結婚式場で打ち合わせが始まる前に自分達で進められる準備について

1年後に結婚式の会場の予約まで完了し、これから準備が本格的にスタート!

…と思ったら、次の会場での打ち合わせは半年以上も先となり、せっかくゆとりをもって準備をしたかったのに、どうしたらいいんだろうとモヤモヤを抱えている方のお話を伺う事がありました。

お打ち合わせまでの期間は、提携店の衣裳屋さんにて衣裳決めまでは進めて頂く事と、ご招待したいお客様のリストアップをして頂くご指示は入れて頂ける事が一般的には多いかと思います。ただし、それ以外に関しては式場によって進め方の指示が大きく異なってきます。

 

結婚式の準備はお仕事の合間を見ながらふたりで協力しながら進めていくものです。基本的に、会場にあるもので全てお金をかけて注文しプログラムもフォーマット通りの進行で進めていく場合は、会場でのお打ち合わせの中でセレクトしていくだけになるので、わりとスムーズな準備期間となってきます。

ですが、何か手作りをして一手間加えたり、自分たちでアイテムを探して持ち込んだりしたいと考えているお客様、進行もフォーマットにふたりらしさをプラスしていきたい場合は、平均的にご指示をいただく4ヶ月前からのお打ち合わせではかなりタイトな準備期間となってしまいます。

 

そんな結婚準備期間を、会場でのお打ち合わせがスタートする前に衣裳選び以外も何か自分たちでできる事は進め、有意義な準備期間にされたい方にヒントをお届けしたいと思います。

 

1.ゲストリストアップをする

まずはそれぞれが生きてきた中で、結婚を報告したい方・大切な方をとにかくリストアップしてみましょう。

まずは思い出せるだけ書き上げてみて、そこから絞っていくのをお勧めします。

 

リストアップする時は、

・家族

・親族

・小〜高校時代の友人

・大学時代の友人

・社会人になってからの友人

・職場の上司

・職場の同僚や仲間

・恩師・恩人

などの分野に分けて、まずは一人一人じっくり思い出しながら書き上げていきましょう。

 

そこから招待した方を絞り、招待客リストへとまとめていきます。

そして招待客リストをつくるポイントですが、

・フルネーム(漢字は旧漢字など正しいものを確認しながら)

・間柄(伯父・従兄など)

・住所

・その方との思い出やどんな方なのか・配慮すべき点など(プランナーに伝えたい点など)

上記をまとめておきますと、招待状準備や席次表づくりがとてもスムーズに進められます。

 

2.ご招待したい方に結婚式の日にちの報告をする

リストアップが完了しましたら、できれば早めにお招きする皆さまにお日にちをご報告し始めましょう。

招待状を発送するのは結婚式の3ヶ月前程になるので、早く日取りを決めた方からしてみたら本格的なご報告までまだまだ時間があって後回しにしがちなのですが、日にちだけは早めにお伝えするのが吉です◎

特に結婚式シーズンでは、お日柄が良い日程ご出席が重なる場合があります。(ご友人の場合は、ご友人も結婚式を考えている場合も大いにあります)

数年前までゲストハウスの結婚式場に勤めていた時代の過去の経験でも、前日は出席、翌日は新郎になるといったお客様がいらっしゃいました。(しかも同じ会場で!)

他にはゲストの中でも、午前と午後で終日参列してくださった方もいらっしゃいました。(シェフにお願いして、さすがにメニュー内容がかぶらないようにアレンジしてお出しさせて頂いた対応の記憶が印象深いです。)

料理だけでなく、引出物もかぶらないかプランナーとすり合わせを入念にしたりと…会場が同じでも前例が何度もある為、日にちが重複するなんて話はもっとあるはずです。

まだまだ先だから…と後回しにせず、集まってほしい大切な方のスケジュール調整の為にも、しっかりとご報告だけは早めにしていきましょう!

 

3.プロフィールを書く

会場をお申込みされると、結婚式場から打ち合わせファイルや資料・ウェディングブックといったものがお渡しされるところが多いかと思います。その中に、おそらく司会者との打ち合わせで必要な「プロフィール」が一緒に入っている場合があります。

プロフィール紹介の為だけに使うプロフィールでしたら、そのタイミングまでに書き上げればOKかと思いますが、もしも自分達らしい結婚式にしたい、自分達の事を知ってもらってプランニングしてほしいと考えるおふたりでしたら、事前に書き上げてしまい初回打ち合わせでプランナーに提出してみるのはいかがでしょうか?!

