ゲストの心に残るコンセプトウェディングの演出内容を大公開

型にハマった結婚式ではなく、それぞれの新郎新婦の想いや背景に合わせて創り上げる結婚式

 

「一般的な結婚式はいや」とおっしゃってお問い合わせ頂くお客様の背景として、パターン化された流れに違和感を感じられている方がとても多いです。

例)お支度→挙式リハーサル→(その間に受付)→挙式→ヘアチェンジをして披露宴の入場→ケーキ入刀・スピーチなど→お色直し入場→花束贈呈→お開き

こんな流れが一般的にご参列される経験のあるスタイルだと思います。

このパターン化された流れに違和感を感じているお客様、きっとこの内容がダメだと思っているのではなく、ふたりの想いがのっかっていない状態ではめ込んだ流れのように感じてしまう結婚式が、きっと違和感を感じられてしまうのではないでしょか?

今回は、そのスタンダードな流れを崩して創り上げたオリジナルウェディングのプログラムや演出について、具体的にご紹介させて頂こうと思います。

 

|この結婚式を迎えるまでのおふたり

実はもともとおふたりは、沖縄で家族だけで結婚式をする事が決まっていました。

 

なので、

①沖縄での結婚式の様子の映像を流したい

②沖縄での結婚式の写真を飾りたい

③沖縄での結婚式で可愛いロゼットを用意し、それを今回の結婚式でも飾りたい

④沖縄では家族に囲まれて教会式を行う(なので、今回は大々的な挙式は行わない)

⑤家族への感謝の気持ちは沖縄で伝える(なので花嫁の手紙は読まない)

だからこそ、この結婚式ではゲストへの感謝の気持ちを伝える時間にしたい。

以上が、初回カウンセリングの前から描かれていた今回の結婚式に対する考えだったのです。

 

|披露宴がスタートする前の過ごし方

「ゲストと近い距離感で感謝の気持ちを伝えたい」

そんな気持ちを第一に考えていたおふたり。

 

「だったら今回は最初に挙式があるわけでもないので、ゲストの皆さんをお迎えしてしまおう!」

カウンセリングの中から見つかった一つの答えとして、入場でのお披露目ではなく受付時間から積極的にご挨拶をする事を選択されました。

そして少しカジュアルな雰囲気を演出する為に、新婦は最初にカラードレスをお召しになってのお出迎えからスタート。。

 

受付中の演出では、「愛が集まる1日」を演出する為に、この結婚式のモチーフフラワーとなる「アネモネ」を持って笑顔でチェキの撮影。

(ちなみにあえてモノクロ撮影にする事によって、少し上質さを演出)

 

そしてその撮影したチェキのお写真を、会場内に入った際にゲストがご入場の証としてシンボルツリーに飾り付け。愛が集まる一本のツリーを皆さんの手で完成して頂きました。

 

沖縄でのムービーを流しながらお出迎えした披露宴会場は、波の音が流れながらキャンドルを灯し幻想的な雰囲気でおふたりの登場をお待ち頂きます。

 

|披露宴の様子

そしてゲストの皆さん全員が会場内に入られたら、明るい音楽に切り替わりブライズメイド&アッシャーとして大切なご友人の皆さまと共に登場。手拍子が会場内に鳴り響きます。

 

その後は愛が集まるをイメージし、乾杯のご発声の方とおふたりを会場内の中心にご移動頂き、ゲストの中心で乾杯!

 

近い距離感で乾杯を行うからこそ、ゲストの皆さんが自然と「おめでとう」の乾杯へと駆けつけてくれました。

 

結婚式でおもてなしをしたい方のこだわりといったら「お料理」も欠かせないですよね。

今回は式場の担当プランナーさんのご配慮もあり、新郎家より食材をお持ち込みしおもてなしメニューのの一つとして振舞いました。

(ちなみにメニュー紹介で食材をご紹介する為に登場してくださったこの方が、ダブルプランナーとしてこの結婚式を一緒に創り上げてくれたプランナーさんです*)

 

ふたりはとにかく自ら大切な方の元へと挨拶に出向きます。

「今日は来てくれてありがとう」

「大切なパートナーを紹介させてください」

 

