たちらしい等身大の結婚式だと考えこの日に向けて、ご自身でクリエイターの手配をされて、LAPPLEはその想いと人脈のバトンを受け継ぎ、一つの結婚式を整え総仕上げしていくという役割として関わらせて頂きました。

 

おふたりが描くイメージを一気に預かって形にしていくセルフプロデュースウェディング。

想いが大きいがゆえに、オーダーメイドと同じくらい実はパワーを注いで創り上げていくスタイルになってきます。

でも、これも一つのおふたりの選択肢として素晴らしいものだと考えています。

 

 

なぜなら、結婚式とは「今までとこれからを繋ぐ1日」

自分たちが出会ってきた大切な人の中で、ゲストとしてゆっくり出席してお祝いしたいと考える方もいれば、自分の持っているスキルでおふたりの結婚式を一緒に創る事でお祝いをしていきたいと考える方もいらっしゃるかと思います。

 

|セルフプロデュースだから叶う結婚式とは

たくさんの「人の手」が加わった、世界でたった一つのハンドメイドウェディング。

完璧で綺麗な結婚式ではなく、「繋がり」と「手作り」を一番に考えたセルフプロデュースウェディング

 

ぜひそんなお仲間が周りにいらっしゃったら、些細な事でもプランナーにご相談されるのをお勧めしますよ!きっとうまくおふたりの結婚式にとって最良な提案へと繋げてくれるはずです!!

 

 

 

私たちLAPPLEも、そんな想いを抱いているおふたりを全面でサポートさせて頂いています。

(むしろ、とっても得意な分野の一つです!)

LAPPLEとは「 love + people 」の造語から生まれています。

人の愛がたくさん詰まったオリジナルウェディングが、世の中にたくさん生まれていきますように。