ちょっとした提案のヒントになったりして役に立つので、宿題リストに入っていなかったとしても時間のあるうちになるべく穴はつくらないように(特に新郎さまは、難しい…と空欄にしがちですが)頑張って書いてみましょう◎

 

4.幼い頃の写真やふたりの思い出写真を探す

結婚式で生い立ちスライドを流そうか、受付で飾ろうか…きっと多くの方が悩まれるポイントの一つかと思います。

その中で、そもそも自分達の幼い頃や学生時代の写真はあるのか、ご実家に帰って探したりされる方をよく見てきました。特に男性ですと、高校時代に思い出深い友人がいるけど、写真があるか全く思い出せない…と探す事にとても時間がかかっている方なんて、珍しくありません。

意外に作ろうと思ってから初めて探し出し、しかもお打ち合わせがスタートしているタイミングですとそれだけでとても時間がとられてしまい、準備に追われてしまいます。

何にどのように使用するのかはプランナーと進行を相談しながら後ほど考えれば良いと思うので、そもそも写真があるかどうかの問題はこの期間内に解決させてしまうのをお勧めします。

写真が見つかった時に、懐かしい思い出に浸ったり、パートナーに大切な事を写真を見せながら紹介したりする時間をあえてつくる事によって、結婚式に対しての気持ちのスイッチが更に高まり、どんな結婚式にしたいのか話し合いのネタとして膨らむはずです。

 

5.好きな雰囲気の画像(花やヘアセットや色など)を集める

こちらは特に花嫁さんの作業になってくるかと思います。

お打ち合わせがスタートしていくと、フローリストやヘアメイクさんと直接ビジュアルについて相談ができる打ち合わせの機会が設けられます。その時に提案を聞きながら答えていくのももちろんOKですが、自分なりにふんわりとでもイメージがある場合は、視覚的に情報を伝えながらお打ち合わせを進めていく方がより納得感が生まれるかと思います。

例えば「ピンク」を使ったお花にしたいと考えている花嫁さんがいるとします。あなたはピンクと聞いたら、どんなピンクが思い浮かびますか?

ピンクの中でも明るめのピンクから、深みのある大人っぽいピンクなど人によって様々な捉え方がございます。だからこそ、私が伝えたいピンクはこんな感じ!といったものを、プロに言葉のイメージだけでなく、画像などをうまく使って伝えられると意思疎通がスムーズに行う事ができます。

 

ヘアセットも一緒です。少しふんわりとした髪型がいいと思っても、イメージしている髪型のモデルはもしかしたらあなたより髪が長くてそのヘアセットが出来上がっているかもしれません。そうしたら、メイクリハーサルを行ったとしても、そのモデルさんのようにはならなく、どこかモヤモヤ感ができてしまいますよね。

 

ただし潔く、もちろんプロにヒアリングをして頂きながら完全にお任せでも構いません!

理想の花嫁像に近づける為に、一つの伝え方の選択肢としてこの期間に想像を膨らませてみてくださいね◎

 

6.結婚式がお開きになった時、招待するゲストの方々にどんな気持ちになって帰って頂きたいか考える

結婚式の準備を始めていく時に、ゲストに喜んでもらいながら自分達らしい結婚式にしたいと思っていたり、テーマやコンセプトを決める事に抵抗があったりする方にとてもお勧めの考え方です。

結婚式がお開きになりプチギフトを受け取って帰られるゲストが、あなたの結婚式に対してどんな印象をもっていたり、周りの方とどんな会話を繰り広げられているか是非想像してみてください。きっとその想像している光景が、おふたりにとっての理想の結婚式のゴールであり、そんな光景が実現するように結婚式の準備をしていくのが、新郎新婦と関わるスタッフの目標なのです。

だからこそ、具体的にどんな気持ちになった状態の結婚式を目指したいのか、ぜひじっくりふたりで話し合いをし教えてくださいね。

 

7.親御様が結婚式で大切にしてほしい事を聞いてみる

実は後回しにしがちですが、結婚式は親孝行だと考えている方には特に聞いてみてほしいポイントです。

きっと「ふたりに任せるよ」とおっしゃる方が半数以上かもしれません。ただし、それは本当の気持ちなのかどうかをきちんと見極めるには、自分の両親と相手の両親へとそれぞれが触れられるのが、更に本音を聞き出す手段の一つだと思っています。