自分たちは主役だけれども、主役っぽくなるのではなく参列してくださった皆さんに喜んでほしい、そんな気持ちが伝わるように、一人一人目を見て挨拶をする事を大切にされていました。

 

そしてそんな想いをさり気なく演出するかのように、DJによる音楽セレクトによって空気が自然と温まっていきます。

 

会話も弾み会場内が盛り上がってきたところで、おふたりからのご指名でゲストへのインタビューをいただくお時間を取り入れたり。

 

パティシエさん特製のウェディングケーキ入刀。

(そして、いつの間にか後ろのグリーンがなくなっている事に注目です!)

 

実はこの装飾は、ゲスト一人一人に贈るクラッチブーケになっていたのです。

みんなが知っている名曲が突然かかり、一人一人プレゼントタイムです。

 

女性も男性もみんなに、本日お越し頂けた証と感謝の気持ちを込めて。

 

曲がクライマックスに入ると、ゲスト全員で音楽に合わせて大合唱をしました!

 

大合唱をして演出が終わると思ったら、新婦から新郎へお誕生日のサプライズプレゼント!

ゲストにも協力をいただき、大成功*

 

(フライドポテトをこんなにも可愛く盛り込んでくださった、会場さんのご配慮が素晴らしいです…)

 

パーティーのラストはお揃いのブーケをもって、集合写真。

 

 

ここで一旦、お色直しで退場をして頂きました…。

 

|クライマックスに向けての様子

 

お色直し中に並行して、パーティーは結びに入りクライマックスのモードへと進めていきます。

ご両家からの感謝の言葉。そして、今からはじめるセレモニーに向けて「大切な息子と娘の誓いを聞いてください」とのお願いの言葉。

 

その後、今までの歩みを生い立ちスライドとして振り返ります。

 

「皆さんと過ごしてきた時間は、本当にかけがえのない宝物です」

そんな想いを込めて、一枚一枚迷いに迷ってセレクトした写真たち。

 

(その間、ウェディングドレスへの着替えが完了しファーストミートを行い、セレモニーに向けて入場のスタンバイ)

 

生い立ちスライドのあと、ゲスト一人一人にご用意された愛を込めて綴られたメッセージカードを一斉に開いて頂きました。

「今日は来てくれてありがとう」とか、そんなありきたりな言葉ではなく、ちゃんとその方一人一人へ本気で綴ったメッセージ。

 

会場内を無音にして、それぞれがメッセージを読む為に自分の世界へと入り込みます。涙を流されている方や、微笑んでいる方や、想いが伝わりそれぞれの方が色んな表情をされています。

 

1分間無音でメッセージを読んで頂いた後、セレモニーがスタートしていきます。

 

|披露宴後に行った人前式

 

新郎も新婦も入場はご両親と。感謝の気持ちは沖縄で伝えたけど、大切なご両親のことをゲストの皆さんに改めて知ってほしい。

そんな想いを抱きながらセレモニーがスタート。

おふたりが生まれた時のご両親の当時のお気持ちを、司会者よりコメントしていただき自分達が知らなかった「あの頃」をサプライズで聞かされます。

 

そしてシンボルツリーに飾られていたゲストのチェキを、一枚の大きな木に仕上げていき、誓いの言葉を読み上げました。

 

ラストはゲストから祝福の拍手をいただき退場をし、お開きを迎えました。

 

|この結婚式を振り返って

「愛が集まる1日」

これは、ふたりの人柄と気持ちがあってこそ創られた時間だと思いました。

 

どんなに演出をこだわっても、どんなに人と違った事がしたいと思っても、ふたりが伝えたい気持ちが表面上だと伝わらないと思います。

心に響く結婚式を創り上げる為に、私たちスタッフは精一杯サポートさせていただきます。

 

でも、想いの根っことなるふたりの「なぜ結婚式を挙げるのか」がきちんとあるからこそ、ふたりらしい真のコンセプトウェディングが出来上がっていくのです。

LAPPLEはおふたりがそんな想いを考えるきっかけを、打ち合わせの中で大切に提供し続けていきたいと思います。

想いを形にした心に残る結婚式のコーディネート実例大公開

本当に似合ったものを提案していくウェディングデザイナーと共に創る結婚式とは

 