もしくは、衣裳選びに誘ってみてはいかがでしょうか。花嫁のお母様はもちろん、男兄弟ばかりで娘がいない新郎さまのお母様にもお声かけてみたりすると、とっても喜んでくださるかもしれません。

後から後悔しないように、ぜひ親御さまにもご意向を伺ってみてくださいね◎

 

結婚式場で本格的に準備がスタートする前に、いかに前倒しでできる事を進めてしまうかは、準備期間に追われない重要なポイントだと思います。もちろんお仕事の忙しさと、その時にしかできない準備の内容が重なり、とてもバタバタされてしまう状況も時にはあるかもしれませんが、それでも上記の事を事前に隙間時間で進めておくだけでも、かなり大きく変わってくると思っています。

 

できる事は早めに進めつつ、もっと自分達らしい結婚式を追求したり、コンセプトをつくりたい方や、もっと今だからこそできる事を知りたい方は、Wedding Lappleには結婚式場で叶える結婚準備が更に充実できるウェディングアドバイスプランもございますので、お気軽にご利用くださいね*

愛知県で前撮りを結婚式場か持込かで悩んでいるあなたへ

結婚式の前に前撮りを行うべきか悩んでいる、愛知県に住む新郎新婦さま。

結婚式場でも前撮りプランの提案があるけど、webやインスタグラムで検索すると前撮り屋さんも愛知県内にはたくさん出てくるようになり、どれが自分達に合っていたり、どうやって選んだらいいのか分からない方もきっといらっしゃるかと思います。

 

そんなおふたりに向けて、ここでは前撮りを行う場合どのような事を考えていく必要があるのか、実際に式場と持込プランではどんな違いがあるのかを綴らせて頂きたいと思います。

 

 

1.結婚式場で行う前撮り

会場で行う前撮りのメリットとは、結婚式当日のカメラマンやヘアメイクさんと同じ方にお願いできる(可能性が高い)というのが、まず一つの大きなメリットです。お写真が苦手だけど、でもせっかくの日だから写真を残したいと考える方ってたくさんいらっしゃいますよね。

ヘアメイクさんも、結婚式当日は一番花嫁の近くにいる存在。身体の事や、メンタル的な事とか、お支度をしながら雑談も含めてたくさんお話をさせて頂く方だからこそ、とても安心感が芽生えるかと思います。

 

衣裳に関しては、当日着ない衣裳ですと前撮りの場合、定価の金額よりも割引される可能性も高く、当日着られる衣裳ですとかなりお値打ちにレンタルする事が可能です。

ただし、トータル金額で見ると立派な会場程、かかってくるご予算は決して安くはないかもしれません。

 

最大のメリットとしては、結婚式場でゆっくりふたりだけのお写真を残されたいお客様には、式場のプランをご利用されるのが安心でしょう。

 

2.スタジオで行う前撮り

スタジオで行う前撮りの場合、衣裳がスタジオ内に何着か揃っている場合が多く、限られた衣裳ラインナップの中から選び、そのままヘアメイクを行って撮影を行うケースが多いです。

衣裳選び・ヘアメイク・撮影まで1日で行う場合のスタジオはとてもお値打ちですし、ネット上に展示された衣裳のラインナップから事前に衣裳を抑える事ができる場合もあります。とにかく、とりあえず前撮りができたら充分と考える方にとって、このようなお値打ちスタジオプランを選択するのは有りでしょう◎

 

又、スタジオを構えている所でもしっかりと世界観をブランディングされているところもあります。

衣裳屋さんがスタジオを構えている場合は、その衣裳屋さんの衣裳があなたにとってお気に入りの1着が見つかりそうでしたら、そこで撮影するのも手です。

又、フォトグラファーがスタジオを構えている場合もあります。そのフォトグラファーのwebサイトやインスタグラムなどをご覧頂き、掲載されている衣裳やヘアメイクさんの雰囲気も合いそうでしたら、カメラマンの世界観から選ぶのも良いと思います。

 

 

3.ロケーション撮影

ちなみに前撮りのポイントとは、完全に新郎新婦の考えだけを主体に(結婚式当日は、ゲストへの配慮なども考えて準備をしていくものなので)、自由に自分たちらしく叶えられるものだと考えています。

その中で、スタジオ撮影と同じで専門のお店(衣裳屋さんが提案する前撮りプラン・フォトグラファーが提案する前撮りプランなど)は、そのお店で仕組み化されているパッケージプランの中で、日にちと場所と衣裳をパッケージの中から選んだら撮影できてしまうという身近なものになってきました。

 

そういった手軽さからも、人気急上昇のロケーション前撮り。

もちろんパッケージ化されている事が増えてきていますが、そもそも最も理想形の前撮りをあなたに実現して頂く為に、どんな準備が必要なのかもう少し中身を詳しくご説明していきたいと思います。

 

まず、本来の前撮りとは下記のような内容を選んでいくものとなります。

①衣裳

②撮影場所

③フォトグラファー

④ヘアメイク

⑤ブーケ

 

 

まず①の衣裳に対してはこんな考えの価値観が思い浮かびます。

 

・当日はチャペルに合わせた神聖なウェディングドレスを選んでいるけど、前撮りはファッション感覚で自分の好きなカジュアルテイストを着てみたい

・お母さんのウェディングドレスに袖を通して花嫁になりたい

・おばあちゃんやお母さんが着て欲しいと言った白無垢や色打掛を着て思い出をつくりたい

・結婚式当日に予算をかけたいから、前撮りリーズナブルで可愛い衣裳を取り扱っているショップで選びたい

・自前の振袖を最後に着る機会をつくりたい

・当日選んだ衣裳や購入されたお気に入りの衣裳を着て、結婚写真をたくさん残したい

 

など、衣裳に関して何か想入れを描く方には、パッケージフォトで選ぶのではなく、衣裳のお持込ができる前撮り方法をお選び頂くのが良いかと思います。

 

②の撮影場所に関しては、こんな考えの価値観が思い浮かびます。

・結婚式は憧れの大聖堂で挙げるけど、前撮りだからこそもっとカジュアルでアットホームな場所でふたりの写真を残したい

・結婚式では味わえない、ふたりの思い出を残したい

・思い出の場所や、自宅で撮影したい

・写真で見ると異国のような美しいスポットで、今しか撮れない美しい結婚写真を残したい

 

など、フォトプランの中にロケーション撮影ではご紹介できるスポットが揃っていますが、このような想いを描かれている方はプランの枠を外しながら自分達らしいスポットでお写真を残される事をおススメ致します。

 

③のフォトグラファーに関しては、こんな価値感が思い浮かびます。

・撮影してくれる方が明確になっている方が安心

・自然体な自分たちを撮影してほしい

・人柄が信頼できそうでリラックスして撮影が楽しめそう

・自分たちの好みの質感の写真を残してくれそう

価格帯に関しては、拘束時間やクオリティによって個人差はありますが、フォトグラファーが誰になるか分からない撮影よりも、写真を見て指名をするというこだわり方は前撮りとしてはとても本質的ではないでしょうか。

 

④ヘアメイクに関しては、当日初めてお会いしてヒアリングをしながら進めていく事が多いかと思います。

でも写真だからこそ、ぶつけ本番って不安に思ったりしませんか?

自分らしく結婚写真を残したいのであれば、事前カウンセリングやメイクリハーサルを行っているヘアメイクさんに依頼をするのも選択肢の一つだと思います。

どんなに素敵なロケーションで、素敵なフォトグラファーさんが揃ったとしても、花嫁姿がどこか心地よくなければ納得したお写真にはなりません。「私、この日美しく輝けていた!」を感じられる時間にできたら、何よりも前撮り撮影を行う意味がありますよね。

⑤ブーケに関しては、どのお店にお願いするかももちろんですが、それ以上にまずはどのタイプのブーケをご用意されるのが衣裳や花嫁の雰囲気に合っているのか考えられるのがオススメです。

ブーケの種類としては、

・生花ブーケ

・ドライフラワーブーケ

・造花ブーケ

・プリザーブドフラワーブーケ

が一般的に上げられてきます。

その中で、予算を抑えようとすると造花を利用する方が多いかと思います。(特に結婚式場やスタジオで撮影の前撮りの場合は、造花を利用するシーンを見受けられます)

でも、レンタル料がリーズナブルだからといって、衣裳と合っていない見せかけだけのブーケを持つことは、果たして結婚写真の価値が下げてしまわないでしょうか。造花を選ばれる場合は、その辺りはしっかりと確認しておくのがベストです◎

 

上記のように、前撮りの選び方とはスタイルだけでなく、パッケージ物からオーダーメイドまで様々なパターンが存在する事がイメージして頂けましたでしょうか?