ただオリジナルではなく、ウェディングという感謝を表現する特別な1日に相応しいふたりらしさとは何なのか。

結婚式とはおふたり自身が、一つ一つのセレクトにお金をかけて用意されていくもの。衣装もこだわったもの。お呼ばれするゲストもお召かしをして来てくれます。

だからこそふたりらしい特別感が表現できる時間となるよう、エスコートさせて頂きます。

LAPPLEがウェディングデザイナーと共にどんな風に結婚式を創っていったのか、ここではコーディネートにまつわる事をご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

|今回のコンセプトを表現したキーカラーについて

「愛が集まる1日」をおふたりらしく表現したコーディネートの軸となるキーカラーをどうしようか悩んだ時、一番最初に決まったカラーが”セージグリーン”でした。(私も大好きな色で、その後LAPPLEの名刺でも取り入れてしまったくらいセンスの良いチョイス)

セージグリーンを元に、いくつか色の組み合わせをデザイナーのkieさんが提案をし、その中から自分達に一番フィットするカラーの組み合わせを選んでいただきます。

 

デザインを考える時、ゲストに喜んでもらう事を一番に考えていたおふたりと丁寧に決めていった結果、おふたりは「セージグリーン×ブラック×ウッド」をベースに決め、様々なアイテムやコーディネートに取り入れて統一感を演出して形にしていかれました。

 

|カリグラフィーを用いたオリジナルペーパーアイテム

ペーパーアーイテムはWUUR専属のグラフィックデザイナーのharukaさんが手掛けて下さります。特にカリグラフィーや水彩画を取り入れたデザインが得意なharukaさんは、ウェディングデザイナーのkieさんが全国から探して仲間に加わって頂いたくらいの自慢のメンバー。

(LAPPLEのwebサイトのデザインやカリグラフィーもharukaさんが手掛けてくださったものになります)

 

招待状を開けた瞬間を想像しながら、水彩のかたちやお花ひとつひとつをふたりが一緒になって考えていきました。

そしてWUURはこういった”こだわり”が大好きと言ってくれます。せっかくのオーダーメイドだから妥協したくないという強い想いがあるからこそ、繊細なオリジナルデザインが完成していくのだと感じています。

 

今回の招待状は、このウェディングのモチーフとなっている「アネモネ」のお花と、ドレスのサッシュベルトに合わせたブラックの「リボン」に、コンセプトのロゴをカリグラフィーで表現したブックタイプのデザイン。

ちなみに中身はおふたりの愛が込められた文章が広がっています。

そして海外から取り寄せたセージグリーンの封筒で、ゲストへの宛名もカリグラフィーで綴ったものをオリジナルで製作しました。

 

招待状に合わせて、当日ご用意されたのはウェディングブック。

・席次表

・沖縄挙式の写真をバックに手書きでゲストへのメッセージ

・今回のコンセプト

・プロフィールetc…

カラーでどのページをめくっても素敵に仕上げられました。

 

せっかくなので、受付スペースも統一感を表現。

招待状と同じデザインのものを大きく引き伸ばし、シンボルアートとしてゲストの皆さんをお迎えしました。

オーダーメイドですと、3回以上修正が入ると追加料金が発生といったデザイン会社が多いかと思います。WUURではそういった概念はなく、グラフィックデザイナーとお客様との間に監修でウェディングデザイナーのkieさんが入っているので、お客様の微妙なニュアンスもきちんと汲み取って修正をかけ、納得いくものを創り上げているのが個人的にも魅力的だと感じています。

 

|花嫁のスタイリングについて

メイクリハーサル時でメイクさんとお打ち合わせをするまでに、花嫁のスタイリングを会場や花嫁の雰囲気に合わせて色々なパターンを考えてくれます。

・衣装(花嫁はもちろん、男性タキシードも)

・ドレス小物(ヘッドパーツなど)