結婚式とのご予算の兼ね合いもあるかと思いますが、結婚式場であったとしても、外で撮影される場合でも、ありのままの幸せな結婚写真が残せると良いですね。

 

ちなみに、Wedding Lappleでも愛知県を拠点に前撮りのサービスをスタートしています。ウェディングプランナーがコーディネートする事で、おふたりの価値観に合わせたアイテムのディレクションを行なっていく事が可能な為、お好みを丸っと伝えて頂くだけでフリーランスのフォトグラファーやヘアメイクアーディストや様々なドレスショップのご紹介ができる事が特徴となっています。

前撮りをご検討されている方は、是非一度覗いてみてください◎

愛知県のフリーウェディングプランナーが提案する結婚式場の選び方について

色々な雑誌で結婚式場の紹介が掲載されていて、皆さんも雑誌を通して気になる式場を選んで見学に行かれる方が多いかと思います。

 

私自身、数年前まで結婚式場でたくさんのカップルの会場見学のご案内も行ってきた中で、担当プランナーはあなたにお願いしたいけど、チャペルが好みとちょっと違って悩みますと言われた事が何度かありました。憧れの結婚式だからこそ、チャペルが好みと違ったら迷う気持ちは当然ですよね。

その結果、好みの結婚式場を最終的には選ばれたお客様もいらっしゃいましたし(涙)、好みのチャペルがある会場を断って私と一緒に創ると選んで下さったお客様もたくさんいました。

 

そんな月日を経て、フリーウェディングプランナーになってからは一緒に式場を見に行くことも多い今だからこそ、改めて客観的に感じる事もあり、今のこの立場だからこそ伝えられる式場選びについて綴らせて頂こうと思います。

 

1.会場見学を対応してくれた方は、当日まで一緒に創ってくれるスタッフかどうか

複数の披露宴会場を抱えられている会場の特性上、営業・プランニング・当日スタッフと分業制になっている会場と、多くのゲストハウスウェディングでは営業担当から当日まで一貫してプランナーが担当する会場と、営業は別で引き継ぎを行いプランニング&当日をサポートさせて頂くパターンがあります。

どれが良くて、どれがダメというわけではなく、その特性を知った上で会場を決定されると、後から後悔する事がないかと思います。契約しようと思ったら、実はプランナーは別の方になる事を知り、案内してくださった方が信頼できたから決めたのに…となるケースはよくある話です。

会場見学をする際は建物と担当プランナーさんの雰囲気だけを見るのではなく、この会場で結婚式を挙げる場合、どんな方達とどんな風に創り上げていくのか、他のスタッフともお話をさせて頂くお願いをしてみたり、HPの事例を見てチェックして頂くと良いと思います。

 

2.会場は気に入ったけど、スタッフが合わない場合

見学を一通り終え、思った以上に素敵な会場だった!でも、案内してくれたスタッフがちょっと不安だな…。

大きな金額がかかってくるイベントで、何ヶ月もやりとりをしながら見えないものを形にしていくのが結婚式の準備です。どれだけ会場が気に入っても、スタッフに対してのモヤモヤがある場合は、何がモヤモヤなのか明確にした方が良いですよね。もしかしたら正直に伝える事によって、会場スタッフからの誠意が見えてくるかもしれません。プロとはいえ人なので、一生懸命ご案内していたとしても小さな何かが汲みとれていなくてそれがものすごくモヤモヤを感じさせてしまう事も、時にはあるかもしれません。

だからこそ、会場を決めたいけど不安が少し残る場合は、担当者に直接でも良いですし、言いづらかったら式場のマネージャーさんに思いきって打ち明けてみましょう。それでも対応に不安を感じたら、思いきって式場は選ばない決断をされた方が良いかもしれませんね。

 

3.スタッフの印象は良いけど会場が一番ではなく決めきれない場合

「実はずっと大聖堂に憧れていました」と、大聖堂を持たない会場プランナー時代に、お客様から何度か打ち明けられた事がありました。では、何で会場を見にきたかというと、披露宴会場は好みだったとか、料理の評判をよく聞くからと言った理由でした。そして、軽い気持ちで見学に行ってみたらチャペルの雰囲気以外はすごくしっくりきてしまったから本気で悩んでしまい辛いです…と、時には泣きそうになりながら相談を受けていた時もありました。

そんな時はどうしたら良いのか。

私の中で見えている答えは、その場所で誰とどんな時間を過ごしたいかで最終的に決めたら良いのではないかと思っています。

例えば、家族や少ない親族だけを招待しての結婚式でしたら、もちろんゲストへの感謝の気持ちをもっていたとしても、きっとご親族の皆さんでしたら、晴れ姿を見れる事がまず充分嬉しくて、披露宴はゆっくり写真が撮れたりお食事を楽しむ事ができたら満足される事が多いので、憧れの大聖堂チャペルで挙げる気持ちを貫くのは有りなのかなと思います。

ただ、ご友人までご参列されるようなゲストの人数が多く、更に希望の結婚式のイメージがアットホームだったり距離感を大切にしたいのであれば、会場の雰囲気が一番の好みでなかったとしても、その会場でどれだけ自分たちの理想の雰囲気が過ごせそうなのか、プランナーさんに提案をして頂き、見た目以上に理想がしっくりとくる場合は、一番の好みじゃなかったとしても選択する価値はあるのではないかと思っています。

 

あとは、会場の特徴として複数の披露宴会場があって同時に結婚式が行われていても、理想の時間の使い方ができるかどうかも選択方法のポイントだと思います。時間に限りがあったり、フォーマットが決まっていたりしますと、式場プランナーさんの提案力で決めるというよりも寄り添ってくれる方かどうかがポイントです。

(もちろん、見た目は大事ですけどね!ただ100%の会場はなく、見学時に関しては何かしら妥協する事もあると思うのです。ただ申込時点では何か妥協があったとしても、結婚式当日までにプラス以上のものに変えれるかどうかが大切だと感じています。)

 

4.それでも悩んだ場合

それでも悩んでしまい自分たちで一つの会場を選ぶ事に行き詰まった場合は、私たちのようなフリーランスウェディングプランナーに相談してみるのも選択肢の一つです。私たちフリープランナーは変わったところで結婚式を手掛けたり、コンセプトのある結婚式を創るような事だけをしているのではなく、当日はお手伝いできなくても会場決定までのスポットでのサポートもする事が可能なのです。

フリープランナーは所属をしていないからこそ、目線がフラットで純粋におふたりの声に耳を傾けて一番の解決方法を探していきます。

フリープランナーに会場選びを相談して、結婚式は結婚式場のプランナーと一緒に創っていく選択肢は東海エリアでもまだまだ珍しいかもしれませんが、そんな頼り方もぜひしてみてくださいね!

5.まとめ

つまり結婚式場を選ぶ時に、極端に迷っている時は建物で選ぶのか人で選ぶのか、どちらが正しいかというと、自分たちと招く人たちと過ごす時間を想像して決定されるのが良いと思います。(もちろん何度も言いますが、スタッフに不安を感じている場合はその会場は選ばない方が絶対に後から後悔はされないですが)

少人数であれば、食事やふたりとの時間がゆっくりとれたらじぶんたち場所であったとしても、ふたりの気持ちが伝われば喜んでいただけるでしょう。

大人数であれば、その会場の魅力はもちろんですが自分たちでは気付かないところでも大切なゲストへの配慮をしていただけそうな気遣いのある会場を選ばれる方が、人重視で考える方がオススメです。

 

会場を一つに選ぶのはとっても悩まれることだとは思いますが、外観や見た目だけで判断せず中身や内容の事も視野に入れながら決定してくださいね!

結婚式場に所属するウェディングプランナーとフリーウェディングプランナーの違いって何?

フリープランナーとは結婚式場ではないところで創る人といったイメージだった今までから…

結婚式場にはウェディングプランナーがいるけど自分達の価値観で結婚式を創りたいと考え、フリープランナーにご依頼される方が名古屋市・三河エリアでも増えてきました

 

10年前でしたらそんな事はほとんどなかった時代から、愛知県名古屋市エリアをはじめだけでなく周辺エリアにまで少しずつフリーランスウェディングプランナーの存在を知っていただけるようになりました。

それもここ数年では、ようやく結婚式場にもウェディングプランナーがいる中、フリープランナーにお問い合わせを頂き、更にはこちらからお問い合わせした会場さんにも受け入れて頂けるようになってきた事が、とても私たちフリープランナーにとっては有り難い気持ちでいっぱいのこの頃です。