・シューズ

・ブーケ

など、ヘアメイクさんやフローリストに本来なら単体でお客様が打ち合わせで伝えていかないといけない事を、一貫してイメージの共有をサポートしてくれるのもポイントです。

 

つまり、

①ドレス選び

②フローリスト打ち合わせ

③ヘアメイクリハーサル

上記の同行を行っていきます。

ちなみにこちらのカラードレスは、モチーフとなっている「アネモネ」のリースブーケ。取っ手がゴールドなのも、WUURが今回のブーケに合わせて作ったものなのです。

そしてウェディングドレスのブーケは、また別ページでもご紹介しますが、メインテーブルと同じグリーンを取り入れたクラッチブーケとなっています。

 

|空間コーディネートについて

今回のシンボルデコレーションとなったものは、入り口のゲートに設置したウッド調の板にコンセプトとおふたりのヒストリーがカリグラフィーで綴られた「ウェルカムドア」です。

特注のサイズで用意が可能なのは、チームの中に設計士でもあるスペースデザイナーseiさんがいるからこそ実現できるのです。

 

パーティー会場の中に入ると、他にもシンボルデコレーションが。

こちらのメインブースは、ゲスト全員分にお配りするウェディングブーケと同じグリーンを使ったものでデザイン。

中央には、love garters here と綴られたウッドアートが一緒に飾られています。

 

そして、その横には大きなシンボルツリーが設置。

コンセプトの「愛が集まる」にちなんで、受付で撮影されたゲストの笑顔のチェキをこちらに飾られました。

結婚式の様子でまたご紹介させていただきますが、最終的にはウェディングツリーとしてセレモニーで使用できるようにリメイク。

中央に飾られたコンセプトが表紙の黒色のボードは、誓いの言葉が中に綴られています。

 

テーブルコーディネートは、大好きなアネモネを取り入れて。搬入時はまだ少し蕾の状態から、会場を温めておふたりのお支度が整うまでに開花をさせていくというリアリティのある現場。

椅子の上に置かれているものは、コンセプトのロゴを印刷したオリジナルのエコバッグ。この中に、引出物が入っています。

そしてプレート上のコーディネートは、カラードレスとお揃いの生地の黒いリボンをアクセントに、新婦がブルガリアで(ネット検索されました!)購入された木の席札。

 

他には、ウェディングケーキのデザイン決めもおふたりと一緒に行うのがウェディングデザイナーの役割でもあります。

こうして一つ一つが当たり前のように何となく用意されていくのではなく、一つ一つのセレクトに意味や価値をもたらせ、それを統一感が生まれるようにサポートしていくのがWUURの特徴。何よりもそういったコーディネートをしていく事によって、参列されたゲストが心地よかったりお祝いしたくなるような特別な空間創りへと気持ちを仕掛けていく事ができ、結果おふたりにとって幸せな結婚式へと導かれていくのだと感じています。

 

|結婚生活にまで寄り添うアイテムとは

そして、WUURが創り上げるものは結婚式当日だけで終わるものではありません。

実は、結婚式後にお持ち帰りいただきセレモニーで使用したゲストの承認ボード(ウェディングツリー)をリビングにも飾れるサイズとしてご提案していたのです。

ふたりで過ごすリビングの背景には、いつも大切な方達を近くに想いながら夫婦生活を過ごしています。

 

LAPPLEのブランドコンセプトは

「心に響く結婚式と その先に続く彩りのある未来」

ただ結婚式を挙げたら終わりではなく、結婚式を通してはじまるふたりの生活が幸せな日々であってほしい、そんな願いをもってプロデュースをさせて頂いています。

 

WUURというブランドは、その価値観がまさに一緒だからこそコラボしていて提案がどんどん膨らんでいきます。

DESIGN your WEDDINGで結婚式を挙げられたお客様は、是非いつか一軒家を建てられる時も頼っていただけたら嬉しいです*

心に残る結婚式を創り上げる為のクリエイターの裏方大公開

誰と一緒に創りあげていくのか「チームづくり」が大切と言われている結婚式。

 