 

ここでは、一般的に会場所属のウェディングプランナーが提案されている事と(※もっと細やかな式場プランナーさんももちろんいます)、それに対してフリープランナーの私たちはそれに対してどのような違いをもったサービスをしているのか、一つ一つご説明をさせて頂きたいと思います。

 

①1ヶ月に抱える件数を絞って、スケジュール管理をお客様に合わせて細かやかに向き合っていく

4ヶ月前から打ち合わせがスタートといったマニュアルベースではなく、結婚式の準備をスタートしてから結婚式の日までどう過ごしたら良いか、ふたりに合わせたスケジューリングをエスコートしていきます。

なので、「今何やったらいいのかな」「一気にあれこれをやらなきゃいけなくなって、早く会場を決めた意味あったのかな」といった疑問が生まれる心配がないケースが多いのです。又、お仕事が多忙な時期は準備のボリュームを減らしたスケジュールを立てたりと、それぞれのカップルの生活リズムに合わせて、結婚式の日から逆算してご提案していくのでご安心くださいね。

 

②持込に対しての対応が柔軟である

何でも持ち込みOKではなく、それを持込みしたい想いに寄り添って叶う会場から提案させて頂きたいと考えるのがフリープランナーとして多いです。

例えばよくある相談ですと、幼い頃から担当してくれていた自分の美容師さんに手掛けてほしい。そうなった時に、きちんと課題点もお客様にイメージしていただきながらも、その想いを叶えたい意思があるのであれば、それを軸に会場や進行をアドバイスさせて頂きます。

 

③プロデュース料というお客様から見えるカタチで対価を頂くからこそ、基本的にはお客様には実費だけお支払い頂き結婚式を創り上げる事ができる

売上ノルマが何かあるわけではないので、おふたりにとってこれは価値があるものだと思うものだけをご提案していきます。又、お見積もりをお伺いしながら、初回の段階で理想の本当の予算感をご説明させて頂きます。

更に直接フリープランナーはクリエイターとの契約を結んでいる為、上乗せされた中間マージン(多額の紹介手数料)が発生しているのではなく、クリエイターの価値に対してお客様が対価をお支払い頂くような価格設定でご提案をさせて頂いています。

安い結婚式を売るのではなく、賢いご予算管理の一つの選択として、しがらみなく販売しなくてはいけないノルマを抱えていないフリープランナーをお選び頂くのもオススメですよ。

 

④チームが絶対に決まっているわけではないので、ご紹介させて頂く中でもお客様の理想やフィット感・価格帯に合わせて毎回チーム編成を柔軟に組ませて頂く

フリープランナーは私たち含め、それぞれが推奨しているクリエイターさんが周りにいて結婚式を創り上げています。

ただ、絶対に1チームでと決まっているケースは少なく、お客様の理想やご要望にフィットするようなクリエイターをその都度ご紹介させて頂く事ができるのが、フリーランスだからこそ叶う事なのです。

なので、「スキル」と「価格」でお客様が本当に納得のいく選び方ができて、金銭面に対しての不安をクリアにしながら手配を決定させていく事ができるのが魅力なのです。

 

⑤あるもので絶対に完結させるとう概念ではなく、必要であれば会場の外へと探して持ち込んで対応するフレキシブルさを大切にしている

例えば、ペーパーアイテムなどは式場に揃っているものはもらった事があるからと、webサイトやインスタの検索を通してお持込をご希望される方がとても増えてきました。

又、他にも特殊な例を一つあげるとしたら、ライティング。照明はおふたりの姿を素敵に魅せるのと、空間にメリハリを生み出す為の影の重要アイテムです。一つのライティングを増やす事で、花嫁の美しさが格段と上がるのであれば、顔が暗く写ってしまう会場の中で過ごすのではなく思いきって取り入れたりするのも手なのです。

 

 

最後に余談ですが、LAPPLEでは個で対応させて頂くフリープランナーだからこそ式場やプロデュース会社よりもより細やかさや柔軟さがあり、フリープランナーとしては一人のワンマンではなく小規模チームだからこそ、万が一のリスクヘッジもチーム内で対応できるような環境を整えています。

フリープランナーについて詳しく更に知りたい方は、是非お気軽にお問い合わせくださいませ!