結婚式は建物ではなく、人が創るもの。

どこで挙げるかももちろん大切ですが、それ以上におふたりの想いを実現する為のクリエイターとのチームづくりにこだわりをもっています。

お客様にいただく言葉の一つとして「素敵な方達と巡り合わせてくれてありがとう」「またあの人たちに会いたい」と言われる事が多いLAPPLEのチームメイト。

ここではHPではお披露目していない、結婚式の裏側についてご紹介させていただきたいと思います。

 

|この結婚式のコンセプトについて

この結婚式のコンセプトはおふたりとウェディングデザイナーのkieさんと一緒に考えたもの。

「一期一会」を大切にされているおふたりにとって、この結婚式はどんな時間にしたいのか、カウンセリングで深掘りしていったところ、「同期の事が大好きすぎる」といった新郎さんの一言がきっかけでした。

そこまで言える人たちが集まるなんて本当に素敵だね!っと会話が盛り上がり、一言で表すなら

「本物の愛が集まる1日だね」

となり、love gathers here〜愛がここに集まる〜というコンセプトが決定しました。

この愛が集まるという意味は、

・ふたりにとって大切な人たちが集まる

・ふたりにとって意味や価値のあるものだけを集めた空間や時間である

・お互いにとっての愛を改めて誓い合う

そんな数々の想いのあるメッセージが込められたもの。

それを一つずつ丁寧に、結婚準備期間に何か迷った時の道標になるようにとコンセプトシートとしておふたりにお贈りさせて頂きました。

 

|当日までの準備期間エピソード

結婚式の打ち合わせまでは、準備全般のエスコートやサポートは私。そしてビジュアル的な事に関しては、WUURのkieさんが担当。

私とkieさんが一緒に決めていった事としては、会場決め・コンセプト設定以降は役割分担をし、主に空間演出に関わる事に関してはアイデアを出し合いながら決定していきました。

今回の場合は、メインブースとセレモニーアイテムを演出でも取り入れるように作り込みをする為に、意見を出し合いながらオリジナルの演出を考えていきました。

結婚式の実際の様子は、また別でご紹介させて頂きますね。

 

又、結婚準備期間を楽しんでいただけるようにワークショップも開催。

ただ作るではなく、この先も残しておきたい・飾っておきたくなるようなアイテムとなるよう、kieさんがエスコートしてくれます。今回のおふたりは、沖縄での挙式兼当日のディスプレイとして使用するロゼット作りをご依頼され、素敵なものを手作りされていました*

 

|当日の結婚式のスタッフの様子

結婚式当日、スタッフは朝早くから次々と集結していきます。

実は結婚式を迎えるまでに、私たちプランナーとWUURのkieさんが打ち合わせをしていくだけでなく、事前に結婚式に関わるあらゆるスタッフ(クリエイター)とのお打ち合わせをさせて頂く事を大切にしています。

ちなみにこれは、結婚式場に直接ご予約をされる方との大きな違いの一つでもあるのです!

私たちLAPPLEは、基本的にはクリエイターは指名制でご紹介させて頂き、本当に自分たちがスキルと想いに信頼をおいている方達からおふたりにお選び頂いています。

(だからこそ、それぞれのクリエイターはお客様からご指名された喜びとやりがいを感じているのです!)

指名だからこそ、この1日を最良なものにする為にも事前とおふたりとお打ち合わせを行う事にこだわり、コンセプトやおふたりが描く想いを共有できている状態になるので、打ち合わせを重ねてきた1日を「見えるもの」「感じるもの」へと作り込んでいく当日の時間は、私たちスタッフもドキドキとワクワクでいっぱいなのです。

そんな風に迎えたウェディングは、名古屋のゲストハウスを営む結婚式場にて。会場の担当プランナーさんがとても協力的だったからこそ、会場プランナーさんだからこそ理解されている施設の特性や料理やサービスなどを活かしたオペレーションづくりは頼らせていただく事ができたのが私としては本当に有り難かったです。初めて組むチームへの指示だったり、現場の作り込みに専念ができたのは、ダブルプランナー制のサポートに違和感を感じず快くコラボさせてくださった式場の担当プランナーさんの理解があったからこそ。

こういった受け入れ体制が寛大な会場さんで創る結婚式は、本当にクオリティの高いウェディングが提供できると始まる前から毎回確信してしまいます。

 

空間演出を実現するに当たって、フローリストとのコンビネーションもとても重要です。アイテムとお花の絶妙なバランスがあってこそ、素敵なコーディネートになるのですよね。

 

ヘアメイクさんは、花嫁さんの一番近い存在。私たちプランナーは結婚準備中は近い存在ですが、結婚式当日はどうしても付きっきりにはなれません。当日、とびっきり素敵な姿に仕上げていく為の「らしさ」を引き出すスキルはもちろんの事、「近くにいてくれて安心する」と思えるようなヘアメイクさんがいる事で、安心して現場づくりに集中ができるのです。

 

カメラマンさんも撮影スキルはもちろんのこと、集合写真の撮影時はゲスト全員を動かしていかないといけないので、ただひたすら撮影をするのではなく、ゲストとのコミュニケーション能力も実は大切なポジションなのです。

(集合写真を撮る時に、できるだけスムーズに、且つ笑顔の写真を残してくれたら最高ですよね!)

映像クリエイター(シネマトグラファー)も、通常は黒子なはずですが、事前におふたりとコミュニケーションをとられているので、新郎さんが自ら撮影をしてしまうくらいの距離感です。(※カメラを持っている方は新郎です!)

 

そして、結婚式本番の時間を動かしていくのは司会と音楽です。

DESIGN your WEDDINGでは、空間演出の仕上げの一つとして音楽もとても大切だと考えている為、DJを取り入れる事が多いのです。

余談ですが、数年前まで担当プランナーではない結婚式では、音響担当として現場に入っていました。だからこそ、密かに音楽で仕上げる空間演出にはこだわりが強く、DJを入れる場合でも結婚式の事を理解しているDJさんに絶対ご依頼するようにしています。

ちなみに、最近指名でお願いしているDJさんはアーティスト活動でも活躍されているAViAさん。

音楽で仕上げるといっても、決してインパクトあるようにかけるという事ではなく、あくまで音楽は「過ごす時間」や「演出」「人の声」を引き立たせる為のものだと考えています。なので、ゲストの声など結婚式において大切な事を常に理解してくれる方だからこそ、指名をさせて頂いています。

そして、結婚式をつくる上でゲストから印象に残るスタッフナンバー1は司会者。

もともと前職でもある司会会社から立ち上げた結婚式場で育ってきた私は、「会を司る」という事はどういう事なのか、もの凄く何度も何度も社長から教え込まれて育ってきました。(※私は司会はできません!)

だからこそ、綺麗にこなす結婚式ではなく「感情」が伝わる結婚式とは何なのか、「集まる人が引き立つ時間」の創り方が本当に素敵な方だけを指名する事にこだわっています。

(写真:DESIGN your WEDDINGのプロデュースで毎回作成しているチーム表です)

 

こんな風に一人一人のスタッフがおふたりの結婚式に対して、どう寄り添って形にしてくれるのかで、結婚式の時間は大きく変わってくるからこそ、人の持つ力を大切に考えおふたりと一緒にプランニングを進めて当日を創り上げていくのです。

 

|このメンバーで創り上げた1日の雰囲気

みんながおふたりの事を知った上で創っていく時間は、緊張感もありながらもとても穏やかです。普段は自分を密着して撮影される事なんてないからこそ、カメラマンさんに囲まれると変なプレッシャーを感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、顔見知りだからこそそんな心配もありません。

 

いい結婚式を創る為に、結婚式を迎えるおふたりの心の準備も大切にしているからこそ、わざわざ顔合わせをする事で準備期間からワクワクできる結婚式。

私たちは、会場所属のプランナーさんと大きく違うのはプロデュース料をいただいて結婚式を創っていきます。だからこそ、一つ一つのセレクトにクオリティはもちろん、おふたりにとって本当に価値を感じるものしか提案をしませんので安心してくださいね。

 

お客様の是非、「人」と創り上げていく結婚式の価値を楽しみながら味わっていただけたら幸いです*